スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    道具

    2011.08.31 コンピューターの無い生活 Comment:0
    今日はマニアックなお話(笑)
    この写真の道具はスイスのメーカーSIGG社のストーブ(コンロ)なのだ。
    ファイアージェットっていうんだよ。
    今は生産されてなくって、その当時はスイス陸軍正式採用の由緒正しきストーブ。
    かれこれ15年以上前に買ってからキャンプの時にはずっと使っている。
    だからボロボロなのだ。
    ホワイトガソリン、レギュラーガソリン、灯油を使う事が出来るらしい。
    灯油は使った事がない。
    ホワイトガソリンは一回だけ使った事がある。
    ほとんどレギュラーガソリン。どこでも買えるしね。
    しかしレギュラーガソリンは煤がいっぱい出るからストーブ真っ黒ケッケ。ホントは銀色のピカピカしたストーブなんだけど。
    年季を感じるのか、それとも掃除をしていないだけなのか(笑)
    そういえば、ボクが買った時は販売しはじめてすぐの頃だったので燃料ボトルとストーブをつなぐ燃料ホースは細~~いただのゴムチューブだった。
    プレヒートをしている時にそのゴムチューブが熱だか火だかで焼けて燃料が漏れてそこから火が出た事があった。
    その時はさすがにビビった。
    輸入代理店にクレームの電話をするとすぐにステンレスのホースを送ってくれた。いつの間にか、マイナーチェンジされてたんだ。
    そりゃそうだろうね、ただのゴムだったんだから燃えるわな。
    ホントにこんなんスイス陸軍は使っていたんだろうか(笑)
    でもこのスタイル、かっこいい。
    アウトドアショップなんかに行ったときには、ピカピカMSRのドラゴンフライが欲しくなったりもするんだけど。
    うそ、稼働部なんか遊びが出来ちゃってずいぶんヨレヨレくたびれているけれど、ずっと使うのだ。

    P8319897.jpg

    今回キャンプに行った所はお家のすぐ近く。
    管理人さんが知り合いだった、びっくり。
    キャンプ場代は、ふふふ、いいよいいよ~~~、だった(笑)
    と、喜んで夜焚火をしながらワインを飲んで図書館から借りていた本を読んでいたら、ワインこぼした・・・。
    本は買い替えてお返ししなければならないな。
    図書館さん、ごめんなさい。

    スポンサーサイト

    奈良井宿

    2010.09.21 コンピューターの無い生活 Comment:0
    秋はやっぱりキャンプだね。
    今回はかぁちゃんのお友達家族のキャンプに合流させていただいて、ワイワイ子供達いっぱいの楽しいキャンプ。
    でも、ボクはいつも通りのちょっとマイペースな時間を過ごしとりましたけど・・・。
    そんな夜のワインは(ゴメンナサイ、夕方からの、でした・・・(笑))”castillo de liria”
    カベルネ・ソーヴィニョンとテンプラニーリョをブレンドしたスペインのワイン。
    メッチャ、飲みやすかった。
    そしておつまみは相変わらずの酢の物だったんですけど、そこはキャンプという事でちょっと豪華に。
    スモークサーモンとモッツァレラチーズとレタスとトマトで。おぉ、美味しい。
    え、写真?
    そ、それは・・・、速攻で食べたから今日もやっぱりありません(笑)
    で、メイン料理はねぇ、お友達の作ってくれたピッツァとダッチオーブンで作った鳥料理。
    うまい!!
    あぁ、幸せキャンプ。
    残念なのは、ワインが一本じゃ足りなかった事なのだ。

    P9216113.jpg

    帰り道、奈良井宿へ寄ってみました。
    連休後という事でとっても静か。
    気持ちよかった。
    そこで出会った”斉藤漆器店”のおかみさん。
    人柄にひかれてか、かぁちゃんはなんやかんやいろいろ買っとりました。
    のんびり静かな時間が流れていたよ。
    実にいい休日でした、と言いつつ今週はず~~~っとお休みだったりして(嬉)
    鬼のような草刈り期間だったからねぇ。
    シバちゃん、キタザワさん、じつに楽しい草刈りだったよね、ハハハ。

    時は静かに流れ・・・

    2010.08.19 コンピューターの無い生活 Comment:2
    自然の中でのんびり。
    場所は戸隠。
    戸隠はホントいい所だねぇ。バードラインを車で走っていると、両側の広葉樹の葉っぱがとってもとってもキラキラしていてなんともいえず気持ちいい。
    でも、戸隠といっても鳥見じゃないよ。
    キャンプだホイ、キャンプだホイ、キャンプだホイホイ、ホ~イ(笑)。ここのキャンプ場は全面芝生で、どこにテントを張ってもいいので最高に素敵。
    そして、どこに行くわけでもなく、本読んで、近くの川で遊んで、温泉入って、飲んで食って、焚火して、あとはひたすらのんびりと・・・。
    焚火メインのキャンプなのです。
    焚火しながら本読んで、ワインをちびちび(いや、ゴクゴクか(笑))。
    あぁ、至福のひととき。まさに、至福。
    今回、焚火のお伴のこの小説、後ろの解説にも書いてあったけど、なるほどとても流麗な文章で綴られていて活字を読み進んでいるだけで心地いい気分に。もっとも、程よい酔いも手伝っていたのだろうけど(笑)
    それにしても難解なストーリーで、酔っぱらいにはとてもじゃないけど歯が立ちませんでした。もう一回読みたいけど、多分読まないだろうな、でもあそこがどうだったか気になるんだよなぁ・・・。
    ともあれ、ボクの人生に必要な時間は、家族とワンコと共に焚火をしながら本を読みお酒を飲むこんなひと時なのでした。

    A8185158.jpg

    朝は小鳥の鳴き声で目が覚めます。
    決してテントの中が暑くて暑くて目が覚めるのではありませんよ(笑)
    続きを読む

    秋になると

    2009.09.21 コンピューターの無い生活 Trackback:0Comment:2

    キャンプに行きたくなり、近場のキャンプ場へ行ってきました。いい天気でのんびりして、ずいぶんリフレッシュ。
    その帰り道、戸隠のお蕎麦でも食べて帰ろうと戸隠バードラインを通っていたところちょっとビックリ!なんと中社までの道は車が列を作り渋滞しておりました。こんな田舎道が・・・。
    戸隠のお蕎麦屋さんと言えば、超有名店ではあるけれどやはり”うずら家”が一番好きで、そこへと向かっていたのですが当然お店は長蛇の列であろうと思ったので断念して白馬のお蕎麦屋さんへ。でも、白馬もそういえば観光地でした。
    以前よりずっと行きたいと思っていた”膳”へと向かいましたが駐車場は車でいっぱい、そこで他に気になっていた”利根川蕎麦店”へ。ありゃ、本日は終了しましたの看板が。
    そこで”そば処 山人”。いや~~、いつもながら、とっても美味しかった。このお店、白馬で一二を争うほどお蕎麦が美味しいって事をみんな知らないのか、ちょっと待っただけで食べることができました。
    ごちそうさまでした。カメラ、久しぶり”E-1"にバッテリーを入れ持ち出してみました。ふふふ、楽しかったです。薄暗いキャンプ場の夕暮れ、手ぶれ連発でしたけど。

    焚火と共に夜は更け

    2008.10.19 コンピューターの無い生活 Trackback:0Comment:0

    という事で、またキャンプへ。
    今回はちょこっと南の伊那地方。伊那地方、駒ヶ根市と言えば、そうです、ソースカツ丼です。超人気店”ガロ”で食べてきました、30分待って・・・。ボリューム満点のヒレカツにやられました。
    その夜は、おいしいお酒と焚火に放り込んだジャガイモとサツマイモでじゅうぶんお腹は満たされ気分もホンワカ、のんびりいい時間を過ごさせてもらいました。
    伊那地方、行った事がありますか?
    中央アルプスと南アルプスにはさまれ景色最高、温泉天国(ホント温泉だらけ)、りんご・ラーメン・ソースカツ丼とっても美味しい、いい所ですよ。そうそう、かんてんぱぱガーデンもありますしね。

    テント

    2008.09.24 コンピューターの無い生活 Trackback:0Comment:0

    久しく遠ざかっていたキャンプの為に、ニューテントを手に入れました。
    今回からキャンプのカテゴリーはいわゆる”ファミリーキャンプ”なのですが、コールマンやスノーピークのテントはちょっと気恥ずかしくて、以前に使ってとても調子の良かったヨーレイカの二人用と同じ形で、サイズの大きい四人用テントにしました。
    テントって買うと、なぜかとても嬉しいのです。
    ダンロップに始まり、ヨーレイカ、石井のスタードーム、ラテラ、シェラデザインといろいろ使いましたがどのテントにも思い出と愛着があります。ICI石井のスタードームはゴアテックス製でバカ高かったのに、中富良野キャンプ場に張りっぱなしで1週間よそへ行ってて帰ってきて中を見ると、水没してカビだらけになっていてびっくりしました。テントにゴアテックスなんていらないですね。ラテラも一時期、冬場でも使えるカッコイイ本格山岳テントを販売していたのでした。
    で、戸隠キャンプ場へ。
    かなり良い所でした。とても広くほぼ全て草地でカイテキ、快適。ワンコもOKで焚き火もとりあえずOK(直火はダメですが)。
    キャンプで一番重要なのは、そうです、焚き火なのです。焚き火のないキャンプなんて、ワインのないイタリア料理と同じくらい味気なく無味乾燥としておるのですよ。焚き火には人類の黎明期からの根源的な記憶を思い起こさせる何かが・・・・。
    ながらく忘れていたこの感じ、ふふふふ。
    そんでもってコンピューターの無い二日間、かなり久しぶり。
    焚き火に必要な三つのものとは?ナタとうちわと火ばさみです。持って行くのを忘れてはいけません。
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。