スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    さて、

    2010.06.30 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2
    ホイホイさんの雨覆羽か体羽だと思うのですが、如何なものでしょう。
    なぜそのように思うのかといえば、

    今日の朝は、雨も降っていなくてそのうちに晴れそうなちょっと気持ちのいい感じの空気が漂っていたので、それとちょっと気になることもあったので、ホイホイさんのいる森へと行く事にしました。
    森に着いて、道のすぐ横にある小さな小さな池のそばに車を止め本を読みながらのんびりとしていると、すぐにホイホイさんが出て来てくれました。
    でも、とってもすばしっこいので写真に撮る事は出来ません。
    撮る努力はやめて、カメラを置いて静かに眺めている事にしました。
    するとホイホイさんは池のほとりへと向かって低く飛んで来ました。
    どうやら水浴びをしているようです。
    しばらくすると目の前を、メスを先頭に2羽並んで左の森へと飛んで行きました。
    なにやら賑やかに鳴いています。
    耳を澄ませて聞いていると、車の上に張り出した枝で羽繕いを始めた様子。見えないのであまりよくわかりません。
    聞き入っていると、そのうちまた右の森へと飛んで行き、どこか遠くの方へと去って行きました。
    ”あぁ、楽しかったよ。”
    そして残ったボクは新鮮な空気を吸うためにちょっと外へ出てみる事に。
    地面に立って下を見ると、羽が二つ落ちていました。
    羽繕いの時に抜けて落ちたのかな、と思いました。



    ふふ、違うかな・・・。
    スポンサーサイト

    たまには甲虫

    2010.06.29 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    ヒメアシナガコガネ、だろう(笑)
    このコガネムシ、色の個体差がメッチャあるらしい。斑紋もずいぶんと個性があるんだって・・・。
    この個体は”黄化型”と呼ばれる変異型だねぇ。だって全身、黄色いもんね。
    アップで見ると鱗粉に覆われておりました。
    この全身鱗粉の目的は何だろう?
    体を温める?水をはじく?発香鱗?
    まぁ、生存するためか子孫を残すためか、何らかの理由がちゃんと存在してるんでしょうね。
    なんて事を考えながら(ごめんなさい、そんな難しい事はその時は知りもしないので、なんも考えとりませんでした。)雨で濡れた草むらの中を、靴とズボンをビチョビチョにしながらやたらと歩き回るのって、時間を忘れるくらい楽しいよ(笑)それにしても、ちょっときれいな色してるね。

    今日は素敵ないい日だったなぁ~~

    2010.06.28 文化 Trackback:0Comment:0

    ごめんなさい、邪魔しちゃったねぇ。
    ボクがいきなり現れたから、慌ててここに移動したみたい。
    あぁ~~、悲しいかな、オスが宙ぶらりん。
    ”でも、何があっても決して離れないよ!”(ヒメシジミ♂談(笑))
    っていうか、離れたくても離れられなくなっていた感じ。
    オスは足をバタバタバタバタパタパタパタ、ホントごめんね。
    この後メスの必死のがんばり(?)で、無事にオスも葉っぱの上にあがっとりました、いやはやよかったよ。
    今、スキー場と言う名の素敵な草原はこのヒメシジミだらけ。
    メッチャいっぱい。いいじゃん。

    渡りに思いを馳せる

    2010.06.27 Trackback:0Comment:0

    今日も、ちょっとお暇なお蕎麦屋さん(笑)
    読書dayは続いとります。
    ”渡りの足跡”、一気に読み終えました。
    グルの事もいろいろと書いてあった・・・。
    ボクは”グル”という名で呼ばれているオオワシがいる事は知っていましたが、それだけでした。でも、温かいお話、少しだけ知る事ができたよ。
    渡りの事だけでなくいろいろな事を書かれている梨木さんのエッセイ、とても楽しい時間でした。
    渡りには謎が多いみたいですね。
    そういえばはハチクマは何丁目何番地ほどの正確さで同じ所に戻って来ると書かれていましたが、昨年こちらでちょこちょこ見かけていたハチクマさんは今年一度も見ていません。
    そしてキョロロ~~さんも来てません。
    まぁ長い距離を移動したり生活している所の環境が変わったり風向きがいつもと違っていたり食べられちゃったり老齢だったり、いろいろな事情というものがあるのでしょう。
    来ていない理由というものをついついあれこれ考えてしまいますが、まぁ何かがあったんだよねぇ・・・。そのうち、またここにやって来てね。

    田園のカワセミ

    2010.06.26 Trackback:0Comment:0

    田んぼにポチャ~~ン、よくドジョウを捕っとります。
    通勤途中にあるこの場所。
    朝早く家を出て、まずここでカワセミさんをのんびりと眺めてからーーボクはカワセミをあまり見た事がないので眺めているだけでとっても楽しいーー、ホイホイさんのいる森へと。
    ここでものんびり。
    本を読みながら待っていると、チラリ姿は見せるのですがすぐどっかへ行ってしまいます。忙しないよ、落ち着きがないなぁ(笑) 続きを読む

    今年も

    2010.06.25 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    アサマシジミが飛んどりましたよ。
    ヒメシジミよりもちょっと大きくて羽の青が濃くってさ・・・・、ふふふ、きっとアサマだよ。
    それはもうきれいな蝶。
    パタパタパタパタッ、パタパタ~~~~~~ッ。 続きを読む

    定点撮影、今日の青木湖

    2010.06.24 定点撮影 Trackback:0Comment:4

    久しぶりの定点撮影。
    こんなに久しぶりじゃ、定点撮影じゃないですよね(笑)
    今日は梅雨の晴れ間。
    森の緑はやたら濃く青い空が写る水はひたすら深く、吹く風は涼しくさわやか。
    気持ちいい~~~。
    ここも、もうすぐ夏だよ。

    犬の心の広さと世の中の広さ

    2010.06.23 イヌ、犬 Trackback:0Comment:4

    ボクの達した感覚的結論から書くと・・・、
    犬の心はひたすらに広く、世の中はビックリするくらい狭い。
    ワンコは、擬人的に語る事が許されるなら(っていうか、ワンコにもボクと同じような感情があるんだから擬人的も何もないよねぇ)どこまでもどこまでも寛容な精神の持ち主でメッチャ忍耐強く、そしておおらかで晴れやか。人間にこんな風な人がいれば確実に、悟りを開いた仙人級の人物と称される事でしょう(笑)
    で、世の中についてはね、
    今日、電力会社の人にお家に来ていただいて電気料金のプランについてのお話を伺っておったのですがその話が終わった後の雑談で、やたらと人のところに行きたがるウチのワンコに嫌な顔ひとつせずやさしく頭を撫でて下さりながら、

    電力会社の人「家にも犬がいるんですが家の中に犬がいるのは良いですよねぇ。」
    ボク「そうですね、お家ではなにを飼ってらっしゃるんですか?」
    電力会社の人 「サルーキとパピヨンです。以前にはボルゾイを飼っていいた事があるんですよ。」
    ボク 「えぇ~~、じゃぁひょっとして◯◯さんご存知ですか?」
    電力会社の人 「◯◯サンは犬友達ですよ。」

    びっくり、◯◯サンというのはこのブログにたまにコメントを下さる”ひげおやじ”さん。
    いやぁ、世の中狭いねぇ・・・・。
    え!?そういう事があるのはここが田舎だから?それにしても、人との出会いってなんだかとっても素敵ですね。

    可憐

    2010.06.22 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    という言葉だけでは表現しきれていない繊細でかわいい花、トキソウ。
    見頃を迎えとります。
    ラン科の花って、なんだかとても魅力がありますねぇ。
    この場所には昔、サギソウも自生していたらしいのですって・・・。
    あぁ、サギソウ見たかった。
    ひょっとしてどこかに復活とかしてないかな?
    もし復活してても教えないよ(笑) 続きを読む

    リラックス

    2010.06.21 Trackback:0Comment:2
    少し前に頂いたレモンフレーバーの紅茶を、かぁちゃんと。
    ちゃんと沸騰したてのお湯の中にピッタリ適量の茶葉を入れ、そしてジャストの時間蒸らしてカップに注ぎ・・・。おっと、カップを暖めておくの忘れた。
    ちょうどポンデケージョと言う名のモチモチパンをかぁちゃんが作っていて、それがこの紅茶のお供。
    心のんびり、気持ちリラックス。
    ちょっと幸せの時間。紅茶ってやっぱり良いねぇ。
    美味しい紅茶は、ホント美味しい。あたりまえか(笑)
    あぁ~~~、ごちそうさまでした。

    ちっちゃいよ~~

    2010.06.20 環境 Trackback:0Comment:2

    今日はのんびりと家族で散歩。
    ふふふ、やっぱり楽しいねぇ。
    海野さんのHPを見ていたら福島県でハッチョウトンボを撮られていたので、こっちでももう出てるかなぁと思って久しぶりに訪れて見ることに。
    相変わらずチビは騒ぎまくっていましたが、鳥さんと違ってこのトンボは動ずることなくお気に入り(?)の場所にず~~~っと止まっとりました。しかも、チビが何処からか持ってきた長い棒状のものでトンボの安らぎの時間(笑)の邪魔をしてもまた同じ場所にちゃんと戻ってきて止まっておりました。
    それにしてもこのトンボ、小さいよ~~。一生に一度は見ておかないと(笑)
    ちなみに止まっているストロー状のものは枯れたヨシの茎。ヨシをご存知の方ならその大きさが想像できると思います。
    ねっ、メッチャ小さいでしょ。

    鹿島川

    2010.06.19 環境 Trackback:0Comment:0

    梅雨の今時期はゴウゴウと水が流れておりますが、その他の時はわりと涸れており水が全然流れていません。
    どこで取水して、何に使っているんだろ?
    と思ってちょっと調べてみたら、いつも小春を水遊びに連れて行っている所のあたりに越荒沢堰というのがありそこから取水しているみたい。そういえば疎水のような水路が下流すぐの所にあったなぁ。
    で、当然取水した水は田んぼなどの農地で使うのですが、その他にも防火用水としてや消流雪用水としても使っているそうです。
    この越荒沢堰の歴史は古く鎌倉時代から南北朝時代にかけての争乱の時代に作られたんだって、びっくり。すぐ近くに住んでいたのに全然知らなかったよ。
    イソシギさん、ありがとう。あなたがこの枯れ木に止まっていなかったらそんな事を調べようとは思いませんでした。
    イソシギだよねぇ??
    ボクにはシギはまだまだ難しい・・・、とほほ、でもやっぱりあわてないよ(笑)。

    ユラユラフワフワピューー

    2010.06.18 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    休憩中、見た事のない昆虫(蛾のよう)が目の前を横切っていったので追いかけ、止まった所をよ~~く憶えておいてダッシュでカメラを。
    場所をしっかり憶えたつもりでもじつは憶えきれていないことがメッチャ多いからちょっと心配だったけど、奇跡的に憶えていたらしく再度見つけてカシャカシャ。
    お家で調べてみました。
    この触覚が長過ぎる感じの虫さんは”クロハネシロヒゲナガガ”だと思うのですよ。だって羽は黒いしひげは白くって長いから・・、名前と外見が見事に一致してるよねぇ。
    この地球、おもしろい昆虫居過ぎだよ(笑)
    ふふふ、楽しい、楽しい。ところで、この蛾には長過ぎでオーバースペック感が否めないやたら目立つ触覚、メスの出すフェロモンを捉えるためらしいのだけど、メスと出会う前に鳥さんとかに食べられちゃいそう・・・。
    ちょっとだけ進化の不思議を感じました。

    風にユラユラ

    2010.06.17 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    揺れとりました、ミヤマナルコユリであろうこの植物。
    薄暗い杉林の中でこの花の白さが仄暗くボワワ~~ンと光っているように見え、それがとても素敵な光景だったのでしばし見入っていました。
    杉林の中にも、いろいろな花達がそれこそいっぱい咲きますが白とか緑色の花が多いような気がするのです。暗い林内で生活している昆虫達の好む色が白や緑ということなのでしょうかねぇ・・?
    虫と植物の関係って面白いけどやたら複雑。
    そんな関係の本は好きでいっぱい読むけれど半分も理解出来たコトはありません、トホホ。

    のんびと

    2010.06.16 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    森の中を散歩するのってとっても気持ちがいい。
    でも、鳥を探していると近くのものに目がいかず、花を見ているとこずえの鳥には気が付かず・・・。
    だから鳥は探さずのんびりテクテク。鳥さんはさえずるから分かりますもんね。
    森をボケ~~っとのんびり散歩していると驚きの発見が多々あったりして。
    今日の発見は、この”人面グモ”
    ちょっとしたインパクトが。見つけた時は、あまりにも人の顔だったから笑っちゃいました。
    さてこのクモの名前は・・・。
    コハナグモ・・・、きっとね。
    コハナグモはこの人の顔模様で生き残ってきたんだろうか。どんなメリットがあるのかな。
    でも背中のこの模様にはけっこう個体差があって、ほとんどの個体はこんな風に人の顔には見えない感じ。
    この個体の人の顔模様、生存に有利に働けばおもしろいねぇ。だってこの子孫がいっぱい増えれば、森の中もこの顔だらけで賑やか(笑)

    んんっ、

    2010.06.15 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    セミが・・・刺さっとります。
    今刺したとこかな?
    あまりボクはよく解らないけれど、こんな時期にもやるんだね。っていうかこのセミ横で背中を向けているモズさんが刺したんだよねぇ・・・。
    そうだとしたら、どうしてこんな事やるんだろう??
    突き刺して置いておくと美味しくなったりして。
    遊びの1つという感じもするんだけど・・・。
    それにしても面白いね。

    ”ホホホ、捕まえたセミを枝の先っぽのほうにあるこのとんがった所に刺してっと。
    あら、なかなかいい感じに刺さったわね。しばらくこの横で感慨にひたっていようかしら。それにしてもなんで刺しちゃうんだろう?
    きっと衝動に駆られてるんだけど、その衝動はどうして起こるの?。私の中にある遺伝子がそうさせるのかな。
    いい感じに刺さったり貼り付いたりするとしばらくはハイな気分(笑)” 続きを読む

    ようやく

    2010.06.14 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    山でシジミチョウを見ました。
    やっぱりきれいなチョウ(嬉)
    ヒメシジミと書かないところがエライ(?)
    きっとヒメシジミだけれども、ミヤマシジミかも・・・。
    まぁ、ず~~っと観察してればそのうち違いなんて分かってくるよね、ぼちぼちと。あわてないよ(笑)
    のんびりと葉叢で羽を広げとりました。雨に濡れたから乾かしていたのかな?それとも羽化したて?
    指でツンツンするとヒラヒラ飛んで近くにいたチョウと並んで止まりました。
    おぉ、素敵な光景。
    パチリ。(実際は、カシャカシャカシャ・・・・)
    ヒメシジミはいろいろな所に、それこそいっぱいいるけど小さくてとってもきれい。好きなんだよなぁ、見つけるとしばらく見てしまいます。
    仕事中も・・・・、ウソ。いやウソ・・。んん??羽の模様、ホントきれいだねぇ。 続きを読む

    頼むよ、G5

    2010.06.13 文化 Trackback:0Comment:2

    さっき、突如動かなくなりました。
    電源ボタン長押しでとりあえず落として、再び電源をONに。
    するとどうでしょう、電源インジケータが3回点滅というのを繰り返し続け、モニターはいつまでたってもひたすら真っ黒。
    ”うそ~~、壊れたの?”
    急遽、メッチャ昔に使っていたVAIOノートを立ち上げネットで検索・・・・。
    何だかメモリー辺りが怪しいという事で、蓋を開けてメモリーを抜いたり差したり、抜いたり差したり。
    ついでにホコリだらけだった内部を掃除機できれいにしてみました。
    すると今度は・・・・。
    カチッ、ブワ~~ン、モニターチカチカ。
    ”おぉ~~、復活。”
    大昔のVAIOが活躍しました。古~~いものも時に必要になることがあるんですねぇ。って喜んでいたら、また固まりました。不安・・・・。
    どうやら最初から付いていたメモリーがダメみたい。

    みどり濃く

    2010.06.12 環境 Trackback:0Comment:0

    あぁ、森って気持ちいい。フィトンチッドだよね。
    でも、なんだかちょっと怖い森もあるけど・・・。今日は、素敵な日。
    素敵な場所でとても素敵なご夫妻の作る最高においしい料理を素敵なおもてなしでこれまたとても素敵なご夫妻とご一緒させていただいて、家族で食べてきました。
    最高に気持ちよくメッチャ楽しい時間を過ごしました。
    人生って楽しいね。生きてると、とても素敵な出会いってあるんだよ。
    ふふふ、うれしい。
    チビも、ずいぶんと遊んでいただきまして、まっこと楽しそうにしとりました。
    今日はほんとうにありがとうございました。
    また近々こんな機会を・・・(笑)

    花を見ている時の気持ち

    2010.06.11 文化 Trackback:0Comment:0

    たぶん、やさしい気持ち。あんまり分からへんけど・・・。
    この場所で仕事が出来る事にはひたすらに感謝の気持ちでいっぱいです。
    神様ありがとう。

    大学の頃アルバイト先の旅行で五竜とおみスキー場へ行ったおり、さのさか峠を下っているときに”あぁ、こんなところで花を育てながら生活出来たら最高ですねぇ”とマスターと話をしていたのを今でもよく思い出し、まさか自分がこの場所で仕事今しているなんて・・・・、ちょっとドキドキする驚きを含んでいます。
    神様ありがとう。

    まぁ思うに、どんな経験にも無駄な事はないという事だねぇ。ろくに大学にも行かずにウインドばっかりやっていた頃もきっと無駄じゃなかったはず。だって、海ってメッチャ良いんだよ。
    またマウイに行きたいねぇ。今でもその海の匂いだけは憶えていて記憶を通して匂いをかぐ事は出来るけど、だからよけいに行きたくなるんだよねぇ。
    そうだ、あと肌に流れてくる風の感覚もよく憶えているよ。
    あぁ、いい場所。
    チビも連れて行きたい。
    ふふふ、お休みなさい・・・zzzzzzz・・・・・・zz。

    湿原

    2010.06.10 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    ”パタパタパタ、クルッ、パタパタ、クルッ。”
    オゼイトトンボが飛び始ました。
    う~~ん、全長にしたら6cmほどの小さなイトトンボ。
    こういうちょっと繊細な感じのする生き物にボクは惹かれるみたい。チョウもシジミチョウが好き。
    でも、昨日このオゼイトトンボのしたたかな行動を目撃してしまいました。
    辺りに張り巡らされたクモの糸を巧みに避けながら、巣に捕われお亡くなりになっていた蚊(?)を上手に横取りしてムシャムシャと食っとりました。
    それはもうレーザー探知機のビームが縦横無尽に光っている金庫室に忍び込んだ、ハリウッド映画によく出てくる泥棒といった感じ。ちょっと進んではクルッ、ちょっと進んではちょっと戻りクルッ(笑)
    そして、ムシャムシャ。
    お見事!!まぁ、ボク達からすればわりとマクロな世界でも活発な生の営みが行われておるのですが(当たり前だよね)、あらためて目撃すると心の中にある、ウ~~ム何だろう・・・、何かが反応してちょっと普段と違う感情が発生します。
    何ダロウね・・・。

    お蕎麦を打つということのシアワセ

    2010.06.09 お蕎麦のこと Trackback:0Comment:0

    朝早くーーといってもそんなに早くはないけれどーー、お蕎麦を打ちます。
    最初、そば粉に水を入れ指を立ててクルクル、クルクル、混ぜるのですが、その時強烈なソバの匂いが立ちのぼってきます。
    その匂いに刺激を受けたボクの脳は何かしらの化学物質を分泌し、にわかに心がストンと落ち着くのです。そこからは、日常の邪念めいたものは消えるか隠れるかして心は明鏡止水の境地、澄み渡ります。
    平らに延していくと、ボクの心のでこぼこと荒くれた鋭い突起のようなものもどんどん平らになっていき真っ平らになります。
    でも誠に残念、すぐに色々なものが隆起してくるのですが(笑)

    静かな時間。 続きを読む

    去年の事しか知らないけれど・・・、

    2010.06.08 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    去年も多いと言われていたキビタキですが、今年はもっとおります。
    森へ入ると至る所でピッコロピッコロさえずっています。もっとも、この辺で今さえずっているのはキビタキさんくらいですのでよく目立つだけかもしれませんが・・。
    ところで写真のキビタキさん、あなたは確か昨年もここに来ておりましたな。
    同じ場所でさえずり(お気に入りの枝なのかしら)、そしてそのさえずりのリズム、聞き覚えがありますぞ(あやふやな記憶力なのでアテにはならないけれど)。
    この場所でのあなたの出現率、いまのところ50%程だけど夏になると通るたびほとんどこの場所にいてきれいな声を聞かせてくれますね。
    ボクの夏の風物詩。
    ”ピッコロピッコロ、コロコロロ”だからこのブログ、キビタキさんの写真ばっかになるかも(笑) 続きを読む

    可憐という言葉が

    2010.06.07 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:4

    そのままのとても女性的で繊細なお花。
    このヒメシャガ、日本固有種で準絶滅危惧種だって。
    この花も、掘って持って行っちゃう人がいるんだろうなぁ。
    じつは、ボクもちょっとだけそんな気持ちになりました。(こんな赤裸々な告白、書いていいのか・・(笑))
    思わずそんな気になってしまうほど、とっても素敵な花なのでした。
    ふふ、間違っても盗らないよ。まぁ、欲しい人の気持ちもちょっとだけはわかったけど。
    花ってその場の環境と一緒に見るから良いのさ。鳥もそうだよね。
    静かにその場に佇んで、あぁのんびりと・・・。 続きを読む

    目下、子育て中

    2010.06.06 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    写真はすこし前のヤマガラさんですが、今は一生懸命ヒナ達に食事を運んでいます。
    が、巣を作っている場所がちょっと問題ありだったり・・・。
    今仕事をしているすぐそばのリフト支柱に作っとるのですよ。ボク達もそこで仕事をしないわけにはいかず、相当こちらを気にしながら青虫を運んどります。
    もうすぐそこでの仕事は終わるからね・・。Macのハードディスクがパンパンです。さぁ、写真を整理しよう。
    っていうか外付けのハードディスク買えば良いんだけど・・・。
    それにしても安くなったねぇ~~、でも買えないんだよ(悲)
    そんな事よりも、iPadってMac OS X 10.5 以上でないとだめらしいじゃないですか。
    ぼくのMacはPower PC でOSは10.4.11・・・。
    レパード出たとき迷ったんだけどねぇ・・。
    ダメじゃん。
    アドビのソフトもintel Macだけになっちゃったし、さぁどうしよう。って、そもそもOSがintel Macしかダメだし。
    まだこのMacすごく調子いいのに。
    ふふふ、どうしようって言ったって、ニューマシンなんて買えないんだからどうしようもないんだけどね。 続きを読む

    えっ、今日も

    2010.06.05 環境 Trackback:0Comment:0

    実に気持ちの良い日。
    チビと二人で過ごす時間がちょこっとだけ出来たので、川沿いのとっても短~~い遊歩道?へ。(はたしてあの土手を遊歩道と呼んでいいものなのか。)
    桜の実が地面にいっぱい落ちていて、目ざとく見つけたチビは鋭く反応。
    落ちている実をひたすら、楽しそうに踏んづけまくっとりました。
    そんな姿を見ていると、つくづくおバカな男の子だなぁと思ってしまうのですが、そこはやはりこのチビの父親。
    じつに理想的ともいえるナイスな男の子っぽい行動をしていいじゃないかと、緑濃くしげった桜の葉を通して柔らかくふりそそぐ木漏れ日を受けつつ、感慨深く見つづけてしまうのでありました(笑)
    ”それにしても、踏んづけすぎじゃ!”
    ほんとはカワセミでもいないかなぁと思って行ったんだけどね(笑)で、カワセミ?
    やっぱりいましたよ。
    チビが桜の実を川に向かって投げてた時に”チ~~~ッ”ときれいな背中を輝かしながら、はるか彼方へと飛んで行きました。 続きを読む

    今日も、”う~~ん”気持ちいい

    2010.06.04 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:0

    パクッ、ムシャムシャ。
    おぬしは、なんでも食うのぉ~。
    ハルゼミ全然鳴いていなかったのに、よく見つけました。エゾハルゼミかもしれないけど。ちょっと横になっていたら寝とりましたよ、ビックリ。
    毎朝、早起きしているからかなぁ。
    おやすみなさい・・・zzz.....。 続きを読む

    静な湖

    2010.06.03 環境 Trackback:0Comment:2

    ここのところ、朝トンデモナク気持ちいいです。
    早朝に湿原とかを歩いていると、あまりの気持ちよさに時々笑っちゃうんですよ。ホントだよ。
    だからちょっと気持ちの悪い人になっていたりして。
    誰もいない所でフフフフと・・・・・。

    青木湖は白馬三山が写ります。そしてこの湖は、ちょっとだけ大きいのでなかなか湖面が鏡のようにはならないのですが、まれにべた凪で空気の全く動かない早朝などは真っ平らになり、そんな時はあまりに荘厳とした雰囲気に気圧されてしまい、ボクの心はすっかり時間が止まって遅刻しそうになってしまいます(笑) 続きを読む

    たまには畑のコトでも

    2010.06.02 野菜 Trackback:0Comment:0

    今日、ニンジンの種を蒔きました。
    かなりお高い種ですが、両方とも紫色の甘~~いニンジンが出来るらしい。
    パープルスティックのほうは一度作っていて今年二度目。
    楽しみ、楽しみ。
    でも、うちの畑には発芽したニンジンの双葉をきれいに食べてしまう”憎たらしい”という言葉だけでは足らない超極小芋虫が潜んどるんです。この虫が出現すると、あぁだめだぁ~~。みるみる双葉が無くなっていきます。取っても取っても次の日にはいっぱい動いてムシャムシャ食っとります(笑)。
    早い時期に蒔くと出現率が高いんだよなぁ、という事でちょっと心配・・・。 続きを読む

    タンポポのビックリ

    2010.06.01 草、木、花、生物 Trackback:0Comment:2

    10時の休憩の時、クロスキバホウジャク(スキバホウジャクかも?)がタンポポの蜜を吸っとりました。
    蛾の仲間なんだって。まぁ容姿は見るからに蛾だけど・・・。
    ところでこの蛾、すごいよ。
    ホバリングするんだよ。空中で静止して長い口吻をのばしてチュ~チュ~(笑)。動きもメッチャ速いし昼間にいるし、まったくもって蛾じゃないみたいだね。
    そうそう、タンポポのビックリは・・・。
    3時の休憩の時にもいるかなぁと楽しみにしていたのですが、肝心のタンポポはみんな花を閉じとりました。
    あれ~~? 10時の時より暖かいし、キラキラした陽もまだ照っているのに。
    なんと、なんと・・・タンポポは、朝花を開いてから約10時間後に閉じちゃうんだって。
    びっくり!!
    みんな知ってた? 続きを読む
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。