スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ドクゼリ

    2009.06.30 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    今日は朝から雨が降っていたのですが10時くらいに雨が上がり、それからちょこっと晴れてきました。ですのでお昼休みに、水滴がついてキラキラしたドクゼリの花が撮れるのではと期待して湿原に行ってみましたが、そよそよ吹く風がすでに水を蒸発させていました。ざんねん・・・、でもかわいい花です。とても毒性の強い植物には見えません。
    スポンサーサイト

    ノジコ

    2009.06.29 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    今この辺りにある湿原はどこもノジコであふれています。
    居谷里湿原、親海湿原、奥裾花湿原、宮の森自然園などで、”チョッキチョチピーッピリ”もしくは”ジッジッ”風の鳴き声がそこかしこから聞こえてきます。
    この写真のノジコはたぶん子育て中だったのでしょう、この場所から離れずにこちらをずいぶんと警戒しているような感じでした。ので足早に退散・・・・。

    味と紫陽花が有名なお蕎麦屋さん

    2009.06.28 お蕎麦のこと Trackback:0Comment:0

    紫陽花が見頃ということと、お蕎麦の勉強のためという事もあり穂高のお蕎麦屋さんへ行ってきました。一時間待ちの混みよう・・・。
    でも一時間が全然苦ではなかったのです。そう、裏のお庭の紫陽花、見事でした。紫陽花には、どこか切なさや寂しさという感情を呼び起こさせるシットリとした佇まいがあります。それが蕎麦の持つ雰囲気とどことなく連携し、その2つの相乗効果にやられてとてもいい時間を過ごさせてもらいました。
    いろいろと教えられる事があります(それも山のように)。
    奥深く、とてもオクブカク・・・・。

    ベッコウアメバチモドキ? コンボウアメバチ? それとも・・??

    2009.06.27 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    同定はボクには難しすぎる・・・。
    これを撮った後、写真中央下に写っている何かの幼虫に向け、お尻の針を繰り出してブスッと突き刺していました。
    ベッコウアメバチモドキやコンボウアメバチは寄生バチと呼ばれていて、ヤママユガ科の幼虫に卵を産みます。たしかに、さのさかの山ではヤママユガの繭はよく見ますが、ヤママユガ科の幼虫って大きいですよねぇ。補食する為の行動だったのか?謎は深まるばかり・・・。
    明日、大町図書館でハチ、アブの原色図鑑を借りてこよ~~っと。
    それはそうと、ちょっとかっこいい昆虫ですね。

    コチドリ只今抱卵中

    2009.06.26 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    毎年、さのさかのこの地にやってきて子育てをしています。今日でもう20日前後抱卵しているので、そろそろ雛が見れると思います。雛は生まれてから飛べるようになるのに1ヶ月弱かかるらしく、その間は親鳥にピッタリついてゲレンデ中を”テケテケ”と歩き回っているのを見る事が出来ます。それがなんともいえずホノボノしていて心の和む光景なのです。テケテケ、テケテケ、テケケケケ・・・・・、楽しみです。

    いた、いた。

    2009.06.25 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    ♂のアサマシジミがいたので、この写真の♀もアサマシジミだと思うのですがどうなのでしょう。アサマシジミと比べてちょっと小さめのヒメシジミの♂が言い寄って来ても”ふふん、ワタシはアサマよ、あなたの相手は出来ないの”的雰囲気であしらっていたので間違いないと思うのです。(もっともこの判定方法にはかなりの欠陥がありまったくアテになりませんけれど・・・、ハハハ。)
    ここのところ、飛んでいるシジミチョウたちを見つけてはその中にアサマシジミはいないのかなぁとひたすら探していて、やっとこさ見つけましたが敢えてほぼ間違いのない♂の写真を載せるのではなく微妙な感じの♀の写真を載せてみます。間違っていたら教えて下さい、ぜひ。
    このアサマシジミ、更にややこしくするのが産地による変異がたくさんあるらしく、トガクシシジミ、ミョウコウシジミ、シロウマシジミ、ハクサンシジミなどという亜種に分れているのですって・・・・、ふうぅぅぅ~~~~。

    キバナノヤマオダマキ

    2009.06.24 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    さのさか周辺の山では、ガクの色が紫褐色のヤマオダマキよりもこのキバナノヤマオダマキの方がはるかに多いです。
    キバナノヤマオダマキは林縁部で、ヤマオダマキの方は日の良くあたる草原でよく見るような気がします。ヤマオダマキの花はもう終わっていますが、キバナは今が見頃でとってもキレイ。広葉樹の葉っぱを通してくる柔らかい光が、この花の淡い色合いをより引き立ててくれています。

    里山という自然環境の中で

    2009.06.23 環境 Trackback:0Comment:2

    この里山の中で、本を読みながら鳥の声に耳を傾けていると心がとても落ち着くのです。活字を追うのに疲れてそばに立っている樹々に眼をやるとヒヨドリが木の実を啄んでいたり、リスが樹を駆け下りていたり、空高くタカが風に乗りながらゆったりと移動していたりして、ホノボノと心の和む風景が目に映ります。
    森の中にいて不思議に思うのは、生き物たちが協調し調和しているように感じる時がある事です。鳥達は打ち合わせをしているかのように一斉にさえずり始めたりしますし、静かになれば虫の鳴き声一つしないほどの静寂に包まれたりもします。

    そんな中、今年は絶対に見ることは出来ないだろうと思っていた鳥に出会うことができました。姿を見た時はムッチャ”どきどき”して手がふるえて写真はブレブレになってしましましたが、まぁ姿を見る事が出来ただけで最高のひと時。なんともカッコイイ鳥でした。(名前を書くと検索に引っかかるかもしれないので書きませんが・・・。)

    レンゲツツジとニホンカモシカ

    2009.06.22 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    とても”メルヘン”な感じ。
    なんかこのカモシカ、異様に鼻がテカテカしていて、やたらと健康そう。
    そして、眼の下にある眼下腺が緑色になっているので、葉っぱに眼下腺をスリスリこすりつけて、ナワバリの主張をしてきた直後といった様子。
    やはり、バッタリと出会ったほぼすべてのカモシカがそうであったように、このカモシカも興味ありげにそして微動だにせず、しばらくジ~~~ッとこちらを見つめていました。で、いつも通り突如後ろを向き、足早に森の奥へと去ってゆきました。

    クロツグミ

    2009.06.21 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    森の中に響き渡るとても大きないい声で鳴くので、ぜひ姿を見たいと常々思っていた鳥です。
    じつは、かなり嬉しかったりします。
    今日は朝から雨で、”あぁ一日雨かなぁ~~”と思っていたところ、昼からにわかに晴れてきたので家からそう遠くない居谷里湿原へ行きました。花は、目立つものはカキツバタだけでしたが、鳥の声はいっぱいしていて、ひときわクロツグミの声が響いておりました。
    いやはや、行って良かった~~~~。
    南から来る渡り鳥だからなのでしょうか、体は白黒で地味目なのですがくちばしと足がオレンジ色でなんともキレイな南国風の容姿。

    クリンソウ

    2009.06.20 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    奥裾花自然園へ行ってみました。ここはミズバショウが有名ですが、この季節はどんな感じ?
    とても気持ちのいい場所でした。訪れる人は少なく、ブナの緑が鮮やか。
    花はあまり無かったですが、それでもタニウツギ、ツルアジサイ、ヤブデマリ、ガマズミ、コマユミ、たぶんオオツリバナ、エゾユズリハ、ギンリョウソウ、ツクバネソウ、写真のクリンソウなどが咲いていて楽しかったですよ。(ふふ、ほとんどさのさかの山にありますけれど・・・)
    そうそう今回”ナラ太郎”という名前のついたミズナラの巨木を発見しました。でかかった~~~。

    ええぇっ~~??

    2009.06.19 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    早朝のコト。
    遊歩道のすぐ脇にあり、時々中から”ジチジジチチチ”と小さな音が聞こえていたキツツキの開けた穴からアオダイショウ(たぶん)が顔を出していました。
    もしかして、もしかして、雛が襲われたのでしょうか?
    このキツツキの穴は使われていなかった感じもするのですが、穴から時々聞こえていた音とたまに少し離れた所でアオゲラが鳴いていたのでひょっとしたら子育てに使われていた可能性も無いとはいえないような。う~~~む、なんとも・・・。
    こんな所からヘビが顔を出しているなんて、あきらか不自然ですよね。
    これも自然の厳しさというものの一つ、ということなのでしょうか・・・・。

    ひさびさ

    2009.06.18 Trackback:0Comment:0

    ひさしぶり、立て続けに本を読んでおります。
    この”著者略歴”、メッチャ面白かったです。最後、なんとなくハッピーエンドですしね。
    そして”植物という不思議な生き方”、ふ~~ん、そぉかぁ、なるほどねぇ、って感じ。
    実はあるものの声を聞きたくて(あわよくば姿も)、その間の暇つぶしに最適なのがこの読書。森の中で、このような実におもしろい本を読んで、あるものの声が聞けてさらに姿が見れれば最高なのですが、全くもって聞けたり見れたりする可能性を感じることがありません。たまに、声はちょこっとだけ聞くのですが。いったい何処にいるのかなぁ?

    朝露に濡れながら・・・

    2009.06.17 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    数日前の親海湿原にて。
    オゼイトトンボ(メス)だと思うのですが、どうなんでしょう・・・?
    夜の間は葉っぱに止まって過ごしている(寝ている?)のか、露をいっぱい付けてています。生きているのか気になってジッと見ていると、時々モゾモゾと体を動かしていましたよ。
    露が乾くまでは飛べなさそう。でも意外と体をブルブル震わせて水を落とすことができたりして・・・。
    ミツガシワとかの大きな葉っぱの下にいれば濡れなくていいと思うのです、けど、トンボにはトンボの事情がきっとあるのでしょう。

    翼果

    2009.06.15 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    花の終わったカラコギカエデが、実を付け始めていました。
    いい時に訪れたようで、何とも言えずいいデザインといいぼかし具合の鮮やかな色彩をまとってました。
    自然が作る造形は、当たり前のことなのですが、ボクの想像をはるかに超えているモノばかり。そこで、それを見て僕の感性が激しく刺激を受け、創造力などが指数関数的に上昇してくれればいいのですが、残念ながらそのようなモノが湧き出してくるような場所が脳の中には存在していなく、感性に関わる部分の才能が皆無であるので、ただただ見とれて感嘆し”はぁぁ~~”っと溜息がでるばかりで終わってしまうのです・・・・。

    コガラ

    2009.06.14 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    水浴びをしてきたのか、一所懸命に毛繕いをしていました。なのでちょっとボサボサした感じですねぇ。
    早朝だったので朝風呂かぁ・・・・。
    丸っこくて、そしてとても”ちっちゃい”かわいい鳥。

    再び、ニホンリスに遭遇

    2009.06.13 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    仕事の帰り道、上の方から”ギュ、グ、ギュギュググギュグルグ”なんて感じの音が聞こえてきて、その方向を見るとリスが2匹暴れまくっていました。
    このキハダの樹の横に大きなスギの樹がありそこで上へ下への大騒ぎを繰り広げていて、一旦このキハダに移ってきた(逃げてきた?)所を写真に。
    想像するにこの写真の個体はオスで、スギの樹にいたメスに対して果敢にアタックしていたのではないかと・・・。う~~~む、無粋な想像ですかねぇ。

    2009.06.12 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    朝露の中、トキソウが咲き始めていました。
    早朝の親海湿原、気持ちのいい時間。
    何人かのカメラマンとすれ違いました。朝早くから訪れる方が結構いるのですねぇ。
    ちょっと前から早朝、この湿原と源流に通っています。
    あるもの見たさに・・・・。
    声は聞こえど姿は見えず。今日もちょっと遠くの、へんな所で声がしていました。
    姿見えなくとも、早朝のこの場所はひたすらに気持ちよく、植物の匂いに満ちあふれ一日の始まりとしては最高に素敵な”ひととき”となっております。

    ヤブサメ

    2009.06.11 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    以前からかなり気になっていた鳥、ヤブサメ。
    低い草むらの中で”シ、シ、シ、シ、シシシシシ~~”と虫のように鳴いていて、ぜひ姿を見たいと思っていたのです。
    とっても小ちゃくて、そしてすばしっこかった。
    さのさかの山は野鳥の宝庫。まだまだ、いろいろな鳥がこの山で生活しています。

    ベニバナイチヤクソウ

    2009.06.10 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    さのさかに咲いていました。ビックリ、今まで知らなかった~~。
    この植物は周りの環境にある植物と非常に複雑な形で共生関係を結んでいて、地面から掘り出して鉢などで育てても枯れてしまうそうです。

    樹木などの根に侵入して菌根を作る菌根菌と呼ばれる菌があり、この菌根菌と樹はお互いに助け合っていて、樹からは光合成で得たエネルギーを菌類に提供し、菌類からは土中の肥料成分や水分を樹に提供して共生しています。樹と菌の基本的な共生関係はこんな感じですが、樹とキノコ類の間で菌根菌が外菌根を作って共生している事があり、その菌根菌の菌糸がベニバナイチヤクソウの根に入り込んでこれまた共生関係を作っていて、樹が光合成で得たエネルギーを菌根菌の仲介のもとベニバナイチヤクソウが手に入れているのですって。なのでこの樹からのエネルギーの助けが無いと生きていけないらしい・・・。
    山でベニバナイチヤクソウを見つけて持って帰っても育てられないからね。

    シジミチョウ

    2009.06.09 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    さんざん調べた結果、きっと”ヒメシジミ”。
    でもね・・・・・、後翅の裏のオレンジ色の外側にある三角形の黒い模様の中にほんのちょっとだけ青色鱗が確認できるので、ひょっとしてミヤマシジミやアサマシジミの可能性も・・・。ご存知の方がいれば教えて頂きたい、ぜひとも・・・・。
    まぁ、種の同定に頭を悩ますのがバカらしいほどきれいな蝶です。羽の裏も表もどちらもキレイ。
    天気のいい日はプラプラ散歩なぞをしてみて、途中草むらを覗いてみると驚きの新発見があるかも。ヘビには注意しないといけませんが。

    ヒメハギ

    2009.06.08 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    なんとも、可憐。
    パッと見て目立つ白い房状のものは、雄しべではなくって付属体と呼ばれるもので、昆虫などを集める為に存在していると思われます。違うかも?
    昆虫がその白髭に止まると、奥深くに潜んでいる蜜をためている部分が出てきて、この蜜を吸おうと昆虫がグッと頭を入れた際、手前にある雄しべに付いている花粉を体にたっぷりくっ付けさせる仕組みになっているみたい。この時、このヒメハギは自家受粉を防ぐべく雌しべの構造をも、巧みに進化させているらしい・・・。
    トッテモ小さな植物ですが、今まで生き抜いてきただけの仕組みをちゃんと持っていますね。

    子育て中

    2009.06.07 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    サクラの樹にできた”うろ”で子育て中のご様子。
    ”うろ”に入る前には必ずこの枝に止まって周りを見てから、一気に突入していきます。
    一体何羽くらいの雛がいるのでしょうね? 雄と雌がひっきりなしに緑色をした幼虫を運んでいました。この写真のヒガラはまだ毛並みがそんなにヨレヨレしていないですが、もう一羽の方は徹夜続きの受験生のような容姿をしています。体中の羽がボサボサ、ヨレヨレ。水浴びをする暇がない程忙しいということなのでしょうか。
    子育てって大変。

    アカモノ

    2009.06.06 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    昨日初めて、さのさかの山に咲いているのを見つけました。
    アカモノといえば、ボクは漠然と亜高山帯に生える植物と思っていましたけれど、そうではなかったみたい・・・。
    ポツンとこの場所だけに生えていたので、きっと鳥のウンチに混じって遠くから運ばれてきたのでしょう。そうなら動物による種子散布の一例という事になりますね.
    アカモノのように甘い実があるかと思えば、ヒョウタンボクのように毒のある実もあったりして、植物の子孫を残す戦略にも色々ありそうです。
    でも毒のある果実の利点って何でしょう?鳥はヒョウタンボクの実を食べる事は出来るのでしょうか?少量のアルカノイドを含む果実は鳥などによる種子散布においては意味があるらしいのですが、ヒョウタンボクはたしか猛毒ですよね。
    そういえば親海湿原横の林にヒョウタンボクが咲いていたような気がするので(一度しか見かけていないので本当に咲いていたのかなぁ?)、鳥が食べるのかどうか見る事が出来るかも・・・。

    なんの花・・

    2009.06.05 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    何とも南国風な感じですねぇ。
    何の花か分かりますか?
    まさに大輪の花を、大きな樹にいっぱい付けています。ですので今、さのさかの山ではかなり目立つ存在なのです。

    ヤブデマリ、藪手鞠

    2009.06.04 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    少し前から、さのさかの山で咲いています。外側の装飾花はハッとするほど白く、緑の茂った森の中にあってとっても目立つキレイな花ですよ。
    ガクアジサイとよく似た感じですが、外側の装飾花の仕様が違っていて、ガクアジサイではそれは萼でありヤブデマリでは花冠なのであります。うーむ、そっくりなのに・・・。装飾花は無性花で昆虫などを誘う為に存在していると考えられていますが、ひょっとしたら他の役割も兼ねているかもしれません。植物ってとても過酷な淘汰圧にさらされて進化してきているので、人間の浅知恵では計り知れない事があるやも知れないですしね。

    生物多様性の中で

    2009.06.02 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    スキー場という環境で仕事をしてきて、今年ほど自然についていろいろと考えたり驚きのあった年はありません。というか、今までスキー場はただ単に仕事をする場所であり、日々淡々キッチリと仕事をこなしていただけで、周りで本質的に広がっている世界には全く目が向いていなかっただけの事なのです。十年以上この素敵な環境で仕事をしてきて、あぁ今頃・・・、かなり損した気分。
    すべての生物が何らかの形で繋がっていて(当然我々人間も含めて)、一つの世界を構築している事をヒシヒシと感じ、いかに環境が不安定なものなのかをシミジミ考えてしまいます。
    オオタカが狩りをして、ノスリが空を漂い、アサギマダラが産卵をして、モリアオガエルが生息し、とても大きな幹のミズナラがいっぱいあって、オオアカゲラがいたりする場所って、ふふふ、なんだかいいでしょ。不意に目の前にやってきたゴジュウカラが、朽ちた木の枝をホジホジして昆虫?(幼虫?)を手に入れておりました。

    ニホンリス

    2009.06.01 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    塩の道を横断しているところを何度も目撃していましたが、あまりの素早さになかなか写真に撮れずにいたのですが、ようやく写す事が出来ました。
    つがいだったのかなぁ、2頭がじゃれ合うような感じでスギの樹の上に長い事いました。そういえば近くに大きなアカマツの樹があったので、ひょっとしたらその樹に巣があるのかも・・・。
    冬は耳先に毛がはえ、耳がとんがっているように見えますが、今はもうすっかり夏毛に変わっているようですね。
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。