スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    タ・ン・ポ・ポ

    2010.05.31 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    タンポポって、とっても身近。
    普段は、鮮やかな黄色の花が目に入っても気にも止めません。
    でも仕事の休憩中、目の前で盛大に咲き誇っているといつの間にやらシゲシゲと魅入っていたりしています。
    で、気付いた事。
    シベの先っぽが2つに分かれていてクルッとカールしているんです。あぁなんと、かわいい。クルッ、クルッ、ふふふ。
    それから、やたらいっぱい虫さんたちが来ています。ミツバチやミツバチにとてもよく似たなんとかアブやなんとかバエ(笑)やビロードツリアブなど、ナド。
    そしてきれいに咲いている横ではフワフワの綿毛になっているのもあります。ちょっと不思議な感じ。さて、ところで空気中をフワフワと漂うこの綿毛、鼻の穴に侵入してきてモゾモゾこそばゆくなり、鼻からタンポポの花が咲いたらどうしようとかなり心配になった事が当然一度はありますよね!
    そりゃあ、あるでしょう。
    「おかぁさん、タンポポのフワフワが鼻に入ってとれないよ~。」
    「あんた、そりゃ大変やで。鼻からタンポポが生えてくるわよ。でもまぁいいかぁ、鼻からタンポポが生えてたら、そら人気者になるで、テレビにも出れるわ。」
    「そんなんいやや。はよ取ってぇ~な。」
    「ええやん、あんた。モテモテやんか。ええなぁ~~。」 続きを読む
    スポンサーサイト

    写真を撮るというコト、

    2010.05.30 文化 Trackback:0Comment:0

    いやいや、じつに楽しい。
    たとえば、道を歩いていると思わぬ出会いが必ずといっていいほどあり(ますよねぇ)その瞬間を切り取って後々まで残すことが出来たり、目で見ていた時とは違う表現で後から見れたりして(なんかキザっぽいねぇ)、カメラはぼくにとっては欠かす事の出来ない道具となっとります。
    あぁ面白い。ツリバナの花も好きだったりします。やっぱり、色無いけどね。 続きを読む

    メッチャかわいい

    2010.05.29 環境 Trackback:0Comment:2

    かなり小さかったからまだ若い個体だったのかなぁ。
    ボクがすぐ近くにいたからか、ずっと固まってました。緊張させちゃったよう。
    自然の中にいると、心の中のほとんどを真摯な気持ちが占めているのですが、ちょっとだけ“このまま写真を撮らせてね”といったような厚顔無恥の気持ちがあったりします。
    あぁ、お恥ずかしいかぎり・・・・。
    でもこんなにかわいいんだから、ちょっとくらいいいよね。
    え、だめ?
    そうかぁ、やっぱり向こうから来るのをのんびり待つのがいいよねぇ。
    待っている間、本もいっぱい読めるしねぇ。 続きを読む

    おっと

    2010.05.28 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    ヤマシャクヤクじゃん。
    こんな所に咲いていたんだねぇ。うれしい。
    この花も盗っていく人がいるらしい。
    この場所のここの環境で見るからいいのにねぇ。
    大きいけれど頼りなげな花弁の中にきれいなシベがあり、あぁ美しい・・・。場所?
    近くにはヒトリシズカが咲き、静かでメッチャ気持ちの良い森の中。

    たまには虫さん

    2010.05.27 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    今日はお休み。
    松本市にある”カモシカスポーツ”の我楽多市へ、掘り出し物を探しに・・・。
    その途中の川にカワガラスがいるので寄ってみよう。行けばいるのですが、いつもピューーっと飛んで行っちゃうので未だ写真を撮れずにおります。
    今日こそはと思ったのですが、なぜか今日はいません。
    でも、こんなテントウムシがおりました。
    なんて種だろうと調べてみると、テントウムシにもいっぱい種類があるのを知ってちょっとビックリ。虫もメッチャ奥深いんだよなぁ・・・。
    あぁ、生物多様性。
    で、名前はシロジュウシホシテントウでいいでしょう。ホシは白くて14個あるしね。
    何をしようとしているのか?
    これから背中によじ上って、後ろに回ろうとでもしているのかな、ふふふ春だねぇ。 続きを読む

    きれいだよね

    2010.05.26 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    キセキレイって、どこにでもいるけど。
    今日は池のほとりで見たよ。2羽がずっとこの樹の枝に止まってて、飛んで行かなかったからひょっとしてすぐ近くで営巣中だったのかな。
    あまりにきれいな容姿だったので少し長居しちゃった。ごめんね。 続きを読む

    ケロケロ

    2010.05.26 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    「なんだか、まだずいぶん寒いよ。こりゃ弱ったなぁ・・・。」
    という感じに見えたモリアオガエル(だよね)。

    やさしい気持ち

    2010.05.24 環境 Trackback:0Comment:4

    森の中で、ゆっくり鳥さんを待っていたり眺めていたり写真を撮っていたりする時、気持ちがとてもゆったりして心地いい。
    たとえ気持ちがささくれていたとしても、そんなモノはすっかり消えてなくなってます。(気持ちがささくれる事なんてここ何年もないんですけれど(笑)。)
    どうやら、森と鳥はボクの気持ちを優しくしてくれるようです。
    その森は原生林でなくてもいいみたい。一度人間が手を入れてグチャグチャにしたあと、再生した森でもやっぱり気持ちいい。
    日本は自然が豊かだっていう事だね。普段めんどくさくて、めったにやらないRaw現像をしてみたりして・・・。なので初めて少し大きめサイズで見れるようにしてみました。
    この写真はぼくにとっては、想い出深いもののひとつになったりするかも・・・。 続きを読む

    雨に濡れる緑眩しい葉っぱと面白過ぎる本と素敵な小鳥の訪れと

    2010.05.23 Trackback:0Comment:0

    今日は朝から雨が降り始め、さぁいったい何しよう(笑)。
    畑の事もとりあえず一段落。畝は立て終わりトマトの支柱やきゅうり・ゴーヤーのネットも万事完了。植えるものはみんな植えたし、あとはポットに蒔いた種が発芽してから。
    そして昼からボクは独りっきり・・・・。
    という事で、こんな日はやっぱりのんびりと読書。
    でもせっかくだから”ホイホイホイ”のいる所へコーヒーを持っていって読みましょう。まぁホイホイさんは出てこなかったですが、本は終盤の残り100ページあたりからの息もつかせぬ展開が始まる所からだったので、ひょっとして撮影するには素敵すぎるあの枝にやってきていても気が付いていなかったかも(笑)。
    でも、こんなきれいなこの鳥さんがやってきてくれました。
    ”おぉ~~、なんとうれしい。” 続きを読む

    夕暮れ、粛々存在する水

    2010.05.22 環境 Trackback:0Comment:2

    時に、心に響く風景を見せてくれる湖。
    いい、実にいい、最高の情景。
    日本に生まれて良かったよ。

    カワセミ

    2010.05.21 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    こんなきれいな鳥がこの地球にはいっぱいいるんだよねぇ。
    カワセミが、それこそ至る所にいるなんて思いもしませんでした。いっぱいいても、見るとやっぱり超メッチャ嬉しい。とりあえず飛んで遠くへ行くまで、ず~~っと見てしまいます。飛び去って行く時にみえる背中のブルーが”キラキラピカピカ”鮮やかできれいな事といったら、ねぇ。
    ボクの脳の神経細胞に、”カワセミの素敵な背中ブルー領域”がしっかりと作られてて、いつも敏感に反応しとります。

    今日早朝の親海湿原、クロツグミもヤブサメもウグイスも鳴かずチョッピリ静かで、昇り始めた太陽が暖かい色彩で辺りを包みこみ、そして肌寒いけれど清々しい空気が漂って更には茂り始めた若葉が目に濃く映り・・・、そんな感じでなんだかずいぶんと気持ちのいい一日の始まりの朝でした。”目には青葉 山ほととぎす 初鰹”
    ちゃんと稲藁で焼いた”たたき”が食べたい。
    と・・・、そんな事は言いません。とりあえず鰹のたたき、食べたい~~(笑)。 続きを読む

    サワオグルマ

    2010.05.20 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    親海湿原ではサワオグルマが咲き始めていました。
    これから次から次へといろいろな花が咲き、しばらくの間はそりやぁ素敵な花の湿原になります。
    クロツグミやオオルリのさえずりの中、のんびりと散策するのはホント気持ちいいですよ。
    そうそう、これからノジコもさえずります。緑濃い中でのノジコさんのさえずり、清涼感があってメッチャいいですよねぇ~~。
    う~~~~~ん、なんだかいい場所だよここって、・・・昼寝するには(笑)。 続きを読む

    最高

    2010.05.19 Trackback:0Comment:2

    相変わらず”キング”、メッチャ面白い。
    魅力的な登場人物満載、そしていつも通りの見事な筆致と巧みな展開。
    いやぁ~~、やっぱり至福の時間を過ごしました。
    ちなみに読み終えたのは”ホイホイホイ”の来ている森の中。
    近くにくれば声で分かるので、のんびりと読書出来ます(笑)。でもなかなか来ませんし、来てもすぐにどっかへ行ってしまいます。
    そしてはるか遠くから”ホイホイホイ”と鳴いとるのがわずかに聞こえてきます。
    あらら・・・、と再び本を読んでるとちゃんとまた、やってくるのです。えらい!
    が、やっぱりすぐどっかへ行ってしまいます、トホホホホ。
    そんなこんなで、写真は撮れないけれど楽しいよ。 続きを読む

    じつに

    2010.05.18 環境 Trackback:0Comment:0

    のどか~~~。
    なんとも気持ちの良い日が続きます。
    オシドリもカップルで楽しそうに、なんだかやたらのんびり過ごしているように見えます。水を張った田んぼの中をスイスイ~~~、気持ち良さそう。
    そんないい気候の中、今日はお蕎麦屋さんでお出しする山菜を採ってきました。
    これはちゃんとした使命あるりっぱなお仕事、けっして遊んでいたわけではありません(笑)。
    おかげさまで、こごみとコシアブラが山のように採れました(嬉)。この山で仕事をする身、ふふふふ、秘密の場所はいろいろとあるのです。でも、最近は秘密の場所もずいぶんと見つけられ、ちょっと寂しい・・・。
    コシアブラのおこぼれを少し頂き、お家で天ぷらに。
    今年初。
    やっぱ、コシアブラは美・味・し・い。恵みに感謝です。今日、こちらにもホイホイさんが来てました。久しぶりのヘンな声が林中に響いとりました。

    ひっそり、ってな感じで

    2010.05.17 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    ルイヨウボタンが咲き始めとりました。
    この花目立たなくて、まったく華やかな感じじゃないのですが、好きなのです。
    朝日を浴びた姿がフッと目にとまり、ちょっと嬉しかった。
    季節はどんどん進んでいきます。
    ねぇ、いい時はもうちょっとゆっくり進むがよろしいかと、そう思うのですが・・。みるみる緑が濃くなっています。
    緑色って、どことなく心が和む色ですね。 続きを読む

    おぬしは

    2010.05.16 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    ホントいい声で鳴きますなぁ。
    朝一番で聞くと、その日何かメッチャいいことが起りそうな、そんな楽しげな気分になります、よねぇ~~~。
    今日も心地いい声が森に響いてました。
    あぁ、もうすぐ夏がやって来るねぇ。(うそ、まだまだやってこないよ・・・。)
    そういえばクロツグミのメスって脇にきれいな色が入ってますよね。
    ゆっくり見てみたい、でも見れない・・・・(笑)。
    続きを読む

    メチャメチャ気持ちいい日

    2010.05.15 環境 Trackback:0Comment:0

    まさに最高の田植え日和。
    今日は”志も”さんのお田植えの日。
    微力ながらのお手伝い。
    お手伝いと言うか、むしろ毎年えらい楽しませてもらっとります。
    田植え自体はほぼ機械でするのですが、どうしても機械では植えられない所がありその場所は手で植えるのです。
    超スリムな田んぼ長靴を履き手には苗を持ち、千切っては植え、千切っては植え、あぁメッチャ楽しい。
    天気はいいし、カワセミが頭の上を”チーーッ”と飛んでいたりしてほんわかのんびり、そしてみんなニコニコ。おかあちゃん、今日は気持ちよかったね。

    今日の母なる親海湿原

    2010.05.14 環境 Trackback:0Comment:2

    なんだか寒い日が続いています。
    なのでミツガシワの花の開花も、数日この状態で止まっとります。
    ほんと寒いんだよ。太陽光線が体にあたるとポカポカあったかいけれど、傍若無人にボクに吹きつけてくる風がメッチャ冷たい。

    今日、山から鳥さんがいなくなりました。
    どこへ行ったのかなぁ?
    そうです、母なる土地、親海湿原に集まっとりました。それはそれは、いっぱいいっぱい・・・・。
    鳥さんたちにとって、湿原は繁殖地でもあり休憩地でもあり避難所でもあったようです。
    湿原ってすごいなぁ。 
    続きを読む

    今日の午後三時過ぎに

    2010.05.13 環境 Trackback:0Comment:0

    気付いたと言うか感じた事がありました。
    今年は昨年と比べてオオルリやキビタキを見る機会がとても多く、いっぱいやって来ているんだなぁと思っていました。
    ほんとによく見るんですよ。山で仕事をしていると、どこへ行っても必ず見かけます。これは大げさでもなんでもなく・・・。そして、結構な割合でメスもいっしょに見かけるのです。
    そしてふと思ったのですが、メッチャ見かけるのには理由があるんじゃないかと。
    ここのところの天候不順、季節外れの寒さが関係しているような気がするんです。
    一日の平均気温が低く樹々の芽生えが遅れ、それによって虫たちの発生が遅れているせいで目にする機会が多いんじゃないのかと。地上に降りて何かを口に入れている所をよく見掛けるからです。
    近くを通っても逃げないのはエネルギー消費を出来るだけ抑えているんじゃないのか、もしくは補食される危険よりも食料を探す事のほうがより生存する為に重要なことだからじゃないのかと思ってしまうほど、相当近くへ行くまで動きません。
    ボクはグローバルな地球環境に関しては超楽観主義者なのです。そりゃあ、メキシコ湾流の流れが突如止まったりなんて事があればえらい事でしょうけれど、最近の日本のちょっとした天候不順などはアジア圏における割と局所的な出来事なんじゃないかと。
    お隣の某大国の指数関数的発展とか?

    今日オオルリたちを見ていると、環境に対する考え方が少し変化したような気がします。どう変わったかなんていうのはよく解らないですけど。
    あまり野生動物に対しては人情めいた感情は感じないと思っていたのですが、今日の鳥さんたちを見ていると心にちょっと・・・・。
    そう感じるほど、鳥さんたちは動きませんでした。

    空気の味

    2010.05.12 環境 Trackback:0Comment:2

    今日の朝の大気は凛とした状態で存在し、喉を通って肺を満たす空気からはチョッピリ”ピンと張りのある春”を感じさせる力強いけれどわずかに甘さのある味がしていて、それに反応した脳がセロトニンやほんの少しのノルアドレナリンを分泌していたみたいで、心がなんだか少しフワフワして幸せ気分になっとりました。
    そんな時、”ピュ~~、チョコン。”とノジコさんが。
    地平線からの光を受け輝いてました。
    「おぉぉ~~~。」
    しばらく見とれてから、あわててカシャカシャと・・・。
    やっぱり朝の空気は、ちょっと冷たい方が良いねぇ。
    素敵な一日を予感させる、そんな朝でした。ねぇそれでそれで、素敵な一日だったの?
    一日中、畑で畝を立てとりました。土をいじるのはとっても楽しい行為なので、素敵と言えば素敵な一日だったけれど、なんだかちょっと違うよなぁ。
    しかもまだ終わってないし・・・・・。そして腰もちょっと痛い。
    でもボクには日々の美味しいワインがあるから、マッタク平気だよ~~ん。
    さあ、明日も。

    今日は寒かった

    2010.05.11 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    妙に空気の冷たい一日。いま部屋ではストーブがついとります。
    こんな日の朝は、やはり少しモチベーションが低下するんだなぁと思わせるような、ちょっと色彩薄く控えめな光の射す薄暗い雰囲気が漂ってて。
    が、”こんな日なのに”なのか、”こんな日だから”なのか、山はなぜかえらい賑やか。
    さぁ仕事へ行くかぁとトラックに乗り込み”塩の道”をトコトコと走っていると、オレンジ色の飛翔物体が目の前を横切り、
    「おぉ去年もここに来ていたキビタキさんかなぁ。今年も毎日ここを通るのが楽しみだねぇ。」
    と隣にいる鳥の先生でありいっしょに仕事をしているシバちゃんと話していると、今度は青い飛翔物体が、
    「あぁ、オオルリ、オオルリ、ほらほらそこそこ。」
    「どこどこ、あぁいたいた。」
    「なんとまぁきれいな鳥だろう。外に出たら逃げちゃうかなぁ。でもいいや、ちょっと外に出て写真を撮るよ。」
    いまは警戒心が薄いのか、いっこうに逃げる気配なくというかすぐ横にきてホバリングしながら落ち葉をひっくり返したりしていて、なんと至福のひととき。
    青い色を堪能して再びトコトコ走り出すと、
    「あっ、メスじゃない?」とシバちゃん。
    「ここ去年巣を作っていた所じゃん。え?今年もこの辺りで巣を作るっていうことなのかなぁ。そうだったら、そりゃメッチャ楽しみだねぇ。」
    「そういえば、ヤブサメもやってきていたね。さっきシシシシシシシィ~~って言ってたよ。」
    「ふ~~ん。」
    再びトコトコ。
    ”パタパタパタ”
    「んん、カケスかなぁ?」
    「イカルだよ、イカル。」
    ”パタパタ”
    「あれれ、ずいぶんといっぱいいるよ。この山にいっぱい入って来たんだねぇ。こりゃ楽しい。」
    いつの間にやら気分上々、やる気満々。

    君たち、ちゃんと仕事はしているのか(怒)。
    それは後々判明してくると思うのです(笑)。 続きを読む

    ス・ミ・レ

    2010.05.10 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    好きなスミレのひとつ。
    名前?
    そりゃまぁ、きっと”スミレサイシン”。
    「好きなのにあまりよく解ってないんだねぇ・・・。」
    「だって、スミレっておそろしく難しいんだよ。」
    「でも、これは解りやすいでしょう。」
    「・・・・・・。」
    てな具合にいつまでたっても”スミレ属”、よく解っとりません。
    でも、どのスミレもとっても可憐で素敵ですよね。
    春をとても身近に感じさせてくれるお花。そうそう、今日仕事をしていたらあまりに立派で早く私を獲って的タラの芽がいろんな所にいっぱいあったので、”ごめんね、でもありがとう”と心で思いながら、ポキッ、ポキッっと摘んでお家で天ぷらに。
    やっぱり旬のものは食べないといかんですねぇ。
    家族みんな超ニコニコちゃんの晩ごはんでした。 続きを読む

    新緑が

    2010.05.09 環境 Trackback:0Comment:4

    眩しくて、まぶしくて。
    こちらの世界はどんどん緑中心の景色へと移行しとります。
    眼にはとっても良い色彩らしい。う~ん、じゃあボクの視力もちょっとは良くならないかなぁ。(バカだなぁ、そんなもの今さら良くなるわけないじゃん。近くのモノがだんだん見えにくくなってきているお歳ごろなのに。)
    以前いっしょに働いていた若者は、ここで働くようになってから視力が良くなったと申しておりました。ビックリ、うらやましい。
    遠くにある緑の風景を眺め続けると視力が良くなるというのは、根拠のない言い伝えめいたものじゃなく、ホントに効果があるのですねぇ。
    悲しいかな、どうやらボクの場合はあきらかに手遅れだったみたいですけど・・・。
    でもまぁずいぶん頼りなくなってきた視力を、心の眼がおぎなっとりますから若いときよりいっぱい、たくさんのものが見えとりますよ、ハハハハ~。
    な~~んてことが言えればなぁ・・・(笑)。さぁ、この若葉の持ち主の名前は??
    ふ~~ん、救荒植物だったんだって。 続きを読む

    枝垂れ桜

    2010.05.08 環境 Trackback:0Comment:2

    白馬ではたぶん一番有名なここの枝垂れ桜。
    ありゃ?
    もうずいぶん散っていました。今年の桜はホント散るのが早かった・・・。
    ここはこの桜の他にもカタクリに集まってくるヒメギフチョウが有名で、それではと蝶を探してみましたが、全く飛んどりません。
    カタクリはいっぱい咲いていたのにね・・・。今日はまた、一日チビといっしょの日。
    午前中いろいろな所へ遊びに行き、お昼からいっしょに畑の準備を。
    案外使える男でした(笑)。おかげでずいぶんはかどりました。
    といってもほとんどの時間は、ほぼ邪魔をしていただけでしたが・・・。 続きを読む

    スプリングエフェメラルと呼ばれる

    2010.05.07 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    花のひとつ。
    雨の中、優しい色でそこにおりました。
    カタクリは大事な花粉を守る為なのか下を向いていましたが、このヤマエンゴサクは雨でも晴れでも変わらない素敵な容姿で咲いております。
    ウスバシロチョウの食草のひとつ。
    道理でここにはウスバシロチョウがいっぱいいるんだねぇ。そういえば、今日は久しぶりの雨。
    樹々の若葉は洗われ輝き、森はキラキラした光で満たされてました。

    久しぶりに、

    2010.05.06 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    仕事で山へ上がってみると、なんだかすっかり春めいていて仕事をするような雰囲気なんてものはかけらも存在しとりませんでした。
    そこで問題です。この日ボクは・・・、
    1、春を満喫しつつ、呆けたようにひたすら昼寝をしていた。
    2、脇目もふらず、一心不乱に仕事に打ち込んでいた。
    3、気持ちの良い春の風を受けながら、超ご機嫌気分で仕事をしていた。
    4、その他
    5、ガンガン仕事をしていたつもりだったのに、どうやら春の魔力に惑わされていたらしく、ほとんど仕事は進んでいなかった。山は、若草色で溢れようとしています。
    この山にはこんなにもクロモジがあったんだっと思うほど、よく目立っとりました。花の色は新緑の葉っぱと同じ色なのにね。
    春一番に花を咲かせる樹って意外といっぱいあるんですよ。そしてどの花もちっちゃいけれど魅力的でやたらと素敵なのです。
    ぜひ山に来て、見てもらいたい・・・。 続きを読む

    サ・ク・ラ

    2010.05.05 環境 Trackback:0Comment:0

    サクラって、とってもいいですね。
    中綱湖畔の桜は今満開。
    そんな中での”塩の道祭り”大町湖畔道中バージョン。
    おそろしいほど気持ちの良い気候のもと、のんびり~~っと約11kmのお散歩。
    桜の花が、心をずいぶんと和ましてくれとりましたよ。この辺りの風景には染井吉野よりも、やはり紅の濃い大山桜がいい感じ。
    それにしても、今年の桜は一分咲きからビックリするくらいアッという間に満開になりました。すぐに散り始めるのかな?
    でも桜って、散り姿が何ともいえずいいですよねぇ。
    空気が存在していて、その空気が動いていることを妙に叙情豊かにイメージしてしまいます。うそ、まじで?(笑)
    ふふふ、ホントいい季節だよぉ。

    カァァ~~

    2010.05.04 環境 Trackback:0Comment:2

    なにやっとるんだろ・・?
    1、足でしっかりと食べ物を押さえ、つつきながら食べている。
    2、花見をしている。
    3、足の裏が痒くてくちばしを使って掻いている。
    4、二股に分かれた枝の付け根に気になるものがあり、かなり綿密に調べている。
    5、特に何もしていない。
    6、その他。
    7、ゴールデンウィークだから、この枝でのんびりしている。
    8、くちばしが痒くて足を使って掻いている。

    動物をみるといったい何を考えているのだろうかと、ついつい考えてしまいます。

    カァァァ~~~。

    あれ、いたんだね

    2010.05.03 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    朝、今日もカワセミさんいるかなぁと湿原を忍び足で散歩しとった時、足元の木道の下からピューーッと青い鳥が出てきて目の前の枝にチョコン。
    ”えぇ~~、なんだぁ。あれっ、なんとまぁコルリじゃん。”
    ここにもやっぱり居たんだねぇ、コルリさんそのままそのまま、その場所に・・。
    でもそのままそこに居るはずもなく、クマザサの中へ飛んで行きウロウロしながらちょっとずつ遠くへと。
    しばらく隠れて様子をうかがっていると、ふたたびピュッと木道の下へ。そのうちまた出てこないかなぁと静かに待っていると、突如目の前の枝に青い鳥さんが。
    「あれ、コルリ?」

    「違うなぁ。なんだ、オオルリじゃん。」
    いやいや、”なんだ”じゃないでしょう。オオルリだよ。
    ということでパチパチ写真を撮りましたとさ。
    写真には撮れなかったけれど唐突にちっちゃな青い鳥さんに出逢い、メッチャ嬉しかったなぁ。 続きを読む

    ところどころに

    2010.05.02 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    朝の光が差してはいるけれど、全体としては薄暗い感じの杉林の中に、可憐な白い花がーーあぁそれこそ辺り一面にーー咲いていて、しばし心奪われとりました。
    我に返ってからシゲシゲとよく見てみると残雪の残る所からも顔を出し花をつけているものがあり、生命のもつ力強さというかなんというか・・・、まぁそんなようなものを存分に感じ驚きの気持ちで心が満タンに満たされ、なんと素敵。

    いっぱい雪の残る薄暗くって味気無く殺風景な所に、ホント辺り一面このセリバオウレンの白い花が咲き乱れていて、目に映るこの情景にはひどく心が震えました。
    地球の環境ってすごいじゃん。 続きを読む
     » »
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。