スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    フィィフィ、・・・

    2010.11.30 草、木、花、生物 Comment:0
    気持ちよく晴れたー。
    気持ちよかった~。
    そしてお昼はとても暖かだった。
    からだポカポカ、こころもポカポカ。
    鳥さんも気持ち良さそう。
    鳥だって小春日和の時はやっぱ気持ちいいよねぇ。

    APB301189.jpg

    ベニマシコさん、ひさしぶり。
    でも、真冬はやっぱりいなくなっちゃうんだよね・・・。
    スポンサーサイト

    お家ゴハン

    2010.11.29 環境 Comment:0
    今日、また夜ご飯に好物のギョウザを作って食べた。
    美味しかった~~。ギョウザってなんであんなに美味しいんだろう。
    やっぱり、おうちご飯が一番だね。温かいしとてもくつろぐ。
    最近ますます外メシを食べなくなった。
    でもそろそろあそこの焼き肉屋さんで、ビール飲みながらおいしいお肉を食べたくなってきた。
    そうはいっても、お肉ってだんだん山盛りいっぱいは食べなくてもよくなってくるみたい・・・。
    おいしいお肉を落ち着いた雰囲気でゆっくりのんびりと食べたい。

    そうそう、ギョウザはうちのチビも包むの手伝ってくれる。
    だんだんうまくなってきてるのが、ちょっと面白い。
    この前はフランスパンも、生地を楽しそうに捏ねとった。
    はやくぼくの代わりになんでも作れるようになってね(笑)
    今日はかぁちゃんがシナモンをいれたパンを焼いとるけど、家でパンを焼く最大の魅力は、この焼いている時の何ともいえないいい匂いが部屋中に漂うコトなんだよねぇ~~。
    クンクン(笑)

    PB291123.jpg

    いつも、いきなり。
    山は真っ白、冬になりました。
    朝、この山でミヤマホオジロを見た。
    ふふ、この鳥さんがここに冬を連れてきたのかな。

    寒くなった

    2010.11.28 Comment:2
    かぁちゃんの知り合いの方のお家で、お蕎麦を打たせて頂きました。
    お蕎麦を打つのはやはり楽しい。
    楽しくお話もさせていただき、とても心地いい時間を過ごした。
    なんとそこのお家には生ビールのサーバーがあって、昼間っから調子に乗っていっぱい飲んじゃった(笑)
    だって生ビールってメチャメチャ美味しいですもんね~~。
    そしてさらにお家には素敵な囲炉裏があって、そこでカキやエビやイカを焼いてくれた。
    じつに楽しい休日。

    PB281097.jpg

    ”あっ、オオタカだ。早く逃げなきゃ。”
    ウソです。何も飛んどりませんでした。
    キツツキって、よくこんな感じで振り返って上を見てますよねぇ。
    何考えてるのかな?

    唐花見湿原

    2010.11.27 環境 Comment:0
    久しぶりに行ってみましたが、この場所の秋の風物詩であるミヤマウメモドキの赤い実が全然無かった。
    少ないどころの騒ぎじゃないよ、全くと言っていいほどありません。
    ビックリ。
    なんでだろうね。

    カラ達が何度も何度もやって来て、松の実を集めてた(食べてた?)
    ヤマガラだけじゃなくって、他のカラ達、このヒガラさんとかもみんな、冬に備えて実を貯蔵するのかな。
    きっとそうだね。
    ボ~~ッと見ていると、ヤマガラが一番頻繁にやって来てた。
    そしてすぐ近くのカラマツの樹皮の隙間に隠してたように見えたけど・・・。
    ちゃんと隠した場所覚えてられるんだ~。ぼくより頭いい。
    そういえば電柱の隙間から何やら取り出しているヤマガラさんを、この前の冬に見た事があるよ。

    PB271085.jpg

    北西の風

    2010.11.26 草、木、花、生物 Comment:0
    季節風にとても上手に乗ってた。
    ピタッと、同じ所に止まっていられるんだね。ちょっとビックリ。
    見とれちゃったよ。
    首を延ばしてずっと下を見てたけど、何を狙ってたんだろうか。
    昨日見たノスリはヘビを食べてた。
    ヘビってまだウロウロしてるんだ。きっと暖かい日が続いてたからだよね。

    PB261077.jpg

    昨日、”きみがぼくを見つけた日”という映画を観ました。
    なんだか、ずいぶんといい作品だった。
    タイムトラベルものなんだけどテーマは家族の絆。
    ふふ、いい映画だったなぁ。
    人ってさぁ、歳とともに涙もろくなっていくもんなんだよね(笑)
    観たらきっと泣いちゃうよ。

    ある鳥の死

    2010.11.25 草、木、花、生物 Comment:0
    ボクが通った時、カラス2羽がムシャムシャと食べていた。
    見ると、フクロウだった。
    夜中か明け方近くにきっと車とぶつかっちゃったんだね。
    お昼休みにまた見に行ってみると、羽と大きな骨だけになってた。
    絶え間なく、あらゆる場所で続く自然の営みなるものの存在を、ちょっと身近に感じた。
    他の生き物の肉となり、土に還る。
    有機物、無機物、有機物、無限のサイクル。

    PB250968.jpg

    *Breakthrough*

    2010.11.24 Comment:0
    ボクにとってのパン作りの楽しさにおいて、まさにブレークスルーとなった本。
    すごい素敵な文章で綴ってある。
    パン作りの楽しさと愛情がひしひしと伝わってくる。
    この本を書いた人、”パトリス・ジュリアン”さんの作ったものを食べてみたい。
    白金台にレストランがあって、横浜と恵比寿にカフェがあるらしい。
    白金台ってどこにあるんだろう?(笑)
    もっとも場所が分かってもメッチャ高そうだから行けないだろうけどねぇ。
    図書館で借りた本だから返さなくちゃいけない。
    でもいつまでも手元に持っておきたいから買おうと思って調べてみたら、Oh~~~~~、絶版になっとった、マジ~~~。
    でもまぁ、しょうがないなぁ。
    ちょこちょこ借りに行こう。

    あぁ、パン作るのメッチャ楽しい。
    ボクはなんだか粉を捏ねるのが好きみたい。
    粉を捏ねて、サラサラの粉からは想像も出来ない、いろいろな美味しい食べ物が出来るなんてとっても素敵だよね。

    本の下のインド更紗、そういえば花子さんがくれたものだ。
    ふふふ、大事に使ってるよ。
    随分色あせちゃったけどね。

    今日もパン作り。今一次発酵中だけど、砂糖の代わりに美麻のジジにもらったニホンミツバチのハチミツを使っている。
    出来上がり、楽しみだなぁ。
    あしたジジに出来たパンを一本持っていこう。

    PB240948.jpg

    パン、ちゃんと出来ればいいけど・・・。
    コルビー・キャレイの音楽を聴きながらリラックスして作っているからきっとおいしいパンが焼けると思うよ(笑)
    それにしてもコルビー・キャレイってメッチャきれいな人だねえ~~~。
    あっ、一次発酵終わった。

    今年は木の実が、 続きを読む

    音楽

    2010.11.23 音楽 Comment:0
    久しぶりに、ホント久しぶりに。
    音楽を購入しました、iTunesで。
    買ったのはねぇ、
    Def techの”Mind Shift"とコルビー・キャレイの”Breakthrough"
    やっぱりコルビー・キャレイいいねえ、最高だよ。
    こんな音楽大好き。
    ああ、めっちゃ気持ちいい~~。

    PB210854.jpg

    これこれ

    2010.11.22 Comment:3
    ちび、食べ方あきらかに違うだろ。
    アップルパイはね、パイとりんごは仲良くいっしょに食べるんだよ。
    そうするとね、りんごの酸味とパイのバターがお口のなかで渾然一体となり、えも言われぬ味わいが広がるから。
    明日も作ってあげるから言われた通りに食べてみ。

    でも絶対、別々に食べるな(笑)
    オレオも必ずビスケットをはがして一枚ずつ食べるし。
    そうそう、ちくわを丸ごと渡すとぜったいに指に差して、そのまま差しながら楽しそうに食べる。
    で、試しに2本渡してみると1本ずつ、やはり指に差して V サインをしながら、これまた楽しそうに食べる。
    これはボクも小さい頃は必ずやっていたような(笑)

    PB210914.jpg

    近所の自然園には、 続きを読む

    休日

    2010.11.21 環境 Comment:0
    やっぱりヤマセミ来なかった。
    でも、だんだん周りが明るくなってきて山が赤く染まって来るのを見る事が出来るのは最高。
    空気も気持ちいい。
    まぁヤマセミさん見れればそれにこした事はないけど、どっちでもいい。
    夜明けを見るのは、いかにも生きているという感覚を味わう事が出来るし、素敵な地球に感謝する気持ちもほんの少しだけど湧いてくる。

    ふふ、オシドリのカップルカップルがゆらゆら浮かんどりました。
    この二組はどこへ行くのもいっしょだったよ。
    スイスイ、プカプカ、スイスイ、プカプカ。

    PB210645.jpg

    またアップルパイ・・・。 続きを読む

    畑を終えて

    2010.11.20 Comment:0
    今年は秋野菜を作らなかったので、2週間前に掘り出したヤーコンが最後の収穫。
    面倒くさがらずに大根くらいは作っておけばよかったかな、と思わなくもない今日この頃。
    畑仕事をしていた時間、今はたのしい料理の時間。
    朝はいつもの場所でのんびりリラックスして、そのあとは気の向いた食べ物を作ったり作らなかったり。
    焼きたてのパンって美味しい。ボクの作るへなちょこフランスパンでもやっぱり美味しい。
    なんだかパンって温度がとても重要だよね。こねる時の生地の温度と発酵させる時の周りの温度。
    やはり美味しいパンを食べたいから、そこはちょっと神経を使って。
    シンプルな材料で作るフランスパン、実はとても奥深そう・・・。
    でも、だから楽しい。

    PB200637.jpg

    ルリビタキ

    2010.11.19 草、木、花、生物 Comment:2
    冬枯れ始めた景色の中、鮮やかな色を慎ましやかに纏った素敵な小鳥が立ち寄っていました。
    出会うとうれしい。
    でもすぐにどこかへ行っちゃうよね。
    だから魅力があるのかな。
    春と秋の短い間だけ。

    今日はウソにもあったよ。
    小さく”フィフィ”って鳴いてた。
    品のある喉の赤が印象的で、いつまでも記憶に残る。
    雪が降り積もったときにまた会いたいな。

    PB170540.jpg

    夜長、酔っぱらいの与太話。

    ボクは、とある登山案内人組合の組合員だったりするんです。
    ホームページを作らせてもらったりもしているのですけど、最近というかずっと前からほとんど山に登っとりません。
    何で登らなくなったのだろう。
    以前は春山にボードやスキーを担いで行ったりもしてた。
    今となっては非常に残念でならないけれど、その当時は鳥さんにはほとんど興味がなかった。立山でライチョウいっぱい見てたのに・・・。
    そういえばフィルムカメラで撮ったライチョウの砂浴びの写真があったなぁ。
    初めて北アルプスの山を滑ったときの事は今でもよく覚えてる。興奮したよ。
    だって、そんな所滑る事が出来るなんて思ってなかったんだもの。
    滑ったあと里に下りてきてみんなで行った焼き肉、最高に美味かった。
    最近またなんだか少しだけ登りたくなってきてたりして。カメラをもってのんびり登りたい。
    久しぶりのボクには、家のすぐ近所の爺ケ岳なんてよさそう。コマドリやルリビタキなんかもいるそうだし。
    俄然テント派のボクだけど、はたして今そんな体力はあるのか(笑)
    きっとないだろう、テン場までは行き着けないな。それはそれで、まぁいいかぁ(笑)

    話は全然違うけど、昨日クエンティン・タランティーノ監督の”イングロリアス・バスターズ”観たよ。
    あぁ、最初から最後までタランティーノだった。
    独特の雰囲気、でもこういうのけっこう好きだったりして。
    ブラッド・ピットもいい感じだったよ。
    それにしてもタランティーノってほんと映画オタクだよねぇ(笑)

    かれこれ10年くらい前に撮った、ライチョウの砂浴びの写真あった。 続きを読む

    秋の色彩

    2010.11.18 環境 Comment:0
    秋の彩っていいよね。
    シックでとても落ち着いたトーン。
    うん、心が落ち着く。

    秋は音もいい。
    落ち葉を踏みしだく時のカシュカシュと聞こえる、あの乾いた心地いい音。
    その時に鼻をくすぐる、枯葉の上に薄く薄く堆積している土ぼこりの匂いも、
    なかなかいい。

    そうだ、夜に浮かんでいる月も、秋が一番きれいだ。

    PB170475-2.jpg

    *ギョウザ*

    2010.11.17 Comment:0
    餃子大好き、メッチャ大好き。
    なので我が家で夜ごはんが餃子の時、食卓にはご飯と餃子しかありません。
    作るのも早いよ。仕事から帰ってきてから作り始めて7時には食べられるからね(笑)
    だからまぁ、写真は餃子のみアップで(笑)
    かぁちゃんもメチャクチャ食べるよ。72個の餃子が12,3個くらいしか残りません。
    残ったのは次の日のお昼のお弁当。
    心もお腹もこの上なく満ち足りて、あぁなんとシアワセな。
    餃子、美味しいよね!

    PB170554.jpg

    北海道放浪時代の事、
    美深というところで一日中来る日も来る日も、温泉、読書三昧でひたすらにのんびり過ごしてた時、どういう経緯でだったかは忘れてしまったけれど、以前に他のキャンプ場で知り合いになっていた女の子が一升瓶の日本酒を持って訪ねて来てくれました。
    以前、その女の子の前でボクは、
    「ボクは餃子があればめっぽうシアワセ。毎日でも餃子食べたい。餃子最高~~!」
    なんてコトを焚火を囲み、酔っぱらって熱く語っていたような気がする。
    それを覚えていてくれたのか、そのときその女の子は餃子を焼いてくれて、そのおいしい餃子をつまみながら日本酒を飲んで、人生における幸せの定義と自分の存在意義をお互いの価値観から延々と話し続け・・・・。
    ウソです、すっかり酔っぱらって何を話していたのか覚えとりません(笑)ちょっとだけ覚えてるけど。
    楽しかった、うれしかった。
    彼女は一眼レフで、とても素敵な写真を撮る人だった。
    今でも写真撮ってるのかな?
    ねぇ、花子さん。

    カモシカの住む森

    2010.11.16 草、木、花、生物 Comment:4
    森で仕事をしていると、たくさんの動物が生活しているというその存在感めいたものをいろいろな場所で感じる事が出来ます。
    ホント、たくさんの動物がウロウロしてて飽きる事がありません。

    PB160465.jpg

    野生動物っていっぱいいるよ。
    こっからは酔っぱらいの与太話・・・。
    昔に比べたら種はやっぱり少し減っているかもしれないけど、それぞれの種の中の個体数は増えているような気がする。
    人間の森との関わりにおける生活スタイルが変わってきて、今いる動物達は繁栄しやすくなったのかな。人間も自然の中で生活する動物の一つの種。

    人間以外の動物はバランスを考えて捕り過ぎないように獲物を捕まえているので、良好に周辺の自然環境が保たれているんだと思いますか?
    そんなことはないよねぇ。他の動物だってお腹いっぱい食べたいから、捕れるものなら山盛り捕っちゃうよ、きっと。でも相手も生きるのに必死でなかなか捕れないから、今の状態なんだよね。植物と動物は自身の子孫を残していくためだけに存在している利己的な存在。
    人間は食べたいときに食べたいだけ捕る事が出来る存在。
    だから食べたいものは食べたいだけ捕っても良いんじゃない。遺伝子がそう言ってるよ。
    今の自然のバランスなんて、それぞれの生物の利己的な行動の結果。
    人間が自然環境をバランスよく調整するなんて事はそもそも出来ない、っていうか人間自身が自然環境の一部なんだから人間が何をやったってそれは自然の作用ってこと。乱獲する事も保護する事も・・・。
    すべては自然の事。

    昨日、猟が解禁になったそうで、いつも鳥さんを見に行っているところで、他府県ナンバーの車で猟銃をもって猟犬を連れた人たちがウロウロしてた。
    水鳥でも撃とうとしてたのかな。
    そんな場所でそんな人たちを見るとは思ってなかったのでビックリ。普通に地元の人たちが生活している場所だよ。
    見た時は
    ”この人たちはアホか”
    と思ったけど、それは鳥さんがかわいそうじゃんと思ったからじゃ無かった。
    僕たちが生活する場所だったから。
    でもすぐ近くに水鳥がいたら迷わずそっちの方に行って邪魔してたけどね。そんな他所から来た鉄砲持ちの事なんて知った事じゃないよ。
    毎日この場所に行っていてこの場所の今のこの環境が好きなんだから、鉄砲なんて持って来ないでほしい。
    長い銃身の鉄砲を普段の生活の場で見るとメッチャ違和感あるよ。
    ちょっと久しぶりにムカついた。
    その場所はハイイロチュウヒも飛んでたのに・・・。
    と書いてみたものの、そんなムカついた事なんてすぐに忘れてしまうのでした。鉄砲を持った人なんてどうせすぐにどっか行っちゃうしね。

    ともあれ日本は自然の豊かな所だよ。
    雨はいっぱい降るし、大勢の人は山や川や湖や海や空にある素敵なものに対して無関心だから。

    ね、カモシカさん。

    初冬

    2010.11.15 環境 Comment:0
    山では雪が降っていた。
    冬の訪れを感じさせる冷たい風が頬をたたき体を流れる温かい血を冷やし続けてたけど、心は温かいままだった。
    ふふ、心は風じゃぁ冷たくならないよね。

    ワンコがとってもあたたかい事に改めて気付くんだ。
    心も体も、暖まる温まる。

    PB120139.jpg

    それにしてもツグミ、
    いっぱいやってくるよね。

    *フランスパン*

    2010.11.14 Comment:0
    図書館にいい本があった。
    大抵のフランスパンのレシピにはフランスパン専用粉を使ってモルトを入れるとかビタミンCを入れるとか書いてあり、家にはないし、やっぱり入れないとちゃんと美味しく出来ないのかなと思いなかなか作れずにいたけれど、この本では普通の強力粉を使いモルトも入れないレシピが書いてありました。
    で、作ってみたところ・・・。
    ムフフフフ、ちゃんとフランスパンだった。
    しかもメッチャ美味しい(また自画自賛だけど(笑))
    やったぁー、これならしょっちゅう作れるよ。
    最高のワインのお伴だ、嬉しい。

    PB140448.jpg

    大カエデ、
    続きを読む

    いったいどこ・・?

    2010.11.13 草、木、花、生物 Comment:0
    ワハハハハ、小さ過ぎてどこにいるのか分からないねぇ。
    ふふ、小さな猛禽だから小さく写りました(笑)
    羽は保護色にもなっとるのかな、素敵な鳥だー。
    広大な田園地帯を車で走っている時、しばらく横を並んで飛んどりました。
    それにしても着地地点を見つけられたのは奇跡的だった。
    横に乗ってたかぁちゃんも後ろのチビも興味津々だった、
    いい傾向だねぇ(笑)
    見た時は、あっ、チョウゲンボウだ!と思いましたけど、コヤツ、コチョウゲンボウじゃない??
    えらい低い所を飛んどったし・・・。
    明日、また行ってみよ~~。

    しかし、見事に秋起こしした後の田んぼと一体化しとる・・・。

    PB130408.jpg

    酔い酔い

    2010.11.12 文化 Comment:0
    おかあちゃんのところで夕ご飯をおよばれ。
    ”志も”さんへ顔を出したのはメッチャ久しぶりだった。
    超楽しかったし、温ったかかった、最高だよ。
    こんな素敵なトコロがあって、ぼくは本当にシアワセです。

    うちのチビが、志もさんにあった鉛筆削り付き地球儀を見つけて、
    「大町の場所を教えて」
    ってボクの所へ持ってきた。

    「・・・・・・、にいにが教えてくれるから持っていって聞いといで」


    「よーし、持っておいで。

     ・・・・・・・・・・・・。」

    PB120368.jpg

    写真はその日の朝に見たベニマシコさん。
    で、チビが持ってきた地球儀は・・・、 続きを読む

    ちぃーー

    2010.11.11 環境 Comment:0
    おっ、久しぶり。
    光り輝くブルーの背中を見せながら飛んでった。
    それにしても、きれいな鳥さんだよね。
    ここしばらくこの辺りでは見掛けなかったのでちょっとシアワセ。
    鳥見運が上がってきたな、これは。
    昨日の朝、ハイイロチュウヒの♀も見たし、ふふ。

    そして、青空の広がる頭上ではオオタカが(ハイタカかもしれんけど)気持ち良さそうに飛んどった(嬉)
    きっと、今いっぱいいるツグミやカシラダカを狙っとったな。

    明日はお休み、よ~~し、またヤマセミさん探しにいこう(笑)
    それにしても、見れる日はやってくるのだろうか・・・。

    PB110078.jpg

    遠くで気持ち良さそうに・・・、
    続きを読む

    月の輝く夜に

    2010.11.10 環境 Comment:2
    PB100033.jpg

    秋の夜空に浮かぶお月さまって明るいね。
    子供の頃は、月を眺めているのが好きだった。
    お昼に淡く浮かんでいるお月さんもよく眺めてた。
    最近はゆっくり見なくなったけど。
    空を見て、宇宙の果てに思いを馳せるのって楽しいよね。
    おぼろげながらメリエスの”月世界旅行”を思い出す。
    ほら、お月さんの顔にロケットが刺さるシーンのあるあの映画。
    昔は夜中にテレビで白黒時代の映画をよく放映してた。
    記憶に残っているのは、ジョン・フォード監督の”わが谷は緑なりき”とフランク・キャプラ監督の”素晴らしき哉、人生!”。
    なかでも”素晴らしき哉、人生!”はとてもいい映画だった。
    何度も何度も見たよ。

    情熱

    2010.11.09 文化 Comment:0
    今日の朝、真っ暗なうちから鳥さんを待ち、
    残念ながら目的の鳥さんは姿を現さなかったけれど。

    だんだんと明るくなってくる空を見ているのは、
    何ともいえず気持ちのいいものでした。
    鳥さんを待っている時のそういう時間って、心が落ち着きとてもリラックス。

    また探しに行こう。

    PB099852.jpg

    今日の甘いものはねぇ、 続きを読む

    紅葉の行方

    2010.11.08 環境 Comment:0
    この頃の朝、心がちょっとウキウキとしてくるような気持ちのいい雰囲気が漂い、素敵な一日を予感させてくれます。
    その期待、裏切られる事無くいつもちゃんと素敵な一日になるのです。
    秋っていいよねぇ~~、気持ち良かぁ~。

    ムム、鳥見運が復活してきた気配があるので、明日朝早く起きれたらヤマセミさん探しに行ってみます。
    でもきっと起きれないよ。
    何でかというと、これからチビとかぁちゃんと”カールじいさんの空飛ぶ家”を見るからです。
    おいチビ、夜更かしし過ぎだろう!

    QPB080393.jpg

    仕事がある日の甘いものは・・・、 続きを読む

    ウンチ

    2010.11.07 環境 Comment:0
    カメラを持って、素敵な光景に出合わないかなと林の中を歩いていて、
    こんな♨ホヤホヤ♨ウンチを見つけるとモチベーションがピユゥゥゥゥと一気に急降下・・・。
    奥に見える腐った樹をホジホジした痕跡もありました。
    反射的に慌てて周りを見渡しておりましたが、まぁ居る筈無いですよね、ホントかな?
    そういえば以前、今と同じくらいの時期に見たドングリをいっぱい食べたであろうクマさんのウンチはもっとドロドロ柔らかかった。
    やっぱりドングリ全然落ちてないから食べてないんだろうなぁ。
    今年はホント食べるものが山に無いんだね。
    どうするクマさん、冬眠できるのか?

    気を取り直してテクテク歩き始めると足下から黒っぽい鳥さんがピュ~~ッ。
    何だろうとちょっと追いかけてみると、なんとクロジでした。
    移動途中なのかな?
    この場所は渡りの中継地点になっているらしく春と秋にはいろいろな鳥さんを見る事ができます。
    今日珍しくこの場所でカメラを据えて写真を撮ってられるご夫婦がおられて、お茶をごちそうになりながら30分ほど楽しくお話をさせていただきました。
    どちらから?という話になり、よくよく聞いてみるとなんと我が家と目と鼻の先の超ご近所さん。
    ビックリ!!
    楽しいひと時でした。
    ふふ、ここでノゴマ見たって。
    でも、クマ対策で下草や樹をずいぶん切っちゃったから、だいぶ鳥が少なくなったっていっておられました。
    そして今年はやはり天候がおかしくて冬鳥もまだまだ少ないとの事、コサメビタキもまだ居ましたよって。
    別れてから木陰で鳥さんを見ていると、あらホント、コサメビタキが元気に飛んどりました。
    ウンチにビビったけれどとても楽しい鳥見散歩になったのでした。

    PB070392-2.jpg

    とりあえず撮ったクロジさんと、まだ居たんだねぇのコサメビタキさん。
    続きを読む

    あったか~い

    2010.11.06 環境 Comment:0
    朝は霜が降りて凛とした寒さだけど、お昼はポカポカ暖かい。
    てくてく歩く、それがとても心地良い時間。
    の~~んびり散歩していると、じゃなかった。
    クマの存在におびえつつのんびり散歩していると(笑)、いろんな鳥さんの存在を感じます。
    今はねぇ、ウグイス。
    いたる所で声聞くよ。
    と言っても秋のウグイスさんは”ホーホケキョ”とは言わず、地味に”ジェッ、ジェッ”と薮の中で言っとります。
    そして久しぶりにミソサザイ見た。夏の間はどっか行ってるんだよね、どこ行ってるんだろう?
    アオジもこの頃よく見かけます。
    カシラダカや、ホオジロ達と一緒にいる感じなんだけど。
    今日はアオジさん、やって来たばかりであろうベニマシコと一緒におりました。
    久しぶりに ”フィ、フィ” 聞いたよ、うれしかった。
    あっ、そういえばマヒワも水浴びしとったよ。

    PB069504.jpg

    遠くにいたオスと、すぐ近くに出て来たアオジさん。 続きを読む

    ばったり

    2010.11.05 草、木、花、生物 Comment:0
    あっとっとヤマドリだ。
    気付くの早かったよ、セ~~フ。
    ちょっと近づいては写真を撮り、またちょっと近づいては写真を撮る。
    ドキドキするねぇ。
    過去何度、もう一歩近づけるだろうのその一歩で、動物達が目の前からいなくなった事でしょう。
    動物の、息づかいを感じていると勝手に思い、さらに動物の気持ちを想像し、きっとあなたは今こんな事を思っているんだよねと考えた上、今だ!というタイミングで一歩前へ。
    しかし当然、ボクが考えていたようには動物達は考えてはいず、そそくさと遥か彼方、全くどこへ行ったのかさえも分からない所へ消えてしまうのでした。
    1人、ポツ~ン。そして追い討ちをかけるように、森の薄暗さが寂しさと孤独を倍増し寂寥感ばかりが募ってゆくのです。
    さらに頭の上でカラスが、”カァァ~~~”なんて鳴こうものなら・・・・。

    ヤマドリのオスの若だよね。
    若々しい精悍な表情だけど警戒心ちょっと薄く、そんなんじゃオオタカに食べられちゃうよ。
    なんて考えていたらその帰り道、カケスの羽が散乱している場所が目に止まり、あらら、利口なカケスさんも食べられる事があるんだねぇって、ちょっと思いました。
    お腹の羽らしきものをいっぱいむしっていたので、きっとお腹の辺りから食べるんだよね。

    PB059158.jpg

    初霜

    2010.11.04 環境 Comment:0
    カチカチ空気だった今日の早朝。
    寒いけど気持ちいい。
    頭が冷却されてちょっと聡明な状態、ふふ?(笑)
    目に映るものが普段より鮮明な映像に変換されて、心に入ってきとりました。
    う~~ん、いい朝だった。
    でもお昼にはポカポカ陽気になり、これまた気持ちよかったよ。
    タテハチョウがいっぱい飛んでた。越冬する場所を探してたのかな。
    晩秋と初冬が入り交じった微妙な季節。
    素敵だなぁ、気持ちいいなぁ、やっぱり日本いいなぁ。

    PB049103.jpg

    今日の朝は、 続きを読む

    めっきり

    2010.11.03 環境 Comment:0
    寒くなりました。
    朝、鳥さんを見に行く時はスキーパンツをはき上着も山用のウェアを着込んで挑みます(笑)
    それでも寒いよ。
    もう初冬の雰囲気。
    冬鳥がずいぶんいっぱいやって来た。
    その中にクロツグミがまだいたような・・・。最初にやってきて最後までいるのかな?
    そして、シロハラと一緒にいたような・・・。近くで一緒に葉っぱをひっくり返してたよ。

    リスは相変わらずクルミを食いまくっとる。
    それにしてもきれいに半分に割るよね。どうやったら、オニグルミをそんな風に割れるのか教えてほしい。

    PA167762.jpg

    ブナの葉っぱ

    2010.11.02 映画 Comment:0
    色がとってもきれいな黄色に変化してきました。
    新緑の時も、緑濃い時も、紅葉の時も、そして葉っぱのない冬も、ブナの樹っていつでもとても素敵な姿をしてる。
    そうそう、雨の日は幹がピカピカ光ってるしね。

    連夜、人類滅亡モノの映画、”ノウイング”と、”2012”を観ました、この2本はメッチャ楽しみにしてたのだ。
    がっ・・・・・、不覚にも2本とも途中で何回か寝とった(笑)
    ”2012”は制作費2億ドルだって!! びっくりだよ!
    ふふ、肝心な所で寝ていたみたいで、後半あれっ??ってよく分からない所があったりした。
    けど、もう一回は観ないと思うのだ。
    この2本で一番印象に残っているのは”ノウイング”の中で、主人公のニコラス・ケイジが事故渋滞にはまっているときにすぐ目の前を横に傾いた旅客機が通過しながら墜落するシーン。
    このシーンはなんだかとっても凄かった。リアリティ満点だった。
    この時だけは、お目目パッチリ覚めとったよ(笑)

    PB028975.jpg

    今日の午前中は空の色が青く濃く、快晴。
    メ~~ッチャ、気持ちよかったなぁ。

    のっそ、のっそ

    2010.11.01 草、木、花、生物 Comment:0
    ゆっくり道に出てきて、危なく車で轢きそうになったこのアズマヒキガエルさんは、この後立ち去るまでこの姿勢のままひたすらジッとしとりました。

    「ボクは今、石だからね、石。動かない動かない。そんなに近づいて見たって、ただの石だよ。あぁ、伸びたまんまの左足がつりそう・・・。この人間達、早くどっか行かないかなぁ。
    ちょっと暖かくなったからって、ついつい調子に乗って森から出てきたのが間違いだったよ。」

    動かないのをいい事にしげしげ眺めてみると、イボイボいっぱい、まぁド迫力な姿態だこと・・・。
    貫禄ありました。
    それにしてもヒキガエル、今年はこの山でよく見かけるのだ。数が増えているのかな?
    ついでに、このカエルさんが大好きなヤマカガシもよく目撃。
    カエルが増えればヘビも増え、って事なのか。

    なかなか味わい深い素敵なカエルさんなのでした、あまり触りたくはないけれど(笑)

    PB010341.jpg
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。