スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    エナガ

    2010.03.31 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    コミカルな動きで愛嬌満点。
    あら、かわいい。
    でも意外と眼光は鋭かったりして・・・。この後、雪面に向かって急降下しとりました。その時の姿と動きがまたとてもかわいい。このエナガは冬も夏もいつもいっぱい見ます。今のこの地球環境に適応しある程度成功している種という事なのでしょうかねぇ。
    ”ジュリ~、ジュリッ~~~~”
    スポンサーサイト

    おおっとっと

    2010.03.30 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    突然の再会。冬に見た彼と同じかどうかは分かりませんが、ここはひとつ”再会”としておきましょうか。
    帰ってしまう前にもう一度見ることができて、メッチャうれしい。
    メスのあのおそろしい攻撃にもめげずに、したたかにずっとこの地にいたんだねぇ。なんとまぁ、あんたはエライ(笑)。
    久しぶりに見ましたけれど、やっぱりキレイな鳥さん。これが見納めで、また次の冬が来るまで見れなくなるのかなぁ。すこし、寂しい。
    また元気な姿で、ぜひ戻って来てね。
    いやぁ、それにしても嬉しかったなぁ・・・。ちょっとだけ、なぜかドキドキしました。そういえば今日の朝、駐車場に車を止めて約10秒後、ウグイスと思われる鳥さんがフロントガラスのワイパーの所に止まりました。止まっていた時間約2秒、突然の事でビックリ!
    とっても幸せな2秒間でした。

    寒、あまりにも戻りすぎ・・

    2010.03.29 環境 Trackback:0Comment:2

    春の日に一日中氷点下っていうのは、精神的なものも相まってやたらと体にこたえます。今となっては、あのポカポカした日が懐かしい。もうずいぶんと大昔だったような気がしてなりません(笑)。

    それにしても、吹雪の一日。
    樹々はもう何十回目かの雪化粧、何十回見ても相も変わらずとってもキレイ。明日の朝もきっと真っ白けっけだね。寒いのはちょびっとツラいけど、真っ白雪景色はやっぱり楽しみなのでした。
    ちっちゃい時の冬のある日、寒さに目が覚め寝ぼけ眼でカーテンを開けると非常に多くのキラキラした輝きが目に飛び込んで来て網膜がチカチカし、すこしすると今度は真っ白な雪の色で瞳がクラクラ、そしてあまりの世界の変わりように幼いボクの思考はあっという間に破綻してしまい無思考状態のまま一面に広がる雪景色を見ていた記憶が、この年齢になったいまなお、朝起きて目の前に白銀の世界が広がっているとプクプクと記憶の引き出しから飛び出ては浮かんできます。”おいら、早く戻ってき過ぎちゃったかなぁ・・・、ギュルルルルゥ。”

    風と水粒

    2010.03.28 環境 Trackback:0Comment:2

    夜の間に、自然がこんなキレイなものを作っとりました。
    朝一番テクテク歩いていると、ごく限られた場所の樹々の先っぽだけがピカピカ輝いているのが目に入り、ちょっと不思議な感じでした。
    きっと、ここは風の通り道だったんだねぇ。
    息を”はぁ~~っ”とかけるとすぐに融けて水滴に変わります。ふふ、おもしろい。 続きを読む

    季節の移ろいを

    2010.03.27 環境 Trackback:0Comment:2

    この歳になってようやく、しみじみと感慨深く感じるようになりました。
    季節の素敵な移ろいには、感傷的とも取れるほどの濃密な感情の隆起を感じてしまうのでした。
    おぉっとっと、また超大げさ的表現かな。
    いやいやそんな事はないのです。
    ボクもどうやらメッチャいい年齢にさしかかって来たみたいです。だって目に入ってくるものが、割といっぱいキラキラ素敵に輝いて見えるのですから。嘘じゃないよ。
    ねぇ、そうですよね。
    この山にはホオジロ達がいっぱい戻ってきました。
    そして今日、ツグミ達が10羽ほどの集団でいるのを見ました。ムム、渡りの準備でしょうか。
    あぁ、季節の移ろいを感じます。

    いい季節がやって来ようとしています・・・。

    あれ、今は何月?

    2010.03.26 環境 Trackback:0Comment:6

    うちの裏山、午後約6時です。
    なんでこんなに樹々たち白いんだろう。
    この景色、どう見たって冬じゃん、ねぇ・・。でも、6時なのにまだ写真に撮れるほど明るいのだから、やっぱり3月だってことだよなぁ。

    幻想的魅惑風景だったから、まぁいっかぁ。う~~む、それにしても今年は雪がしぶとく降ります。いったい、いつまで降るのでしょう。ちょっと興味津々。 続きを読む

    今年何回目だろう

    2010.03.25 環境 Trackback:0Comment:2

    そう思ったのは・・・。
    そう、ポカポカ暖かくなって、”ついにこの地にも春がやって来たんだぁ”と感慨深く思ったりしてみても、”ふふ残念、どうやら思い違いだったようだね”といった感じでまたすぐに冬が戻ってきます。
    3月ともなれば、空気がフワフワ暖かくなって気持ちもホノボノとしてのんびり気分で過ごせると思うのだけれど、今年は真冬のようなとっても冬らしい冬がやたらといっぱい戻ってくるんです。
    トホホ、今日もえらい冷たい雪が降ってて寒かった~。でも、じつはトホホじゃなかったりもして。こんな時の自然はメッチャ素敵。
    ほら、クロモジもピッカピカの氷にパックされ、さらにその上に降り積もった雪の結晶でホンワリ柔らかくなり、とても素敵な姿をボクに見せとりましたよ。

    日常の生活

    2010.03.24 文化 Trackback:0Comment:4

    今日はお休み。
    なので、昨日の夜はホント久しぶりにプロジェクターの電源を入れての映画鑑賞。冬は朝起きるのがちょっとだけ早くなるので、なかなか観ることが出来ずにおります。本もまったく読めません。なんと寂しい・・・。
    で、映画はwowowで録画していた、ウィル・スミスの”7つの贈り物”。映画ってやっぱりいいですねぇ。ボクには最高に楽しいもののひとつ。そしてwowowが結構いいんです。かなりの高画質ハイビジョンと5.1chで放映してくれてるので作品にどっぷり。今日の朝、雨のような雪のようなものが今にも降りそうな空模様でしたけれど、チビを連れて鳥見を兼ねての湿原散歩。
    ”鳥さん撮るから静かに歩いてね”なんて言ってもそんなこと聞いちゃいないで(そりゃそうだろうな)、”とぉと、メッチャ楽しいねぇ”なんて言いながらドタドタ歩いているので、当然鳥さんなんて撮れるはずもなく・・・。でも二人で木道を歩くのは、なんだかとっても楽しいひとときで、そしてとってもいい時間。
    あぁ、ありがとう。
    帰ってきてからは、のんびりと野鳥関連のブログを見ておりました。すごい人、いっぱいいますねぇ。
    あぁ久しぶりに、なんとものんびり過ごした一日。

    私は、トンガリあたま

    2010.03.23 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    「私の頭、新緑の時に大きく開いて若緑色になるらしいけれど、見たくない?」
    「そりゃ見たいけれど、見れるの?」
    「ふふ、そんな事私に分かるわけないじゃないの。だって見ようと思っても見えないんだもの。お隣のクロモジさんが、羨ましそうにそう言ってくれてたの。」
    「そぉかぁ、じゃぁもう少し暖かくなって雪がみんな融けた頃、また様子を見に来るとしようかな。」
    「ふ~~ん、それまでここには来てくれないんだぁ。あなたはずいぶんと寂しいことを言う人ですね。そんなつれない事を言ってると後悔するかもしれないよ。じつは暖かくなってきてから、頭に受ける風の感じが日々ドンドン変わっていっているんですから。少しずつ大きくなってきてるのかなぁ・・・。」
    「でも、ボクも仕事忙しいんだよ。ごめん、頻繁には行けないよ。」
    「またまた、また~~~。ホントにそんなに忙しいの?」
    「失礼な事を言うじゃないか。でもなんだか、ずいぶん気になって来たから、内緒で時間の合間を縫ってちょくちょく会いに行くよ。」「ふふふ、ありがとう。」

    さぁこの葉痕さん、いったい誰だろう・・・・?

    ”うららか”

    2010.03.22 環境 Trackback:0Comment:0

    という表現がピッタリの、ホントめっちゃ気持ちの良い一日。
    青い空はひたすらに蒼く、空気はひたすらに透明で純粋、白い雪はひたすらに白く、そしてモクモク湧き出る雲もやっぱり真っ白。
    暖かい陽射しでボクの心は膨らみまくり、普段なぜかギスギスした気持ちにさせる、ドヨ~ンと淀んだ澱のように不快なものが沈殿し堆積している心の底のその場所も、春の暖かい光が射し込み柔らかい優しい気持ちに変化しとりました。
    ン~~~~~~~~ッ、気持ちよか~。
    今春一番の日。この錦糸玉子の黄色も眩しかったぁ~~(笑)。

    昨日の夜というか朝というか・・・、

    2010.03.21 環境 Trackback:0Comment:2

    寝ぼけていたのであまりはっきりした記憶ではないのですが、カミナリすごかったです。”ドオォォ~~ン、ド~~ン”何度も何度も空が震え、耳に響いておりました。
    そして朝、山へお仕事に行ってビックリ。いろいろな所にカミナリが落ちまくっていたみたいで、小屋のブレーカーは落ちているわ、勝手にスピーカーから音が鳴り続けているわ、もっとたいへんな事も起こっているわで、えらいバタバタ、右往左往の一日だったとさ。
    カミナリって凄くってそしてとっても恐ろしい・・・。
    その後、季節外れの大雪。
    夕ご飯のあと、今まで落ちとりました、あぁ爆睡。3月にこんな大雪、ボクは初めてです。
    色々な事を経験させてくれる今年のへんてこ気象、あぁいとをかし・・・。明日の朝、美しい白い世界が広がっていればいいのになぁ。

    戻ってきましたか。

    2010.03.20 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    しばらく見なかったですね、いったいどこへ行っていたんですか。
    チョッピリ、寂しかったですよ。
    でもね、いきなり大勢で戻って来過ぎじゃないでしょうか。どこを歩いていても、地面からパタパタ飛び立ったりしてドキッとします。
    そういえば、木の梢でも良く通るいい声で、素敵にさえずっていますねぇ。
    春を感じます。
    ありがとう、ホオジロさん。

    ひたすらに私的なとりとめのない話、

    2010.03.19 Trackback:0Comment:4
    今はこの地に住んでおりますけれど、じつは京都出身だったりします。
    で、京都と言えばやっぱり呉服。
    なので、ほんのわずかな時、呉服関係の仕事に就いとりました。
    たった3年間でしたけれど、今のボクがあるのはここで仕事をしていたからこそ。
    以前にも書きましたけれど、着物を一つ作るのにはたくさんの人の手と時間が必要です。その着物を作る為の仕事の一つに”悉皆業”というのがあります(漢字あってるかなぁ?)。
    ぼくは京都の中でも、とてもいいものを作る悉皆屋さんで仕事をさせてもらっていました。ちなみに悉皆屋というのは、着物を作るプロデューサーみたいなもの。簡単に書けば、いろいろな行程を行うの職人さんの所を回って、一本の着物を作る仕事です。下絵のイメージや細かい配色を職人さんに伝え、形にしていってもらいます。
    いろいろな職人さんの所に回っている内、だんだん友禅そのものに興味が出てきて、ある時ついに自分で生地に色をのせて作ってみる事にしました。と言ってみたもののそんな簡単なものではなく、職人さんの所に訪れる度、ここをこのようにするときは一体どうしているのですか?などと遠慮がちに聞きながら、でも職人さんは簡単には答えてくれません。が、めげずに疑問に思う事は聞き、なおかつ本を読み、自分なりに理解を深めて何度も何度も生地に色をのせていきました。
    今から思うと、楽しい時でした。
    そして今思う事、ずっと続けて描いていれば良かった。飽き性っていうのは、なんともダメですねぇ。
    いっぱい作ったけれど手元に残っているのはこれだけでした。出来はメッチャ悪いけれど、ぼくにとってはこの上ない宝物。自分で作ろうと思ったそもそものきっかけは、ふふふ、当時たまらなく好きだった女の子へのプレゼント。
    彼女はスキューバダイビングをしており、それならばと、モンガラカワハギを真ん中に描いた”袱紗”を作り、プレゼント。なので、最初の頃は海の魚ばかりを描いてました(笑)。
    ボクも海の魚に興味があったというのもあるのですが。
    そういえば、ぼくは学生の頃から椎名誠の文章がたまらなく好きで良く読んでいたのですが、この椎名誠さんの本の中に中村征夫さんの事が出ていて、著書”海も天才である”をメッチャ興味深く読んだ記憶が蘇ってきました。
    そうそう、その頃のドラマに今井美樹主演の”想い出にかわるまで”というのがあり、ボクの記憶が正しければ、東京湾の海中生物をライフワークとして撮り続けている人物を演じていた財津和夫のモデルはこの中村征夫さんだったような・・・。

    おおぉ、なんと懐かしく、ちょこっと心にズキンとくる想い出・・・。

    ミズナラロケット

    2010.03.18 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    「たいへんです艦長、ミズナラロケットが今にも発射されようとしています。」
    「そんなバカな。今はまだ3月の半ばだぞ。もう一度よく見てみろ。」
    「か、艦長、や、や、やっぱり芽がパンパンに膨らんでいて今にも発射しそうです。はやく何とかして下さい。」
    「なんと、早くわたしに双眼鏡を持ってこい。
    むむむ、確かにえらく膨らんでおるな。これはたいへんな事態だ。よし、我が軍はこれより臨戦態勢にはいる。みんな急いで部署に着け。」

    と臨戦態勢をとったものの、その後冷たい雪がシンシン降ってきてミズナラロケットは再度、実を固くしたのでした。「艦長、いつミサイルは飛んでくるんですか?」
    「・・・・・・」
    「指示を、」
    「安心するのだ、こんな時の為に直属のスパイを送り込んでおる。そのうちに連絡がはいるであろう。」


    「センプクチュウノ”ハルノカゼ”ヨリカンチョウヘ。
    ミズナラグンモ、コノユキニハヒジョウニトマドッテオリマス。コトシノテンコウハ、ワレワレニミカタシテイルミタイデス。」

    この話、いったいいつまで続くのか・・・。(まだ寝なかったら続くかも、笑。)

    「艦長、ねぇ艦長・・。」
    「スパイからの報告どおり、今日の所はきっと大丈夫、大丈夫、ムニャムニャ・・・。。グゥゥゥ~~~。」

    さのさかは、今日も平和なのでした。

    今日、湿原で

    2010.03.17 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    鳥さんたちの声を聞きながらのんびり。
    ポカポカした暖かい陽射しの中、樹々の木漏れ日を受けてのんびりするのって気持ちいいですよねぇ。
    この唐花見湿原では雪はもうほとんど融けとりました。林側の日陰になるところは雪が残ったり、薄氷が出来ていたりしていますけれども。
    時々、カラ達が雪が凍ったところに落ちている、なんだろう?木の実かなぁ、を食べにやってくるのですが、なかには枝からピョ~~ンと着地した時にツルンと滑ってこけそうになっているのがいたりして、そんなのを見ているとホノボノとした気持ちになり、楽しくそしてゆっくりとした時間を過ごしました。
    あぁ、のんびりしたぁ~~~。ところであなたは♀、それとも若?

    ちっちゃな春、

    2010.03.16 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    見つけました。ふふ、うれしぃ。
    やっぱり一番に咲くんだねぇ。でも、もう咲くの・・、ずいぶん早くない? 3月6日はまだまだ丸い蕾だったのに。
    それにしても相変わらずその黄色い花弁、錦糸玉子だねぇ(笑)。
    もうしばらくすると、スミレたちも咲き始めるかな。楽しみ、楽しみ。
    う~~ん、春。
    この場所にも、色彩の溢れる春がもうすぐやってきます。鮮やかな色、春がやって来たんだなぁ~と、しみじみ感じます。
    ついつい、楽しい気持に。

    マヒワたちのうららかなる音に・・・、

    2010.03.15 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    うららかな春の匂いを運んでくる気持ちの良い風と共に、いつの間にかこの山にやって来てました。
    のんびり見上げて眺めていると突如、ほぼ全員(全員じゃないところが面白い)がパッと飛び立って、グルッとその辺を一周して同じ樹に戻って来ることを何回か繰り返していて、いったい何がきっかけで飛び立つんだろうなぁと春の陽気にやられて回転の非常に鈍くなった頭で考えとりました。
    樹に戻ってくる瞬間、一斉に広げた羽が太陽の光を受けてとてもきれいに輝くのです。それはそれはキレイに・・・。
    そんな瞬間、写真に撮れればなぁと、ちょっと思いました。

    キラキラ

    2010.03.14 環境 Trackback:0Comment:2

    昨日、ザーザー降っていた雨の雨粒がスギの葉っぱの先っぽからポタポタと落ちていました。
    夜になり空気が冷えると、水という液体は氷という固体に変わり、朝、陽の光を受けキラキラと素敵な輝きを放つ存在になっていました。キラキラ、キラキラ。
    こんなキラキラを見ることができるので、朝の森って何ともいえず良いです。
    粒キラッ、キラキラ、あぁキレイ・・・。
    冷えると水の粘度が高くなるので、葉っぱの先端に留まる時間が長くなり水自身が持っているエネルギーをどんどん放出して氷という状態になるみたい、水が潜在的に持っている潜熱を放出し氷になるってことなのかなぁ。
    この宇宙、エネルギーの収支の一時的な差が物質を作り、さらには時間をも作っているのでしょうかねぇ。 続きを読む

    春の気配について、その事象。

    2010.03.13 環境 Trackback:0Comment:4

    たとえばこのシジュウカラ、♂が♀をしつこく追いかけまわしています。(きっとオスが・・・、だよねぇ。)
    ちょっと暖かくってそよそよ風の吹いている日、鼻がムズムズして連発でくしゃみが出ます。
    桜の芽がぱんぱん、はちきれんばかりに膨らんどります。
    キツツキが山に戻ってきて、ドラミングの音が響きます(昨日、今年初めてさのさかの山で聞きました”コココココン、コココココォ”)。おぉぉほほ~~、いい響き。
    柔らかい匂いと、やさしい風。
    陽射しが丸くって、温かい。
    心がちょこっとソワソワ、でも楽しくワクワク。
    キラキラフワフワの木漏れ日。
    柑橘類のブンタン(確かブンタンだったですよねえ・・)を頂いた時(笑)。スッパ甘い匂いで唾液が充満します。あぁ、めっちゃうれしい。

    クンクンクンクン、ふふふふ、春の匂いがしてきましたよ。
    ね、シジュウカラくん。
    “チュピチュピ、ジュクジュク、ハルダチュピ”

    夕暮れ時

    2010.03.12 環境 Trackback:0Comment:3

    帰り道、家のすぐ近所の道路。北葛岳とその横のある蓮華岳がきれいに見える場所。
    たまに夕焼け空。
    木崎のトンネルを出ると、山の上は真っ赤っか。急いで電線が邪魔をしていないこのポイントへ行ってみるも、残念ながらどんどん彩が失われ色のない世界へと変わっていっとりました。この写真を撮るちょっと前まで空は燃えるように赤かった。
    ちょっと間に合わなかった。
    春の足音が聞こえ出してからの帰り道、フクロウを探して寄り道しているのがいけなかったのかなぁ。きっとフクロウ、戻って来るはずなんだけどなぁ・・・。
    まあ、いつかそのうちに。

    晴れたよ

    2010.03.11 環境 Trackback:0Comment:2

    気持ちいい~~~~~。
    それにしても良く降りました。山は5-60cmほど降ったのかな。森の中を歩いていると、太ももの辺りまで埋まります。そんな所を歩くのはなかなか骨の折れることなのですが、今日のように真っ白な雪がキラキラと太陽の光を反射して森の中が眩しく輝いている時は、とっても楽しく気持ちよく歩くことができるのでした。
    カラスも気持ち良さげに”カァカァ”鳴いとりました。そして、今日は朝まで雪が降っていたからなのか、晴れた空はメッチャ青かった。

    うふふ

    2010.03.10 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:5

    抜き足差し足でひっそりゆっくりと・・・・。
    「カシャカシャカシャ。はぁぁぁ、はぁ~~~、ふぅぅぅ、ふぅふぅ。」
    シャッターの音と自分の呼吸する音がずいぶん大きく聞こえます。緊張のひととき。
    「カシャカシャ」
    ふふふ、いいじゃん、じっとしているよ、もうちょっと場所を変えてっと・・・。
    ”ピクックルン”
    あれ、ちょっと調子に乗り過ぎちゃったかなぁ。
    「おいおい、もうちょっとそこに居てよ」
    でも、
    ニホンノウサギと思われる(ボクの中では、あのかわいいピーターラビット)ウサギは、とても素敵な姿態をボクに見せ、なんとも軽やかで滑らかな動作でもって目の前から去って行きました。
    アァ、なんといい時間。今年の冬一番の、至福のひとときでした。

    発熱する植物

    2010.03.09 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    いつもの自然園へ行ってみると、雪がずいぶんと融けていて木道もずいぶんと歩きやすくなっとりました。
    スタスタ快適に歩いていると、この赤いのがニョキニョキいっぱい出ていてちょっとビックリ。この赤いのは自身が発熱してまわりの雪を融かすらしい。すごい植物だねぇ。
    で、この赤い植物は、○ ◯ ◯ ◯ ◯ 。(笑)ふふ、簡単すぎますよね。
    今もきっと一所懸命発熱していると思いますけれど、残念ながら今現在は雪の下でしょう。外では大量の雪がガンガン降っとります。あぁ、トップシーズンさながらに・・・・。
    そんな雪の降る自然園、鳥さんたちは一団となって移動してましたよ。タマタマかなぁ?その集団には、カラ達、コガラ、シロハラ、アトリ、ベニマシコ、ツグミ?、がおりました。 続きを読む

    なんとまぁ、

    2010.03.08 環境 Trackback:0Comment:2

    繊細で美しいものを自然は見せてくれるのでしょう。
    弱々しいヤマモミジであろう樹の細い枝の上にすぐ融けて消えてしまいそうな、でもきれいにキラキラ輝く雪の様な氷の様な物質が頼りなげに乗っていて、しばし心奪われました。
    春に降る雪、いいじゃん。
    この樹だけが、なぜかこのような氷がいっぱい乗っていて遠くからでもキラキラ光り輝いとりました。こういうの見つけると、えらいうれしくって心の中がとっても満ち足りた気分になっていたりします。 続きを読む

    まだ・・・、

    2010.03.07 環境 Trackback:0Comment:4

    白い世界は続くんだって。
    朝起きてワンコの散歩に出てみると家の周りは一面雪景色で、空からはシャラシャラと白い雪が降っとりました。ビックリ、心がちょこっとザワザワとしました。
    そして今、けっこう積もってます。で、ちょうど今屋根雪がドッザザザザァ~と落ちました。
    えぇっと、ねぇねぇもう雪降らなくってもいいんだよ。
    でも今日の帰り道、薄暗い中にぼんやりと見えるカラマツ林の雪景色を見ていると、”あぁ、いい所に住んでるじゃん”となぜかしら、不意に思ったのでした。ヤナギも大変だねぇ。
    まだ冬?もう春?
    どっちやねん。ふふふ、きっと困っているはず・・・。

    シトシトと・・・、

    2010.03.06 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    朝から雨が降っていました。
    ”豊年満作”のマンサク冬芽。もうすぐ、黄色い素敵な花を咲かせることでしょう。とってもたのしみ。
    単一彩色の世界で過ごしていると、ホントウに豊かな色彩の季節が恋しく、そして待ち遠しくなります。
    ホントだよ、3ヶ月間ひたすらにモノトーンっぽい世界。このマンサクは春一番にきれいな黄色の花を咲かせ、ボクの心に残っている固く冷たい雪を融かしてくれます。

    今日、朝7時46分頃の姫川上流

    2010.03.05 環境 Trackback:0Comment:4

    誰もいません。
    と思ってよ~~く見てみたところ、軽トラが一台走っとりました。この写真の範囲における人の気配は、この軽トラ乗車中の方だけです。
    さて問題です、軽トラはどこを走っているでしょう?
    それにしても軽トラ一台だけとは・・・・、ふふ、みんなどこにいるんだろう。降り積もった雪でまだまだ白馬村は真っ白ですが、ここのところの陽気で急激に融けていってます。こんな大量の雪、いつ全部無くなるんだろうと思っていても、融け始めるとアッという間です。
    春がやってくるのもアッという間。
    今日の朝、山にノスリが帰ってきていました(たぶん)、ピー~~ヨッッって声が盛んに聞こえとりました。そして越冬明けのクジャクチョウが飛んでました(これもたぶん・・・、でもタテハチョウ科である事は確かだと思うのです)。

    いよいよ春の到来です。

    もどってきたねぇ

    2010.03.04 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    ちょっと前、霧の立ちこめる朝に黄色い小鳥がおりました。
    あれ、なんでしょう?
    カメラ、カメラ・・・、”お~~、カワラヒワじゃん。ずいぶん久しぶりだねぇ。”
    冬以外はやたらと見る鳥さんですけれども、久しぶりに見るとうれしいし、黄色がきれいな鳥だという事を再認識しました。
    それにしても今年は霧が多い・・・、というか濃霧が多い。
    不思議な天候。ちょっと異常なのかもしれませんけど幻想的で魅惑的、どことなく心が惹き付けられる情景。う~~む、素敵。
    短い人生、こんな冬の季節があってもいいですね。

    3D映画

    2010.03.03 文化 Trackback:0Comment:2

    といえば”アバター”。
    ひげおやじさんからこの映画は絶対観た方がいいよ~~と言われ、観たいなぁーと思いモヤモヤと日々を過ごしておりましたところ、S a k i さんのブログの記事を読んでしまいました。すると気持ちが俄然盛りあがり、おぉぉこりゃ3D観に行くしかないでしょうということになり、はるばる岡谷スカラ座へと繰り出しました。
    ふふふ、映画って面白いねぇ。
    どっぷりと”アバター”の世界観に浸った2時間50分でした。映像にビックリしたのは当然ですが(3Dが映画の主流になりそう)、衛星パンドラやナヴィ族のディテールがとてもしっかり作られている様な感じで、ぼくはかなり面白かったです。
    そしてさすがはキャメロン、戦闘シーンもすごかった。でもこの映画で一番すごいのは、やはりこの映画の持っている世界観。いやはや、こんな世界を作れるのは映画だけですねぇ。すごかった。
    いやぁ、ホントいいものを観させていただきました。
    んん、”ミシェル・ロドリゲス?”が出てました、いいですねぇ。樹にまつわるストーリーは、めっぽう心にくるんだよなぁ~~。

    四季

    2010.03.02 環境 Trackback:0Comment:4

    ここは、四季のある国だね。
    いいところに生まれました。じつに幸せ者です。それにしても自然豊かだねぇ日本。

    ちなみに白馬では”バッコヤナギ”と思われる樹?の芽吹き?が始まりました??
    ふふふふ、はてなだらけ・・・。
     » »
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。