スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    定点撮影、昨日の青木湖

    2009.10.31 定点撮影 Trackback:0Comment:0

    週初めに雨が降りましたがそれ以外の日は見事な秋晴れで、小春日和のポカポカしたとても気持ちのいい秋のひとときを過ごす事が出来ました。来週は寒気が入って来てずいぶんと寒くなるみたいです・・・、ひょっとして雪が降ったりして。
    後ろに見える長見山の樹々はアッという間に葉っぱを落とし(雨と風のせいだなぁ、きっと)、急に寒々とした姿になってしまいました。
    これから冬までは早いでぇ、気ぃ付いたら2mの雪に埋もれとるがな・・・。はよ冬の準備しとかなあかへんで。(関西弁やろか?関西離れて15年)
    スポンサーサイト

    実り、そして食欲の秋。バンザ~~~イ!!

    2009.10.30 Trackback:0Comment:0

    ふふふふふふ、天然のナ・メ・コ・・・・。それは、まさに食べ頃、ウエルカムの状態でその場所にテカテカ光り輝いておりました。
    リフト整備の最後の追い込み、休日の土曜日も出勤して朝も一時間早く出てやっているのですが、一緒に働いている方は、嫌な顔一つせず仕事をこなして下さっており、さらにはぼくのイライラした態度をも優しく流してくれているので、超HI-SPEEDで進んでおります。シバちゃん、キタザワさん、ホント感謝です、心よりありがとうございます。で、今日はちょこっと早く仕事を終える事が出来ましたので、ヒミツのナメコポイントへ。
    ヤッターーーー!! 神様ありがとう!!ありがとーーー!!!。 
    さっそくお家でナメコ汁。ホント食べ頃でした、激ウマ。
    山での仕事です。たまにはこんなHAPPYな事があってもいいですよね。写真は穫り残したナメコを撮ってます、実際は・・・・、ビビりました。

    今日のPM3:00

    2009.10.29 環境 Trackback:0Comment:0

    太陽は雲に隠れて幻想的光彩を放っておりました。
    うつくしいような不安を感じさせるような・・。
    けど、この後約20分ほどでお日様は山に隠れて日暮れてしまいます。おいおい、ちょっと早すぎるんじゃなかいな。
    白馬村は日が陰るのがとっても早い。
    そして急速に大気が冷えてゆくのでありました・・・。おおぉ~、寒ぅぅ。

    昼下がり、姫川上流散歩

    2009.10.28 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    四日ほど前の写真です。この時はいたるところ、川沿いの草むら中にこのカシラダカがおりました。テクテク散歩していると、すぐ横の薮からバタバタバタっと飛出してきて何度もドキッとさせられました。
    今日もいっぱい見れるかなっと昼食後に散歩に出掛けてみましたが、全く見当たらず草むらから飛出してくるのはホオジロばかりでした。いったいどこへ行っちゃったんだろう?
    もう南の方へと行っちゃったかな。ノビタキ、エゾビタキなどもちょっと居ただけでアッという間に南へ行っちゃったしなぁ。
    そうそう、今日は小春日和だったのでカワセミも見れるかなぁ~~、とも思って期待したのですが、残念ながらまったく姿を見れず気配すら感じず、ちょっと寂しい。カワセミも南へ行っちゃったかな?? 続きを読む

    今年の紅葉は、

    2009.10.27 環境 Trackback:0Comment:0

    残念ながらイマイチだったよう・・・。一緒に仕事をしている美麻のじっさまも”今年はだめだぁ~”と申しておりました。鮮やかさに欠け、紅葉が始まってもすぐに枯れていってしまっていたような。2年続きで紅葉がきれいだったので、ちょっと物足りません・・・。なんて、ボクはそんなエラそうな事を言える分際ではありませんでした。
    しかし、赤や黄色に紅葉するカエデ属の樹々達は今年もとってもきれいに色付いていて、彩りの秋を堪能させてもらいました。
    もう広葉樹の葉っぱは、昨日今日の強風で散りまくっていますけれど、これからしばらくはカラマツの紅葉で楽しませてもらえます。

    やっぱり、マキャモン

    2009.10.26 Trackback:0Comment:0

    とっても好きな作家。この”魔女は夜ささやく”は2003年に日本で発刊されていたのですが、本に対する情報収集能力が全く失われてしまっているボクは、いまごろ読みました。
    いい作家です、ロバート・R・マキャモン。
    ボクにとっては、なんといっても”スワン・ソング”。こんなオモロイ本が現在、日本では絶版だそうです。なんでやろ。マキャモンワールド。
    モダン・ホラー界の巨匠と言えばスティーヴン・キングとディーン・R・クーンツとこのマキャモンの3人と言うことになっています。クーンツも大好きな作家なのですが(ストレンジャーズ、ウォッチャーズ、心の昏き川、ウィンター・ムーンなどなどどれも最高にいい感じ)、アカデミー出版の超訳シリーズになってからは全く読まなくなってしまいました。クーンツの文章ってとっても暖かみがあって、ストレートな訳で読みたいんだよなぁ。白石朗さん、お願いします。
    ボクはひそかに、クーンツのあの暖かい文章はA・J・クィネルの文章に通じるものがあると思っとるのです。どうでしょう?

    この巻貝は・・・?

    2009.10.25 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    ホタル幼虫の食べる生物として有名なカワニナです。といっても幼虫はこんな固そうな貝殻をバリバリ割って食べるわけではなくって、生まれてから2mm位になった稚貝を好物として食べます。そして、ひとえにカワニナと言っても50種くらいいて、写真のカワニナの正式名称は全く分かりません。
    この”カワニナ”、ホタル幼虫の食べ物という以外の事をご存知ですか?
    動物や植物の中には同じ遺伝子を持つ種と言う分類の中でありながら、環境の違いによって形や表面の色や性質の違う表現型を持つ生物が存在します。これを、”表現型の可塑性”というのですが、カワニナもこれにあたります。流れの速い川などにいるカワニナノの個体は、大きくずんぐりしていますが、流れの緩やかなところにいる個体は細っそりしています。そして、色についても餌となる藻類のもっている色素が影響していて色々な色の貝殻を持っているそうです。
    同じ遺伝子をもつ種の中にあって、こんなにも個体差があるのに、50種を分類できる方がいるというのはすごい事ですねぇ。
    あと、体長わずか2,3cmなのに6~10年ほど生きる個体がいるのですって・・・・、びっくりしますねぇ。ホタルの餌としての位置付けしかない今のカワニナノの現状は、実は色々な問題をはらんでおり、自然生態系の攪乱などが懸念されたりしています。まぁ、今まで散々繰り返されて来た事の一つですけど。ある個体を駆除する為に導入した生物がそこの環境をがらっと変えてしまい、以前の環境が二度と元に戻らなくなってしまったり・・・。人間がよかれと思って行っている事でも、よくよく調べたり経験により理解を深めてみると・・・・。

    にぎやか

    2009.10.24 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    小鳥のさえずりが戻って来て、山や姫川源流はとっても賑やか。
    山は、エナガの集団が、姫川源流付近にはカシラダカの集団がいっぱいます。
    カラ類の集団に出会うと、ついついゴジュウカラばかり撮ってしまうのはボクだけでしょうか・・・。でもまぁみんな、せわしない。生きるのってたいへんだねぇ。
    樹から樹へと忙しく渡っては、なにかを食べ続けています。

    ごめんなさい・・・、

    2009.10.23 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    子育て中だったのですね、たぶん。
    ヤマドリの繁殖期って今頃?? この辺りはきっと今頃ですよね。晩秋に親子連れでテケテケ歩いているのをよく目撃しますから。
    このオスはボクの横を、付かず離れずずっと付いて来ておりました。調子に乗ってすぐ近くまで近寄ってこの写真を撮りましたが、この後、襲われました・・・・。バタバタバタと・・・、こちらへ。
    ごめんなさい、本当にごめんなさい。これからはすぐに離れていきますね。もう絶対邪魔をしたりはいたしません。ついつい、あまりに美しい容姿だったので吸い寄せられるように近づいてしまいました。写真はトリミングしていないから、明らかに調子に乗り過ぎて接近しすぎましたね。
    すぐ近くでしみじみと見ましたけれどホント、ヤマドリってすごくきれいですね。
    感動するほど。 続きを読む

    実のなる季節

    2009.10.22 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    かわいい実。この赤い色に誘われてなのか、鳥さんが食べにきます。カラ類とか、ツグミとか。そうそうそういえば今日、一緒に仕事をしている鳥の先生がジョウビタキの声を聞いたと言ってました。冬の鳥がさのさかにもやってきました。鳥さんの声を聞いて季節を感じられるのって、とってもいいですよね。
    んんん~~、いよいよ冬かぁ。このコマユミの紅葉の時の葉っぱは恐ろしくキレイな色に染まります。
    自然の真っ只中で仕事をするというのは、ぼくにとっては何物にも代え難いコトなのであります。一つの山で十二年。この山の事はみんな解ったつもりでいても、当然ながらまだまだ新しい発見が次から次へとあり、驚きの日々が続いております。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

    蕎麦かぁ~~~、

    2009.10.21 お蕎麦のこと Trackback:0Comment:0

    たまにはお蕎麦の話でも。
    美味しいお蕎麦食べた~~~~い。で、思い浮かぶのは”うずら家”と”山人”。この二軒に行って、お腹がはちきれそうになるまで蕎麦三昧の時間を過ごしたい。で、心からお蕎麦を味わい堪能したいときは”安曇野翁”。
    ボクの打つお蕎麦は全然ダメだね。何が違うのかは全く分からないですけれど、全然違うのだ。イタリアから帰ってきて”あぁお蕎麦食べたい”って、お蕎麦を打って食べてみたけれど、お腹いっぱい食べてみたけれど、うむむむむぅ~、全然違う。
    まぁ何で違うのかは、分からなくもないけれど。お蕎麦って、何から何までとっても繊細なのよねぇ。奥深くいつまでも興味の尽きない存在。大町では蕎麦の収穫が始まりました。新蕎麦メッチャ楽しみ!! 小谷村の”蛍”で新蕎麦食べたくなってきた。

    カイの物語

    2009.10.20 カイの物語 Trackback:0Comment:0

    秋の空を見上げると、カイはいつもちょっとだけ不安で心がふらふら不安定な状態になってしまう。きっと秋の空気があまりに澄んでいて、心の中を見透かされて裸になった様な気がするからだろう。それでいてジーッと見ずにはいられない魅力をも感じている。
    今日カイは、高い樹の梢に引っ掛かって取ろうと思っても取れず気になってしょうがない凧の存在の如く、心の中にずーっと居座っている不安定きわまりない感情が存在している事に気が付いた。というかその気持ちと初めて真正面から対峙する事ができたのである。いままで向かい合うことを避けてきた様々な感情がごちゃごちゃと漂っている心の領域にそれは存在していたのだけれども、その感情と向かい合ってからは、そこに漂っていた他の気の滅入るような感情は、ピースの穴を埋めるように、机の引き出しに文房具を整頓するように次々と秩序をもった安心できる形態へと変化していった。
    カイは気持ちが楽になった事に気が付き、頭の中を不透明にして思考を妨げていたモヤモヤした霞がさぁ~っと晴れたような感覚を憶え、ずいぶんと心が軽くなった。
    「長いこと空を眺めるのは、やっぱりいいものだよなぁ。」そんな時、カイの目の前に太陽の如く存在感をもった一人の女性が現れた・・・。

    エナガ

    2009.10.19 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    久しぶりの鳥さん。カラ類に混じってチーチー鳴いておりました。もっと近くで撮ろうと思って忍び足で近づいたのですが、エナガばかりの6、7羽の集団でスタコラサッサと遠くに飛んで逃げて行ってしまったとさ。
    冬真っ只中になると、さのさかではエナガの姿は見なくなってしまうので、真冬はもうちょっと南にでも移動するのでしょうかねぇ。それにしても”オチョボくちばし”で、なんともかわいい鳥ですね。(えっ、小ちゃくってよく分からない?まぁまぁ、それは言いっこなしで・・・)
    里のミズナラも紅葉が始まってきていますが、去年一昨年と比べると鮮やかさに欠ける様な気がします。あくまで主観、全くアテにならないボクの感覚・・・。

    低温期型?

    2009.10.18 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    収穫の終わった田んぼの畦の草むらにひっそりと、でも数多くのヤマトシジミが佇むようにして休んでおりました。
    春秋の低温期と夏の高温期で個体色が違います。普通、春型、夏型、秋型と季節ごとの分類名になるのですが、このヤマトシジミ(他にも何種かあるそうですが)は春型と秋型の区別が無いそうなので春と秋の個体をまとめて低温期の個体といっているみたい(ひょっとしたら間違っているかも)。
    チョウに興味のかけらも無い時は、今時期にまだチョウがこんなにいっぱいいるなんて思いもしませんでした。生命の力強さをシミジミ感じてしまいます。

    秋も深まり

    2009.10.17 環境 Trackback:0Comment:0

    ススキの穂も、すっかり実を付けた姿になっておりました。このふわふわした毛の様なものは冠毛といって、風にのせて種を出来るだけ遠くに運ぶという役割を担っているそうです。
    この毛、ススキ原を分け入って歩いていると首などに絡んできてとっても痛痒くなるんだよなぁ。あと、息をした時に鼻の中にフワンと入ってきたりして・・・・。
    そういえばススキの茎の切り口って、なぜか赤くってパッと見、血のように見えるのですが、なんであんな赤い色をしているのでしょう??

    ぼちぼち、

    2009.10.16 環境 Trackback:0Comment:0

    さのさか辺りの山の樹々は赤や黄色に色付いてきました。今年もあの、山が燃える様なきれいな紅葉は見られるのでしょうか?
    この写真を撮ったすぐ横には山ぶどうの蔓があって、そろそろ穫り頃なのではないのかなぁっと目を移してみると・・・!、あぁああ、今年もかぁ~~。あんなにたわわに実っていた濃紫色のつぶつぶ達は、どこを探したって影も形もありゃしません。またしても先人に・・。
    どうやら一昨年あたりから強力なライバルがこのさのさかの山に出現しているらしいのです。一昨年はボクが一歩早かったのですが去年、そしてなんと今年までも先を越されたようです。トホホ、ガックリ・・・。
    先手を打って早く穫ってもすっぱいだけなので、ライバルの気持ちを読みタイミングを計らないといけません。で、明日かあさって頃に穫りに行こうと考えていたのに。でも、さのさかの山は実り多き山なのでジャムにするくらいは穫れると思うのです、思いたい。

    ザザザァ~~~ン、

    2009.10.15 環境 Trackback:0Comment:0

    遠くに佐渡島が見えておるのですが、ボクはまだ一度も行った事がありません。
    佐渡島って、なんだかぜひ訪れてみたい所の一つなのですよねぇ。島固有の動植物が存在し、歴史的には古代からの流刑の地だったり日本最大の金山があったりして、とっても興味深いトコロ。そして、美味しい海の幸がいっぱいありそう!
    ジェットフォイルや高速船なら1時間あまりで行けるけれど”近い様な遠い様な”、なかなか行くことができずにいます。
    新潟の海岸から見れば意外と近くに見えたりして泳いで行けそうな感じ・・・・・・・・・、ウソです。泳げばいったい何時間で着くのか??

    久しぶりの映画館で、

    2009.10.14 映画 Trackback:0Comment:2

    ワイルドスピードMAXを見ましたが、しかし・・・、しかしですよ、438席もある大きな映画館で見ていたのはボク一人だけでした。う~~~~むむむっ、初めての体験。おかげでとてもくつろいで観させていただきました。おまけにレイトショーで安くなっていたし。
    やはり当然の事なのですが、映画館で見る映画はいいですなぁ~。映画に出ていた俳優の”サン・カン”なんか良いよねぇ。

    至福の時間

    2009.10.13 Trackback:0Comment:0

    イタリア話は、まだ続きます。
    滞在中、フルニエールさんのお宿で過ごしたひととき、最高に素敵な時間でした。気持ちの伝わってくるなんともあたたかいお食事をいただき、そして楽しくいろいろなお話を聞くことができ、なんともリラックスした気持ちになりました。
    心から感謝、ありがとうございました。フルニエールさんのところでいただいたこのワイン、ビックリしました。メチャメチャ美味しかった。
    このモスカート・ダスティはマスカットの一種を使って作る甘めのワイン。なんだ甘いのかよといって、あなどってはいけません。単純ではない爽やかな酸味があり、ふくよかな余韻がずっ~~と残っとりました。
    このワインを飲んで美味しくないという人はいないと思います、きっと、たぶん。
    イタリア、とってもいいところだねぇ。でも・・・・、コトバがあまりにチンプンカンプン。
    ブラボーとブラバーそしてブラビーの違い、分かりますか??

    トマトソースの・・・、

    2009.10.12 Trackback:0Comment:0

    フィレンツェのスーパーで買ってきたものでトマトソースのパスタを作ってみました。ニンニクは家で穫れたものを使って。
    トマトソースを煮たあとスリスリスリとパルミジャーノ・レッジャーノ(Parmigiano Reggiano)を粉にしていっぱい入れて、まぜまぜして出来上がり。
    ふふふ、美味しかったです。ちゃ~~んと、イタリアの味がしておりました。イタリアではどこのお店の食事もとっても美味しく、毎回食事の時間が楽しみで待ち遠しかった。たまにビックリするくらい美味しい味のするものに出会って、その時は”あぁ~~っっっっ”イタリアに来てホント良かったぁ~と思うのでした。

    Punta Helbronner、エルブロンネ

    2009.10.11 環境 Trackback:0Comment:0

    イタリアとフランスの国境のイタリア側にある展望台。3462mの標高があり、こんな高い所までゴンドラを乗り継いで一気に登ってきたので、少しクラクラ~~~。
    奥に見える山は”モンブラン”。おぉぉ、モンブランだよ!!
    晴れわたり、空気も涼しく澄んでとっても気持ちよい。なぜこんな素敵なところへ行けたのでしょう?
    実は、さのさかスキー場はイタリアのヴァッレ・ダオスタ州にある”モンテローザスキー場”と姉妹提携していて一年毎にお互い行き来して交流をしているのです。姉妹提携だなんて、知る人ぞ知るだよなぁ~~。
    ビックリするくらい歓迎していただき、今は心からの感謝の念でいっぱいです。
    Grazie! 続きを読む

    ナラハヒラタマルタマフシ

    2009.10.01 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    もしくは、ナラハウラマルタマフシ。
    どっちでもいい様な気がするのですが、どっちでもよくはないらしい・・・。
    ナラハヒラタマルタマフシからはナラハヒラタマルタマバチが、ナラハウラマルタマフシからはナラハウラマルタマバチがでてくるそうです。ややこし~~~~。でもきっと、出てくハチはそっくりでないの?
    出来る季節が若干違って、今頃出来るのはナラハヒラタマルタマフシの方らしい。
    それにしても、イクラみたいに見えますねぇ。生臭くないイクラたべた~~いぃぃ、今日この頃。
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。