スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    やっぱりエルニーニョだねぇ

    2009.12.31 環境 Trackback:0Comment:0

    えらい事です。メチャメチャ降りました。
    あぁっと、過去形じゃなかった。まだガンガン降っています。イッタイ、あとどれくらい降るんでしょう??
    明日はきっとディープなパウダー。
    お正月にお休みできるはずも無く、あぁ残念無念・・・・。どう見てもお猿にしか見えないですが、見ようによっちゃぁ牛さんにも見えなくもないオニグルミの葉痕を今年の締めに。
    スポンサーサイト

    モサモサ、ゆらゆら、

    2009.12.30 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    ハンノキの枯れた葉っぱから白いユラユラが・・・・。
    いったいなんだろう??
    調べたけれど全く分かりません。でも、何かの菌糸のような感じ。ちょっと気持ち悪いけれど、幻想的な雰囲気も漂わせております。
    風が吹くとフワフワ、ユラユラ、フワフワ、ユラユラ、ちぎれて飛んで口の中に入ってきたらどうしよう。・・・・・・、なんて事をついつい考えてしまいました。
    ふふふ、なんだか楽しいね。

    ねぇねぇ

    2009.12.29 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    「今年も冬がやってきたね」
    「うん、やってきたね。ほらボクの左手に雪の結晶がのっているよ。」
    「うわぁ、いいなぁ。雪の結晶ってきれい。ボクの所にも降ってこないかなぁ。」
    「あれ、なに言ってるの。もう君の背中に付いてるじゃん。」
    「え~~、ほんと?やった~~。道理でちょっと冷たいと思った。」
    「それにしても寒いね。はやく暖かい春になってきれいな白い花になりたいよ。こんな地味な姿は、ぼく嫌だ。」
    「なに言ってるんだ、冬のこの姿があるからこそ素敵な花になれるんだよ。」
    「そっかぁ~~~。じゃあしばらくこの姿で冬を楽しもうっと。」
    「そうだよ、冬は冬でなかなか楽しいんだよ。ボクは白い世界大好き。でも、バンザイしてるのちょっと疲れてきたなぁ・・・・・。」

    静か・・・・・。

    2009.12.28 環境 Trackback:0Comment:4

    冬の塩の道さのさか峠、ほとんど通る人無く(というか、ほぼ100%誰も歩いていません)静寂そのもの。
    メッチャいいんだなぁ、これが。
    ただてくてく歩いているだけでなんだかとってもリラックス、とても正しい休日の過ごし方。観音さんもどことなく、やわらかく見えます。
    そんな素敵な場所をひたすらにひとりぼっちで歩いていると、心と自然が融合した気持ちの良い精神世界へとひゅぅぅ~~っと飛んで行ってしまいます。ぜひ、歩いてみて下さい。気持ちいいですよ。 続きを読む

    越冬中

    2009.12.27 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    リフトのイスの隙間で越冬中だったよう。越冬場所ちょっと間違えちゃったねぇ、雪の上に枯れ葉のようにハラハラと舞い落ちてきました。
    蝶の越冬中個体は初めて見たので、ちょっとドキドキしました。
    こんな弱々しい感じであるのに、この雪深い地域の冬をちゃんと生きて過ごし、春には元気にパタパタと飛ぶのです。
    いやぁ~~~~、すごい。
    暖かいリフト小屋の中では、モゾモゾと動き始めておりました。ですので、ネットで調べてみたりして越冬場所を作って、今現在そこで過ごしてもらっています。
    絶対無事で、春暖かくなったら飛び立って行ってもらいたい。
    切なる願い・・・。春までそこでのんびり過ごして死なないでいてね、エルタテハ。エルタテハだよね、きっと・・・。 続きを読む

    やっぱり、かわいい。

    2009.12.25 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    林で、”キョッキョッ、キョッキョ”アカゲラだけがいっぱい。
    愛嬌のある顔と表情、ウ~~~~ムムム、とってもかわいい。大好きな鳥さん。
    アカゲラがいると絶対にカメラを向けます。“あぁ、アカゲラかぁ”と思わなくもないですけれど、好きなんだからどんなに遠くにいても撮ってしまいます。たまにオオアカゲラだったりしてビックリ、という事も。
    でもまぁ、アカゲラに限らずキツツキ類は見かければ必ず撮ってしまうんですけど・・・。

    この足跡は・・・・、

    2009.12.24 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    なんと、11月9日以来見ていない、あの惚れ惚れするほどきれいな羽根を持ったヤマドリの足跡じゃないですか。この山に戻ってきたんだねぇ(知らないだけで、ずっといたかもしれませんけど・・・)。
    実は跡をたどってみようとしましたが、雪が深すぎて断念。どこにいるんだろう、樹の上にでもいるのかなぁ??
    この足跡の隣にはちょっと小さめの足跡がもう一つありました。ひょっとして、今もつがいでいるんでしょうか?”雪中ヤマドリ”ぜひ撮りたい!
    仕事で使う道具の置いてある倉庫のすぐそばにこの足跡があり、幸運にも再々倉庫へは足を運ばないといけないのでその内見ることもあるやもしれません。必要以上に倉庫へ行ってみたりして・・・・。 続きを読む

    赤い実が雪に映え

    2009.12.23 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    まだ付いていたんだ、コマユミの実。鳥さんに食べられるまで付いているのかな?
    雪を背景になんとも鮮やかで、そしてちょっとかわいい風の存在感があります。色彩の少なくなる冬、この暖かい色を見るとホッとしてすこし安らいだ気持ちになります。冬の森を歩くのもとっても楽しい。深い雪をラッセルするのは、最近ちょっと堪えますけれど・・・・。

    冬になると、

    2009.12.22 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    樹々の葉っぱが落ち見通しがすごく良くなり背景も白くって、空き家となった鳥の巣を見つける事が多くなります。夏の草刈り仕事の時には、中に小さな卵のある巣を見つける事もありますが、見つけた時は大概周りの草を刈った後なので親鳥はその巣を放棄してしまう事が多いようです。そんな時はかなり自責の念にかられてションボリとしてしまいます。
    この巣はいったいどんな鳥さんが作ったものだろう?ちょっと調べてみましたが全く分かりませんでした。メジロでしょうかねぇ?? この山にはメジロは確かにいっぱいおります、冬は見ないけれど。
    続きを読む

    晴れた~~

    2009.12.21 環境 Trackback:0Comment:4

    久しぶりのまばゆい太陽の光が雪に反射して、網膜を過激に刺激しておりました。晴れるなんて思っていなかったので、今日はサングラスを持って行くのを忘れてしまいました。
    白内障への道をまた一歩進んでしまったのかなぁ?
    晴れるとやっぱり、とっても気分がいいですねぇ。そしてこの景色。う~~む、午前様の日があろうと楽しくお仕事できるのはこの景色があるからこそ。ここで仕事をしていると、景色を見ている時というのは、その時のその場の空気感も同時に感じているのだということに気付きます。
    なんでそう思うのかというと、この写真を見るとその時の空気の味を思い出す事ができるからです。ホントだよ。ホントかな?
    ぜひ一度、ここに来てみて下さい。なんだかとっても自然豊かですよ。 続きを読む

    戻って来てたね

    2009.12.20 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    やっぱりここにおりました。ジョウビタキっていったいどれほどの寿命があるのでしょう?この先まだまだず~~っと、ここに来てくれるかなぁ。
    鳥ってどうしても食べたいものがあると、すこし遠くから逃げずにず~~っとこちらをうかがっているんですね。ボクのいたすぐ前の地上に、どうやら美味しいものがあったらしい。スキを見てなのか、我慢が出来なくなってなのか時々シュゥゥ~~~と舞い降りてきてました。毎日ここに来るのが楽しみ・・・(あら、仕事中にここに来ていいのかな????) いいとも~~~~!
    そうそう、さのさかの山にはカラ類が戻って来て少しずつ賑やかになってきました。この辺の冬の混群にはコゲラが多いのか、”ギィ~~、ギィィ~~”(あれ、ジィ~~、ジィ~~でしたっけ?)という鳴き声がいっぱい聞こえます。 続きを読む

    雪って・・・・・・・・・・・・、なんだろう

    2009.12.20 環境 Trackback:0Comment:2

    今までお仕事でした。
    たまには仕事で午前様・・・・。”たま”じゃなかった、”まれ”でした。
    明日はいい日でありますように。”明日”じゃなかった、”今日”だった。
    ヨレヨレとお家に帰ると温かいご飯が待っていました。あぁ、ありがとう。
    それではおやすみなさい、zzzzzzzzzzzz。それはそうと、君たちは寒くないのかい。

    アッという間でした。

    2009.12.18 Snow Trackback:0Comment:0

    雪に閉ざされてしまいました。どえらい降ってます。
    一日雪の中での仕事、冷えたからだを癒してくれるのはやっぱり”おフロ~~”、いまは体ポカポカ気持ちいい。いやはやなんとも疲れがとれますなぁ。
    さぁ、明日の朝はいったいどれくらい積もっているのでしょう?ちょっぴり起きるのが怖かったりします。お願いだから、30cmほどの積雪にしておいてください。
    エルニーニョの年って、恐ろしいほどドカドカ積雪する日が、なぜかしらたくさんあるんだよなぁ。
    雪の写真がしばらく続きます。というか、もう辺りには雪しかありません。 続きを読む

    しんしんと

    2009.12.17 環境 Trackback:0Comment:0

    降り積もっているよ、白い雪。朝の森はとっても静か、物音一つ聞こえません。
    雪はシンシン、風はヒュウヒュウ、ホオジロはチチッチチッ、そして心はザワザワ、あぁいつも通りの冬なのでした。まだまだ積もりそう・・・。 続きを読む

    今年も見つけたよ、

    2009.12.16 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    ウスタビガの繭。
    でも・・・、繭は毎年見ても、ウスタビガ成虫はいまだ見た事がありません。大きな蛾でけっこう目立つ色をしているみたいなのに。晩秋に成虫の蛾に羽化して、その後すぐにやって来る冬の訪れと共に死んでしまいます。この短い成虫期間に、♀のフェロモンに誘われた♂がやって来て交尾を行い、この繭などに卵を産んで子孫を残します。どうやら成虫は何も食べず、交尾と産卵をすると死んでしまうそうです。う~~~む、昆虫の進化の神秘性を垣間みたような・・・。
    この写真の繭には卵がくっ付いていないので、♂の繭だったのでしょうかねぇ?
    ボクの中では、一つの冬の風物詩。 続きを読む

    さむ~、寒~

    2009.12.15 環境 Trackback:0Comment:4

    あれ、思ったほど積もっとりません。でも真っ白な雪が目に新鮮で冬の訪れをしみじみ実感させる、そんな朝の情景。
    白い風景を見ると心が過剰に反応し、心情が変化していつもとはすこし違う心理状態になります。これはいつも、毎年のこと・・・。空気も冷たくきれいに澄んで、頭が妙に冴えわたっているような錯覚を覚えてしまいます。
    ふふ、今日の朝もそうでした。でも、仕事をし始めるとすぐ勘違いだったということに気付きます・・・。冷たい空気感が頭の中に入って来て思考回路が調子よく働いてるように感じるんだけどなぁ。 続きを読む

    のんびりと

    2009.12.14 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    お昼休みに源流へと散歩に行った帰り道、いまだきれいな色をしているマユミの実が目に映りました。時折、雪がフワフワと舞う”さむ~~い”所でこんな暖かい色を見つけると、心まですこし暖かくなります。冬の散歩って、こういう出会いがあるから楽しい、なんとも楽しいです。
    源流ではツグミの集団がやって来ていて、いたるところツグミだらけでかなり騒々しい場所となっておりました。賑やかな鳥だね、ツグミって。
    なんてのんびりとお昼は散歩をしていたのですが、二時頃から雪がシンシンと降り始め、明日の朝は2-30cmほど積もっていそうな勢い。
    いきなりの冬景色、の予感。朝の景色がたのしみ・・・のような、かなり不安なような・・・。 続きを読む

    寒くなってきたよ

    2009.12.13 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    鳥さんを見に行っていた朝はそんなに寒くはなかったのですが、昼頃から冷たい風がピュュュ~~と吹き始め体感的にずいぶん寒く感じ、いつも大変お世話になっている中綱にある”民宿志も”へ遊びに行った時は恐ろしく寒かった~~。
    そこでお昼に、おかあちゃんの打ってくれた手打ち蕎麦をご馳走になってしまいました。”いやぁ~~~~、おいしかった~~。”
    おかあちゃん、ありがとうございました!!ふふふ、お蕎麦屋さん、やりましょう。朝、近所の自然園でカラ達と一緒にいるキバシリを発見しました。キバシリってお腹が真っ白で背中の柄も割とはっきりとしているので、とても小さいにもかかわらず遠くから見てもパッチリきれいな鳥さんですねぇ。でも移動が速すぎるって・・・・。
    この混群の中には、キクイタダキが混じっていました。場所が変われば構成する鳥さん達も微妙に変わりますねぇ。ちょっとおもしろい。
    今さっき、NHKでリュウキュウアカショウビンの番組をやっていました。ちょこっと生態を垣間みる事が出来て、なんだか感動。
    来年もこっちへやって来てね、アカショウビン。 続きを読む

    雨の予報でしたが・・・、

    2009.12.12 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    朝、晴れ間が覗いたりしてたので大町ダム近辺へと。冬枯れた樹々の枝に丸い水滴がいっぱい付いていてメッチャきれいに輝いていました。小1時間ほど気持ちのいい散歩。でも、”ぎゃ~~~~、きゃお~~~、きぃぃ~~”といった様なお猿さんの声以外は何も聞こえず鳥さんいないかなぁっと、家のすぐ近所にある自然園へと行ってみることに。
    シジュウカラばかりがやたらといっぱいおりました。ここは、クマの出没が多発している所なので行く時はいつも少し緊張しますけれど、樹々の伐採や薮の整備が少し行われ始めていて見通しがだいぶ良くなっていたので、いつもよりは幾分安心できる雰囲気でした。でも、あまりきれいにしすぎると薮を好む鳥達が激減しそうなので、ほどほどでお願いしたいのですが、まぁ行政のする事なのでそう言う訳にはいかないですよね。 続きを読む

    今日は冷たい雨

    2009.12.11 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    時々ミゾレに変わる中途半端な雨が一日中降っとりました。
    今、山はホント静かです。鳥さん達どこへ行っちゃったんだろ?みんな里へ降りたのかな。毎日ストーカーのように姿を現していたヤマドリも、いつの頃からかすっかり見なくなりました。さみしいなぁ~~~。里に雪が降り積もるとカラ達が戻ってくると思うのですが・・・、でもまだまだ積もりそうな感じしないしなぁ。冷たい雨の降るそんな静かな森をポツポツ歩いていると、まるく膨らんだ枝を付けたヤナギの樹が目に入りました。こりゃ、きっと虫こぶだなぁと写真に撮って家で調べてみたところ、どうやらヤナギマルタマバエが作るヤナギエダマルズイフシのようです。が、ヤナギエダコブフシというのもあるらしく真偽のほどはあまりよく分かりません。
    この”虫こぶ”にも、奥深い世界が広がっています。虫が植物ホルモンを出して、植物がそれに反応し細胞を異常増殖させてあんな形になったりするらしい。でも原因はそればかりじゃなく、解らない事もいっぱいあるみたい。おもしろいね。

    朝は寒いのにねぇ・・・

    2009.12.10 環境 Trackback:0Comment:4

    朝、中綱湖南側に茂っているヨシ原の中に立っている柱の上にちょこんと鳥さんが止まっていたのでなんだろなぁ?と望遠レンズで覗いてみると、いつもの鳥さん”ジョウビタキ”でした。せっかくカメラを出しているのだからと、とりあえずパチリ、一枚撮っておきました。
    家に帰って見てみると、まぁドアンダーなのは分かっていましたけど、フォトショップで加工したみたいな画が。
    こんな写真を載せるのもどうかとも思ってみたりしたけれど、今日は建物の中でのお仕事で、シャッターボタンを押したのはなんとこの時一回だけ・・・。しかも、しげしげ見ているとなかなか味わいも出て来たりして。
    それにしても何でこんなボケ方になったんだろ、フシギ。きっとカメラに詳しい方なら答えはすぐに分かると思うのですが。えっ、ウデがわるいから?
    でも、朝の冷たい空気の感じがよく表れていると思うのです。この時の気温はきっとマイナスだったでしょう・・・。写真はこのボケがよく分かるように、だいぶトリミングしとります。

    定点撮影、今日の青木湖

    2009.12.09 定点撮影 Trackback:0Comment:0

    湖の水が減り始めていますねぇ。あれ、毎年こんな時期からもう取水するんでしたっけ?
    一生に一度くらい、満々と水を湛える”青木湖冬景色”を見てみたい・・・。無理かなぁ、さぞかし素敵な風景だろうに。
    ここ二日ほどは、なんだかとても冷え込んでいて今までのふとんの枚数じゃ、あきらかに寒すぎます。もう一枚毛布を増やさないといけませんが、増やしたら増やしたで朝ふとんから出るのがとってもつらくなってしまうのですケレド。
    寒くはなってきたけど、雪は相変わらず全然降りませんなぁ。北アルプスに積もっている雪は、昨年の10月の終わりの頃と比べても随分と少ないです。
    ちょっと、心配になってきました地球環境。と心配してみても、ボクの生きてきた時間的尺度でしか考える事が出来ないだけで、地球の年齢と言われている45億年という尺度で考えれば、地球環境的にはそんなに心配する事もないのかも・・・。でも今存在している動植物が生きられない環境に変わっていくのはまだまだず~~~っと先のことであってほしい。

    久しぶりの姫川源流、

    2009.12.08 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:3

    お昼休みに足を運んでみると、なんとビックリ。
    一輪だけ咲いとりました。今年はやっぱりホント暖かいという事なのでしょうか。それにしても春から今まで、えらく長いんじゃない、花期。
    ふふふ、見つけたときはちょっとうれしかった。内緒で木道から降り、寝っ転がってカシャカシャ撮ったりして。でもバイカモって、なんて写真の撮りにくい花なのでしょうか。ちゃんと撮れたためしがありません、とほほほ・・・・。すっかり殺風景になってしまっている姫川源流ですが、まだまだ素敵な光景に出会う事がありますねぇ。
    そのあと、湿原の方も気になりトコトコ行ってみました。
    ここではカラ達が大勢で食事をしておりました。スキー場のある山は鳥の声が全然聞こえず、最近かなり寂しいのですがここはとっても賑やかで、なんだかずいぶん嬉しかったなぁ。長居しすぎて、昼の仕事に遅刻しそうになりました。
    カラ達って、なんだか後ろ姿美人ですよね。 続きを読む

    こぼれそう・・・

    2009.12.07 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    いっ~~~~ぱい、詰まってます。なんでしょう?
    ”にんにくチップス”に見えます。何度見ても、にんにくチップス。厚みもちょうどいい感じで、とても美味しそう・・・。オオウバユリの種でした。
    こぼれた種からいったいどれくらいが発芽して、その中からどれくらいちゃんと花を咲かすのでしょうか?
    この株は、もう一生を終えております。無事にいっぱい種を作れて良かったね。

    ノスリだらけっけ、

    2009.12.06 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    白馬にある田んぼや畑のそばの電柱のてっぺんには、今この猛禽がやたらいっぱい止まってます。でも遠くからみて、”どうせまたノスリだろう”と早合点してはいけません。たまにチョウゲンボウも止まっているからです・・・。
    そういえばノスリはカラスとは仲良くやっているのか、なぜだかあまり揉めているところは目撃しませんねぇ。すぐ近くで羽を休めていたりしています。
    以前、チョウゲンボウが止まっていた樹になにかが止まっていたのでゆっくり慎重に近づいてみると、このノスリさんでした。とても人気のある樹です。ちょっと前、小さな猛禽モズも止まっていました。あれ?モズって猛禽でしたっけ?? 続きを読む

    今日は一日雨

    2009.12.05 Trackback:0Comment:0
    休みの日、なぜか雨の日が多い。
    曇りの日も多い。
    北アルプスは雪が降っているのだろうか?そりゃあ降っているでしょう、もう12月ですからねぇ。
    でも、スキー場は雨でしょう・・・。家には”カラビナ”がゴロゴロしていますけれど、使う様なところへはもうほとんど行かなくなりました。いまや、ワンコに付けたリードを手すりなどに止めておくのに使っとります。これ、かなり便利だったりして。あとは、過去何度か車がハマった時にも登場しました。その時はスリングも4-5本ほど・・・。山の道具ってとっても丈夫。ハマった車を車でガンガン引っ張っても全然ヘッチャラ。安心して使える道具でした。
    あぁ、家にいっぱいあってよかった~~~。今年の冬もお世話になるのでしょうか?

    幻想的な朝、7時6分

    2009.12.04 環境 Trackback:0Comment:0

    この1分前、太陽のあるところ、とっても鮮やかな七色を放っていたのです。
    この1分後、いつもの朝の光に戻っておりました。
    刻々と色は変わってゆくのですね。
    今日はちょっと寒かったですけど、今年はずいぶんと暖かく過ごしやすい日々がつづいてます。ちょっと前、順調に雪が降っていると書いたばかりなのに・・・、いつ雪は降るのでしょう??
    そろそろいっぱい降ってもいいよ。スキー場の準備も”なから”終わったで。
    それに、ちょっと滑りたくなってきたし。天気次第の仕事ですので、地球環境のことはとても気になりますけれど、この地球の環境のことなんて誰も分かっていないのだからあれこれ気にしてもしょうがないですね。
    当然、山のように環境に関する本を読んでいますけれど、読めば読むほど、あぁ環境のことは経済のことと同じく解っている人はいないんだということがとてもよく解ります。
    でもまぁ、日本の自然はメッチャ豊かだということは、日々の仕事場でしみじみ実感していますし、日々の生活でも常々感じております。
    やはり安定した降雨があるからでしょうねぇ。こんなに自然豊かなんだから、食料自給率もっと上がらないのかなぁ。
    政治と経済と自然環境かぁ・・・。 続きを読む

    今日もやっぱり、チョウゲンボウ

    2009.12.03 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    早朝、行ってみました。
    行ってビックリ、大騒ぎ。3,4羽のカラスに追われて逃げまくっていました。でもそこはさすがにハヤブサ科の猛禽、カラス達のたむろする畑に果敢に舞い戻っておりました。でも、すぐに追い払われるんですけど・・・。
    そりゃまぁ楽しい朝のひとときでした。
    どうやら逃げ疲れた御様子。
    鳥って、その場所の自然環境を代表するような生き物なので、興味の尽きることはありません。猛禽を見ていると特にそう思います。今時期は猛禽の季節ですねぇ。色々なものの先端にいろいろな猛禽がいっぱい止まっています。 続きを読む

    やっぱり、いたねぇ・・・、

    2009.12.02 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    昨日、仕事の買い物で白馬方面へ向かっていたところチョウゲンボウらしき猛禽を見かけたので、今日の昼休みに急いでその場所へ行ってみると、樹の梢に止まっとりました。
    ”おぉ~~、いたじゃん”とメッチャうれしくなり、少し興奮気味に近づいていくとヒラヒラ~~ッと遠くへ行ってしまいました。あきらめずに静かに近づいていくと、パタパタとホバリングしてネズミかモグラの様なものを捕まえて写真の梢でムシャムシャと。
    猛禽のホバリングなんて初めて見たので、その日一日とっても幸せでした。
    近づくと逃げ、また近づくと逃げ、アッという間に仕事の時間・・・・。
    そういえば、このチョウゲンボウ、青色の足輪を付けとりました。この辺り、ハイイロチュウヒもいるらしい。そのうち見れればいいなぁ。 続きを読む

    明日が満月ですが、

    2009.12.01 環境 Trackback:0Comment:0

    今日のお月さんは、なんだかやたらとキラキラ眩しかった~~。やっぱり、冬は空気が澄んでいるからでしょうかねぇ。
    それにしても日の暮れるのがホント早くなりました。
    仕事を終える時にはもう外は真っ暗けっけ。夏だったら仕事帰りに鳥さんを見に行けたのに・・・。
    早く、昼と夜のターニングポイントである冬至、やって来ないかなぁ。
    冬至っていつだっけ?ゲゲェ~~ッ、22日頃でした。
    これからまだまだ、どんどん早く暗くなっていくんですね。日の暮れるのが早くなると、5時頃とっても寂しい気持ちになってしまうんです。
    ボクだけかな? 続きを読む
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。