スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    あっ、キョロロいた

    2010.10.31 文化 Comment:2
    きょうも一日雨。
    かぁちゃんが羊毛フェルトでクマさんを作っていて、なんだか面白そう・・・。
    雨だしボクもなにか作ってみよう。
    それで朝の8時半頃から作り始めついさっきまで作っとりました(笑)
    こういうのハマるんだよなぁ~~。
    でも時間かかり過ぎ。
    出来もイマイチかぁ~、でもね、メッチャお気に入り。
    このキョロロさんは、ボクの宝物の一つになります。
    この写真じゃ分からないけれど、ちゃんと喉の白いトコと尾羽の上の辺にあるブルーもあるんだ(笑)
    こんなのんびりの時間、じつにいいねぇ~~。
    ふふふ、さて次は何を作ろうか。

    PA318913-2.jpg
    スポンサーサイト

    寒い雨の日

    2010.10.30 Comment:0
    寒くなるとなぜか食べたくなってしまう、アイスクリーム。
    ちょっと、変?(笑)

    先週のお休みのとき山ブドウを取りに行ったのですが、目を付けて狙っていた場所は、おサル?クマ?ヒト?に先を越されてきれいに無くなっとりました、トホホ・・・。
    楽しみにしていたけれど、まぁしょうがないねぇ。
    こんなこともあろうかと、昨年採った山ブドウを我が家の冷凍庫に2袋未だ眠らしておったのだ。
    っていうか、あるのすっかり忘れてたんだけど(笑)
    今日は一日雨の予報、じゃぁそのブドウを使ってアイスとジャムを作ろう。
    リンゴもうちにいっぱいあるからリンゴのアイスとジャムもいっしょに作っちゃおう。
    ジャム、作るの楽しい。甘い香りが部屋中に漂うから。
    とても楽しい気分に。
    アイスクリームも作っている時、とてもいい匂い。
    卵白が余るので、メレンゲのお菓子でも作れないかなぁとレシピ本をパラパラ見ていたら、簡単に作れそうなお菓子がありました。
    ”ダックワーズ。”
    かぁちゃんは当然知ってたけど、ボクはこんなお菓子はマッタク知らなかった。
    偶然、家にアーモンドパウダーがあったので、これ作ろう。
    相変わらずちょっと違う感じのが出来上がったんだけど(笑)、これメッチャ美味しいねぇ。

    デロンギのコンプレッサー付きアイスクリームメーカー気になるし、欲しいなぁ~。
    毎日アイスクリーム食べられるよ、ねっ、かぁちゃん。

    A308876.jpg

    夕焼け50分前

    2010.10.29 環境 Comment:2
    このあと、ものすごい夕焼けになりました。
    空が赤く燃えていた。
    写真を撮ろうと思ったら、普通の色に戻ってた(笑)
    そしてあっという間に真っ暗けっけ・・・。
    夜がホント長~くなりました。
    ボクは夕焼け空を見ると、郷愁を覚えてなのかどうなのか、少し切ない気持ちになってしまいます。
    遅くまで遊び過ぎて、家に帰るときっと怒られるんだろうけど、それでもまだ友達と道草を食いながら帰ったこととか思い出したりするからかな。
    そんな時の夕焼け空の色は今でも憶えてる。

    PA298810.jpg

    オレンジ色の葉っぱ

    2010.10.28 環境 Comment:0
    ミズナラが美しく紅葉し、山は艶やかだけどしっとりとした素敵な雰囲気に。
    カラ達が大集団を形成し、鳴き声に囲まれるとちょっと幸せな気持ちになって、ふふふ、楽しい。
    ボクは、カラ達の混群大好き。
    でも、あっという間に去って行ってしまう。
    ”忙しいね。そうか、冬が近いからだね。”
    ほかのみんなも忙しそう。
    そういえばこのあたりは、熊棚だらけ。
    いっぱいドングリを食べないと、冬の間ゆっくり寝られないもんね。
    特にメスはちゃんと胚が着床して子供が産めるように、いっぱいいっぱい食べないといけないし。
    来年は熊の赤ちゃん、たくさん生まれるのかな?
    ドングリの出来がちょっと悪いみたいだけど・・・。

    APA288700.jpg

    冬の足音

    2010.10.27 環境 Comment:0
    冬の気配を身近に感じることが多くなり、まさに季節が移り変わろうとしています。
    緑色からモノクロームへ。
    ホオジロは地面で忙しそうに何やらやってて、カケスはドングリをくわえてウロウロ、ノビタキはまだこの地に留まり、ビンズイも地面でなにやら、タヒバリは樹の梢でツィーツィー、草の中でヒィッヒィッ言ってるのはジョウビタキだろうかルリビタキだろうか。
    あぁ、空気が冷たい。

    PA228294.jpg

    今日、山に雪が降ったよ。 続きを読む

    秋の装い

    2010.10.26 環境 Comment:4
    今年の葉っぱたちは、どんな色を纏うのだろう。
    去年より淡い色彩かな。
    みんなが鮮やかに色づき始めたもんだから、今日、山はとっても素敵な色をしていたよ。
    昨日より今日の方が断然きれい。そして、これからもっともっときれいになっていくよね。
    秋の素敵なコトの一つに、このどんどん変化していく山の装いがあるんだ。
    ところで葉っぱさん、あなたは光に透かして見ると何ともいえずやわらかくって、とてもやさしくなるね。
    ふふふ、”秋もやっぱり素敵な季節”って、今日の山を見てほのぼのと想ったのでした。
    メッチャ、木枯らしの吹き荒ぶ寒い日だったんだけど(笑)

    PA268612.jpg

    静かな時間

    2010.10.25 環境 Comment:0
    しとしと降る秋時雨の中に降り濡つモズが静かに佇み、ゆったりとした空気の流れていた昼下がり。
    しばらくの間眺めていたけれど、一向に動かない。
    それならば、飛び立つまで見ていましょうか。
    遠くに小さくチッ,チッ、とカシラダカの声が聞こえ、葉っぱに落ちる雨音と風にすれる葉っぱの音の他は何も聞こえず、そしてこの場所にいるのはモズとボクだけ。
    気持ちのいい時間が過ぎてゆきます。
    気が付くとそろそろ帰る時間。
    ふいに現れたジョウビタキを目で追っていたその一瞬、モズはいなくなっていた。
    さぁ、ぼちぼち帰ろうか。
    歩き始めたその足下から、ポポポポポと一羽のシギが飛び立っていった。
    うん、明日もまた足を運んでみよう。

    PA258560-2.jpg

    仕事を終えての帰り道、車のラジオからビートルズのノルウェーの森が流れて来た。
    すごく久しぶり。
    心は、よく聞いていた中学生の頃に飛んでいき、しばしとってもとっても懐かしい気持ちに浸り、ちょっぴりシアワセ気分に。

    昨日は

    2010.10.24 環境 Comment:0
    こんなに快晴でポカポカと気持ちが良かったのに、今日は打って変わって肌寒い曇り空。
    そして今は雨が降っています。
    そろそろ北アルプスも初冠雪なんてコトがあるのかねぇ・・・・。
    おぉぉ、ブルブルブルブル。

    あら、最近全然見なくなったからもう南へと行っちゃったかと思っていたけど、まだ居たんだねぇ。
    急いで行かずに、まだここにいて良かったよね。

    PA238333.jpg

    *シュークリーム*

    2010.10.23 Comment:2
    ふふ、甘くて美味しいのがやっと出来ました。
    意外と作るの簡単なんだよ。
    そして、そして、出来たては、あのマサムラのシュークリームよりも美味しいよ。
    そりゃ言い過ぎか~(笑)
    でも、出来立てってやっぱり美味しいねぇ、シアワセ~~~。

    PA238427.jpg

    流れ星

    2010.10.22 Comment:0
    鳥達が海を渡って行くところが見たいな。
    きっとドキドキする素敵な光景。
    船に乗って仕事をしている人はときどき、渡りをしている鳥達と出会うこともあるのかな、あれば素敵だね。
    海を越えて行くのってやっぱり命がけだよね。
    でも、順風に乗って飛んでいる時は気持ち良さそう。
    鳥達も、とびっきりの情景を見て心奪われることってあるのかな?
    「今日は飛んでて鳥肌が立つほど気持ちがいいなぁ~。」
    なんて日はあるよね、鳥達にもぜったい・・・、
    たとえば、流星が飛んでいるこんな夜。

    PA228312.jpg

    今日はねぇ、カスタードクリームを作ろうと思って冷蔵庫を開けてみると、ありゃりゃ牛乳と無塩バターがありませんでした。
    なのでお絵描きタイムになりました。
    シュー生地たちが、
    「早くクリームを中に入れて。」
    って言っとりますが、さてさてどうしよう・・・。

    秋色のモズさん

    2010.10.21 草、木、花、生物 Comment:0
    尾羽をピコピコさせて、大声でギチギチギチギチ。
    秋の色彩がよく似合うね。
    PA218250.jpg

    今日のお菓子はね、 続きを読む

    深まる秋

    2010.10.20 環境 Comment:0
    帰り道はちょうど逢魔時。
    寂しいような物悲しいような気持ちになり、過ぎた夏を懐かしく思い出す。
    でもその寂しさの中、ほんのちょっぴり安らぎの気持ちが存在していたりもする。
    心が不安にも、安らかにもなる、微妙な明るさというか暗さの時。
    そんな気持ちの時、決まってカラスが鳴くんだよ。
    こんな時に鳴いて、お前さんはしみじみ悲哀というものを感じさせてくれるよなぁ。
    ”カァァァ~~ァァ~”
    そろそろオリオン座流星群が見れるんだって。
    でも月が明るく大きいよ。
    渡りをしている鳥達もきっと流星見てるよね。
    方向間違えたりしないのかな、どうなのジョウビタキくん。

    AA198025.jpg

    今日のお菓子。 続きを読む

    来たよ~

    2010.10.19 草、木、花、生物 Comment:0
    今年もジョウビタキくん、やってきました。
    ヒィッ、ヒィッ、って鳴いてたよ。
    冬の間中、また長い付き合いになるね。
    今年はメスとのバトルに負けるんじゃないよ(笑)
    冬鳥達がどんどんやってきて、いよいよあの寒く冷たい冬がやって来ようとしています。
    雪に閉ざされた真っ白の世界。
    きれいではあるけれど。でもそう思える日は多くはない。
    激しく吹雪いている時は、命の儚さを感じ自分の弱さと向き合います。
    そして、晴れて降り積もった雪がキラキラ輝いている時は、命の力強さを感じ自分の中にある楽天家気質細胞が活発に動きだし楽しく幸せな気分に浸ります。
    早く冬が来てほしいような、ずっと来なくてもいいような・・・。
    でも冬ってやっぱり必要なんだよなぁ。

    BA198078.jpg

    あぁ残念、ミルフィーユ・・・・。 続きを読む

    ふふ、今年も

    2010.10.18 Comment:2
    秘密のナメコポイントへ。

    ワハハハ~~~、いっぱい出てた。

    この母なる樹はすごいよ、毎年毎年ニョキニョキ。
    天然だよ、ちょっと早そうだけど。
    少しだけいただいて、晩ご飯はなめこ汁。
    ホホホ、秋だねぇ。
    もうちょっと大きくなった頃また訪れよう。

    PA180196.jpg

    秋のカケスさんは忙しそう。 続きを読む

    遅かれ早かれ

    2010.10.17 草、木、花、生物 Comment:4
    鳥さんを撮っていると身に訪れてくる事、・・・なのかぁ~?
    朝の森の中にはあやしい雰囲気が漂っとりました(ほんとだよ、そういうのって人間にも感じる事が出来るよね)。ちょっと肌寒く、時々薄く晴れる曇り空。
    「ガサガサッ。」
    これから向かう方向から音が聞こえてきました。
    ”ムム、まさかなぁ。でも普通に生息している場所だしなぁ・・・。”
    おバカなわたしは、興味津々足音を忍ばせて先へと進んで見る事にしました。
    そこで見たものは、木道を横切る濡れた足跡(のようなもの)。
    ”うそ~~、この大きさはやっぱりそうなのか~~。”
    ドキドキ、心臓の鼓動が聞こえる中、キョロキョロ見回してみると、そこには・・・・・、
    あれっ?あそこ妙に暗いじゃん。
    その辺りを、未だかつてない程の集中力で見てみると、
    あそこ、耳が2つ突き出てるんじゃない?
    あぁ~~~~なんと、やっぱりいたよ~~。それも、メッチャ立派なヤツが。
    どれくらい対峙していたのでしょう、時間の感覚はぶっ飛んどりましたけど、それでもやっぱりちゃんと写真だけは撮れるんですね。
    シャッター音が鼓動と同じくらい大きく聞こえる中、突如その黒いヤツは大きな音をさせて消えてゆきました。
    神様ごめんなさい、危なそうな所へはもう足跡を忍ばせて進んで行かないようにします。
    好奇心は猫をも殺す・・・。
    みなさんも気をつけて下さい。
    それにしてもほんとに立派な個体だった。
    いつもかなり注意しているけれど、これからはもっと注意しよう。

    PA177868.jpg

    こんなお方がおりました。
    続きを読む

    今日は

    2010.10.16 環境 Comment:0
    宮の森自然園でのんびり過ごしました。
    ホント、のんびりしました。
    お昼までには帰るって言ってたのに帰りそびれて、お昼ごはんに間に合わなかった。
    何でかというと、生き物がいっぱいいたからです・・・。
    とりあえず今この場所はカケスさんだらけ。飛びまくってます。まぁ利口なカケスなので写真には撮らせてもらえませんけど。
    頭上を飛び回っているのは気になるけれど、あまり気にしないようにしてうろうろしていると、今度はいたる所でリスを見かけます。
    今のリスは、クルミ命ですね(笑)
    一所懸命にクルミを集めています(食べています?)
    樹の陰から様子をうかがっていると、ちょっと離れた所をヤマドリの集団がウロウロとしているのが見えました。
    おっと、あれはきっとファミリーだよなぁ、こっちの方へ歩いて来ないかなぁと期待しながら長いこと佇んでいたのですが、リスに気を取られている間にどっかへ行っとりました。
    何枚か撮った写真の中にキジのオスが写っていました。
    あれっ?キジのファミリーだったのかな?キジの幼鳥ってヤマドリとそっくりなんだろうか。ファミリーの容姿はいかにもヤマドリ然としていたんだけど。
    足がしびれて来たので場所を変える事に。
    テクテク歩いていると、アトリがブワ~ッと飛び立って枝に止まったので写真をパチパチ。
    そのときちょっと離れたモミジの樹の上の方で占有行動をしているシジミチョウらしき蝶が目に留まりました。
    ありゃ、あのシジミチョウはウラギンシジミじゃないか。ウラギンシジミって大町にもいるんだ、びっくり。
    もうちょっと下に降りて来て止まらないかなぁって、気が付くと1時間ほど眺めてました(笑)
    その間も、カラ達が忙しなげにあたりをウロウロ、ウロウロしとりました。
    明日も行こ~~っと(笑)
    ふふ、でものんびりしていただけじゃなかったよ。
    お昼からは畑の片付けとかちゃんとやったのだ、と偉そうに書いたけどほんのちょっとだけね(笑)
    かなりヨレヨレ、こんなのソースにして大丈夫なの風残骸的容姿だったけど、サンマルツァーノトマトがまだちょこっと穫れたのだ(嬉)

    そ・し・て・、今日かぁちゃんのお友達からマツタケをもらいました。
    超うれしい。
    お吸い物と松茸ごはんでメッチャ美味しくいただきました。
    あぁ~~、食欲の秋だ~~~~。
    バンザ~~~~~イ(笑)

    PA167846.jpg

    そうだ、今季初アトリさん。

    続きを読む

    懐かしい想い出

    2010.10.16 草、木、花、生物 Comment:0
    奇跡の神様は今年は降りて来てくれませんでした・・・・・。
    来年はまたボクにも降りてきてね。
    でも、昨年この写真を撮った時は奇跡以外のなにものでもなかったのです。
    何日も前からこのあたりでキョロロロ~~と鳴いていたのは確認していたんですが、姿は一度も見る事が出来ませんでした。ホント目の前で鳴いているのにどこにいるのか分からない時もありました。
    そんなモヤモヤした日々が続いたあとの、とある朝。
    その日は諏訪で索道の研修会があったのですが、メッチャ早く起きて怪しい場所へと足を運んでみる事に。
    営巣している場所は絶対にこの森の中だと思っていた所へ長靴に履き替えて車から出て探しに行こうとしたその瞬間、すぐ近くでバサバサという羽音が聞こえました。
    んん、何だろうとその方向を見ると、ビ,ビ、ビックリ!!
    すぐ目の前に居りました。
    こりゃ奇跡だよ、神様ありがとう。
    何でココに居るの?って夢の中にいるような感じでした(笑)
    そんな鮮烈な記憶が頭の中に残っていたので、今年もすぐ近くでキョロロ~~と鳴きまくっていた時はかなり興奮したんですが・・・、野生生物ですからねぇ。
    昨年は、こんな電線のあるような所にも出て来てくれてたのになぁ(笑)

    今年も、もうカシラダカやアトリが群れでやってきていて、今日はこの夏鳥の事をちょっと感傷的に思い出してしまいました。

    P7024895.jpg

    来年もまた真っ赤な素敵な姿を見せてね。

    カシラダカ

    2010.10.15 草、木、花、生物 Comment:0
    いつの間にやらいっぱい来てました。
    もう、冬鳥の季節になったんですね。
    え、写真えらいボケてるって?
    ふふ、そんなのはいつもの事じゃないですか・・・(笑)
    でもどことなく、”秋のちょっと暖かい日、風がそよそよ気持ちよく流れていてついついのんびりしたくなるような午後”って感じしませんか。

    PA157700-2.jpg

    ひとあし

    2010.10.14 環境 Comment:2
    遅かったのか~~。
    ダケカンバはほとんど散っとった・・・。
    でもちょっと素敵な光景、歩いていても気持ちよかったのだ。
    ここは標高1900mの栂池自然園。
    この辺りは1500m付近が紅葉の見頃。ゴンドラの下には暖色系のまさに燃えるような色彩の世界が広がってて、しばし心奪われました。
    クマの目撃情報があるそうなので、赤褐色にきれいに紅葉したミズナラの木の上でムシャムシャドングリ食べてないかなぁ~って探してみたけど見当たりませんでした。そりゃそうか・・(笑)
    それにしても、すごく立派な高層湿原が広がるとても自然豊かな場所。
    絵を描いてるおばちゃんがいました。
    今度は、ワインと絵の具をもってのんびり行ってみるか(笑)

    PA147624.jpg

    おまけ、里では顔に黒さの残ったノビタキさんが立ち寄っとったよ。 続きを読む

    秋は黄金色

    2010.10.13 環境 Comment:2
    キラキラ眩しい。
    葉っぱの落ち始めた林の中は奥まで日が射して明るく気持ちがいい。
    風も、秋の匂いを運ぶのにいそがしそう。
    土ぼこりの匂い、木の樹皮の匂い、カサカサ葉っぱの匂い、そして乾いた空気の匂い。
    鳥さん達もいっぱい、にぎやか。
    歩いていると、いつの間にやらやってきていたカシラダカが慌てて飛び出して、ちょっとびっくり。
    あぁ、もうすぐ冬がやってくるんだね。
    やっぱり冬はやってくるんだ・・・。
    冬がやってくる前にいろいろやっておかなけりゃならない事があったような、無かったような・・・。
    何いってるの!やっておかなきゃいけない事が山のようにあるでしょう!!
    そのままじゃダメなの?ねぇねぇ??
    ダ・メ・!!!
    アップルパイ作るから勘弁して。
    それとこれとは話が別でしょう!でもアップルパイは作ってね。またとっても美味しそうな紅玉もらっちゃったし♡
    うそっ、また紅玉もらったの。うれしい。じゃぁ、煮リンゴで食べようね。
    バシッ!!あなたが作るのはアップルパイでしょ。
    なんて会話はあったような、無かったような・・・。
    ボコボコ、無いに決まってるでしょ。
    (笑)

    AA137558-2.jpg

    それにしても、ゴジュウカラさん、お主の声量すごいね。
    ふふ、いい声だコト。

    静寂

    2010.10.12 環境 Comment:0
    シズカにとても静かに、
    ちいさな、小さな湖で紅葉が始まり、
    心に響く情景が、ボクに秋の深まりをしみじみ感じさせてくれるのです。

    いい場所だね。

    PA120061.jpg

    グサッ、

    2010.10.11 草、木、花、生物 Comment:0
    枝が突き刺さっとる~~、
    ように見えるくらいまん丸になっとった。
    この辺りは今、モズさんだらけ。
    いたる所でチキチキいっとるよ。
    畑、林、河原、湿原、道路(?)、家の前の電線、ボクの頭の中(笑)

    AP9296884.jpg

    少し前のヤマガラさん

    2010.10.10 環境 Comment:2
    さっきテレビ朝日の”奇跡の地球物語”を見てました。
    なんだかメッチャいい番組だった。
    南の島が沈む原因を地球温暖化のせいにしていなかった。ちょっとビックリ。
    東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 教授の山形俊男氏、すごいね。
    エルニーニョもどきが原因だって。
    そして、今は海水面下がっていく方向らしいよ。
    テレビ番組ってスポンサー企業の影響をほぼ100%受けるんですよね?あんまり知らないけど・・・。
    で、この番組はキヤノンの一社提供番組だってさ。
    ほんでもってキヤノン提供という事で福田幸広プロの映像もあったみたいです。
    福田幸広さんはkokotonさんのブログで教えて頂き先日の情熱大陸という番組で、自然の中での撮影の楽しさ、気持ちよさをあらためて感じさせて頂きました。
    地球温暖化という言葉が企業の宣伝としてはあまりにも陳腐化してきたからなのか、キヤノンという企業が素晴らしいからなのか良くわからないですけど、地球温暖化という言葉にお腹いっぱい気味だったボクにはとてもいい番組だったのです。
    物事は見方、捉え方によっていろいろな風に解釈する事が出来、それゆえ真理を見つけるのはむずかしい、ちゅうコトなのだ、ねっ、ヤマガラさん。

    P9256623.jpg

    もう15年も前・・・、

    2010.10.09 Comment:4
    たしか、シマフクロウ。

    幅が三尺くらいある絹の広幅生地に下絵を描いて色を置いていた事があったのです。へたくそ、でもメッチャ楽しい、当時のボクにとっては最高の趣味だったのです。
    その時代、鳥さんなんて全く興味なかったのに”Seven Seas"という雑誌にシマフクロウの写真が載っていて、おぉ、かっこいい、このフクロウをぜひ書きたい、と思って書き始めたのです、が・・・・。
    紙に書く下絵の段階でそれもメッチャ途中で終了してます。
    ホントだったら、この紙の下絵の上に布を置いて、水と(蒸し)で消える青花液で絵を写し糊を置いて・・・、云々・・・、だったのですけども。
    なんと中途半端な。
    でも心の中に小ちゃな小ちゃな炎がポワッと・・・、(ウソです、いやウソとも言えないかも(笑))

    PA047238.jpg

    シマフクロウ見たいな。
    カッコいいよねぇ。

    コン、コン、コン、

    2010.10.08 草、木、花、生物 Comment:2
    アカゲラを最近ちょこちょこ見かけるようになったけど、
    見ない時はどこに行ってるんだろ?
    それとも、樹々の葉っぱの陰とかに密かに潜伏してて気が付かないだけだろうか?
    突然見なくなって、しばらくしたらまた突然見るようになる鳥さんって多いよねぇ。
    ちょっと不思議。

    晴れた日に森で鳥さんを待っているのって、木漏れ日の中にいる居心地の良さ、心地の良さをつくづく感じて、心がとっても楽しい気持ちでいっぱいに。
    それにしても何で気持ちいいんだろう。森で生活していた時の痕跡が遺伝子に残っているからかな。
    そうだよね、お猿だってきっと晴れた日に森の中にいるのって気持ちいいはず。
    鳥さんだって気持ちいいよねぇ、きっと。

    PA067308.jpg

    ガフールの伝説

    2010.10.07 映画 Comment:0
    3Dで観ました。
    前回のアバターはXpanD方式でしたけど今回のガフールの伝説はDolby3D方式。
    眼鏡が軽くてよかった。
    どちらの方式にせよ、見始めてから3Dに慣れるのにちょっと時間がかかるのだ。でも慣れちゃえば、メッチャ楽しめます、ボクの場合は・・・。
    で、この映画メンフクロウが主人公。そりゃぁ観とかないとね(笑)
    ディガーと言う名のアナホリフクロウが出てくるんだけどこのキャラクターがなかなかいいんだよ。他にもいっぱいいろんな種類のフクロウが出てくるよ。
    そして時々ビックリするほどの映像シーンがあったりして、ちょっと感動的。
    ぼくは、いやぁ~~楽しかった~。
    この映画もアバターといっしょで映像がビヨ~~ンと飛び出すのではなくて奥行きで立体感を作ってます。
    そうだ、映画館の中はまたもやボク一人。一応席を選んで座る指定席方式だったけど一人だったので好きな場所に移動してもっとも没頭できる場所で観させてもらいました(嬉)
    映画館で貸し切り映画鑑賞ってとっても気持ちいい(笑)
    それにしても、映画はやっぱりおもろいねぇ。

    PA077354.jpg

    もうちょっと

    2010.10.06 環境 Comment:2
    鳥見を兼ねて大峰の大カエデの所に行ってみました。
    このカエデ、存在感がある。
    真っ赤な紅葉には少し早かったみたいだけど、いつの季節に見てもいい樹。
    一度切られて長い年月を経てのこの大樹。生命力のようなものを感じずにはいられません。幹に手のひらを当てたり抱きついたりしたいけど(笑)、やっぱり杭から内側には入れないよね。
    ちょっと疲れたときに訪れると癒されてメッチャ元気になります、たぶん。
    ふふ、疲れる事が無いのでわかりません・・・(笑)
    今日は平日で紅葉全盛の少し前、静かに樹とお話しする事が出来ました。

    PA067310.jpg

    今日、こんな方達に見つめられました。

    続きを読む

    センブリ

    2010.10.05 草、木、花、生物 Comment:0
    さのさかで初めて見つけました。
    仕事をしている山での初見は、やっぱりうれしい。
    ふふ、煎じて飲む?
    千回煎じてもまだ苦い。ちょっと飲んでみたい気もするけれど・・・。
    シーボルト絡みの逸話が残っていますね。
    夕方に見に行ってみると、花、閉じとりました。
    やっぱり、リンドウ科だからかねぇ。

    PA050009-2.jpg

    チュンチュン

    2010.10.04 環境 Comment:0
    「お米の刈り取りもだいたい終わり、吹く風も冷たくなってきた。
    そろそろあの雲の向こうから白いものが飛んで来てもおかしくないような雰囲気。
    こんな色した黄昏時の空を見ているとちょっと寂しくなるんだチュン。ボチボチ少し南へ移動しなきゃいけないかなぁ?」
    「そうだチュン、そうだチュン。早く行こうよ。」
    同じ電線に止まっている30羽の仲間が一斉に言いました。
    「でもまだまだ食べるものあるから、雪が降るまでここに居てもいいんじゃない?」
    「チュン、チュン、チュンチュン・・・。」

    PA047224.jpg

    先日の事

    2010.10.03 Comment:0
    今にも雨の降り出しそうな朝、スギとカラマツの薄暗い混成林の中を走っていると、フワ~~~ッと鳥さんが道路を横切りました。
    ”おっ!?ヤマドリ??”
    幸運にもすぐ道路脇のカラマツの枝に止まったので見直してみると、なんとフクロウさんでした。
    超うれしい!!
    すぐ横に置いていたカメラを取りだして、でも窓から顔を出すど絶対に飛んで行くだろうななんてコトを考えていたら、そんな心配をよそにサッサと森深くに悠然と飛んで行っちゃいました(笑)
    写真には撮れなかったけど、”ここにもやっぱり居るんだ”と思うとしみじみうれしさがこみ上げてくるのでした。
    冬はさすがにいないのかな?
    吐く息も凍るような冷たい空気の日にまた会いたい。ぜひ会いたい。
    ね、フクロウさん。

    PA037167-2.jpg


    紅玉をもらったので半年前のリベンジで・・・ 続きを読む
     » »
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。