スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    昨日は

    2011.02.28 環境 Comment:2
    晴れ。
    今日は雨。
    気が付くと、朝の空気は春の匂いで満たされていた。
    そうか、明日からもう3月なんだ。

    P2270863.jpg

    スポンサーサイト

    生命

    2011.02.27 未分類 Comment:2
    ムササビの死。
    きっと去年の夏に見たムササビさん。
    同じ場所に営巣しにきたんだね、たぶん。
    来ているの知らなかった。
    昨年の夏に見た時、二度とこの場所に来ないようにもっともっと脅かしておいた方がよかったの?
    またやって来るなんてこれっぽっちも思わなかったし、繁殖期が2回あることも知らなかった。
    自然の中で暮すには、いっぱいの知識と経験がいる。

    生命の輝きが無くなってしまったのに、とってもきれいな姿のまま。
    今日一日、生命のこと、自然のこと、いろいろ考えた。
    答えはやっぱり出なかったけど、心の中のある部分が昨日とはちょっと変わったと思う。

    P2270896.jpg

    今年の

    2011.02.26 草、木、花、生物 Comment:0
    クズの葉痕さんのお顔は、ちょこっとおとぼけ顔(笑)
    頭の冬芽アンテナもかわいい。

    「早く春になんねぇかなぁ。朝寒い日がいっぱいあるから、ポカポカした春はまだ来ねぇんだろうなぁ。
    でも、オイラのアンテナは微妙に反応してるんだけどねー。
    別に寒いのはきらいじゃないけれど、やっぱ暖かい方が気持ちいいじゃんねぇ。
    あぁ、ポワポワひなたぼっこしながらウトウト居眠りしたいな~。
    そうだ、太陽さんにお願いしてみよぉっと。」

    P2260854.jpg

    * sandwich *

    2011.02.25 Comment:2
    パンを焼いた次の日の朝はサンドウィッチ。
    いつもはチーズとベーコンだけだけど、今日は家にレタスがあったから一緒にはさんでちょっと豪華。
    おいしぃ~~。
    朝からワインが飲みたくなってしまいます(笑)

    P2252623.jpg

    昨日の夜はめっちゃ久しぶりに、プロジェクターに灯を燈して(こんな表現ちょっと素敵(笑))映画を観ました。
    ブルース・ウィリス主演のSF「サロゲート」
    みんなの評価はあまりよろしくないみたいだけれど、おもしろかったのだ。
    それにしてもブルース・ウィリスは”ええおっさん”になったよなぁ。
    円熟味を増した、渋い演技。
    かっこ良かった。

    ワンコ本

    2011.02.24 Comment:0
    やっぱり、前回読んだ ”ザ・ロード” の余韻を引きずって、なかなか次の本を読めずにおりました。
    やっとこさ読んだ本がこの「バベルの犬」でした。
    主人公は犬にしゃべらせようとするんだけど、たしかにワンコが喋れるとちょっと楽しいよねぇ。
    ワンコがひとりで留守番しているときの出来事を話してくれたら、いろいろおもしろい話が聞けそう。
    でも、留守番中はほとんど寝てるか(笑)

    犬と一緒に暮らしているから、犬の出てくる本はついつい読んでしまいます。
    といっても、あんまり読んでないけれど・・・。
    読んでいるのは、ほとんど翻訳本ばっかりだし。
    そんな中で心に残っている本は、ディーン・R・クーンツの「ウォッチャーズ」とダイアン・ジェサップの「ダミアン物語 神さまを信じた犬」
    おもしろいよ。

    P2242616.jpg

    自然の力

    2011.02.22 環境 Comment:2
    今日の朝は5:30 出勤の日。
    まだ薄暗い中、車のラジオから”プリテンダーズ”の「ドント・ゲット・ミー・ロング」が流れてきた。
    早朝から、とてもいい気分んん~~。
    懐かしい。
    ときにラジオ、いいですねぇ。
    クリックホイールのiPodが壊れてから随分久しい。
    アップルストアの整備済製品のiPod touch を何度買おうと思ったことか(笑)
    でもラジオの魅力を再認識してしまってからは、そんなに欲しくなくなっちゃった。
    今日のように、意表をついて嬉しい音楽が流れたりするからなんだよねぇ。

    P2212566.jpg

    寒い日が続くと、湖だって凍っちゃうんだよね。
    すごい。
    写真を撮った昨日の朝、この氷の上でマガモ(たぶん)達が丸くなって寝てたよ(たぶん寝てた?)。
    鳥さん達もすごい。
    ところでコクチョウはとっくにどっかへ行ってるよね。
    氷の上をテクテク歩いていればいいのになぁ・・・。

    ある初春の情景

    2011.02.21 未分類 Comment:2
    大待宵草とマヒワさん。
    いっぱい積もった雪の中から飛び出している待宵草の実をえらい勢いで食べていたので、ゆっくり近づいてっと。
    一所懸命に食べてるときはあんまり逃げていかないから、ゆっくりもうちょっと近づいてっと。
    「チュリチュリリリ~~」(こんな鳴き声だったかな??)
    あれれ、調子に乗り過ぎたようだ。
    みんな、ちょっと離れた所にある山桜の方に行っちゃった。
    で、そのままのんびり眺めていると、
    「チュリ、チュリリ」
    と遠くの待宵草の所へと。
    今度はもうちょっと用心して近づいてみたりしたけれど、あれれ、またもや
    「チュリリ」と・・・・・。
    そんな事を繰り返しながらかなりの時間、マヒワ達と遊んどりました。
    ふふふ、時間を忘れるくらい楽しかったけど、この時もやっぱりスノーシューを持っていくのを忘れてた~(笑)
    ズボズボズボ、ズボッッ。

    P2182463.jpg

    雪の上を歩き回るのって、なんか知らんけどメッチャ楽しいんだよなぁ~~。

    今日も素敵な日

    2011.02.20 未分類 Comment:0
    とても春めいていて、何ともいえず気持ちのいい日だったのだ。
    ホンワカしてたなぁ~。
    みんなもやっぱりニコニコしていた。
    個々の気持ちって、いつの間にか繋がってその場に大きなネットワークが出来るんだよね、きっと。
    だって、全員ニコニコしてたもの。
    そういう日はホント幸せで楽しい。
    そんないい気持ちの時に、ゲレンデから”スターズ・オン”の「ショッキング・ビートルズ」が流れてきた。
    おおぉ、懐かしい。
    ビートルズの曲をメドレーでカバーしているんだけど、好きでよく聞いていたんだ。
    特にジョン・レノンの声がそっくりなんだよ、びっくり。
    それにしても、懐かしい。
    その時、心は若かりし高校時代に戻っとりました。

    P2182482.jpg

    殺風景な景色の中、際立った色彩をいまだ放ってた。
    このきれいなウスタビガの繭からは糸を紡ぐ事が出来るらしい。
    鶸萌黄色の素敵な糸になるのかな。
    冬にこんな色が目に留まると、
    ハッとすると同時にちょっと嬉しくなってしまうのだ。

    定点撮影、今日の青木湖

    2011.02.19 定点撮影 Comment:2
    全面結氷しとる。
    ちょっと感動的風景。
    朝、道路をブーブー走っていると、斜め前に見える白馬三山がどんどん赤くなってゆくではないか。
    “素敵な、なんと素敵すぎる情景なんだろう”
    と、いたく感動し脳内で、”多量のドーパミンが放出していたのであろうなぁ的素晴らし感覚”がプンプンとする中、今日という日が始まり
    ノホホンと、でもチャキチャキと楽しく仕事をして、
    そして適度に疲れた帰り道、車のラジオから”ポリス”の「見つめていたい」が流れてきた。
    音楽の力ってすごいね。
    その時ボクは、ちょっとした幸福感というものに柔らかく包まれてしまっていたのでした。

    明日も今日と同じくらい素敵な日でありますように・・・。

    P2190817.jpg

    ちなみに2月14日の青木湖は・・・、

    続きを読む

    トラディショナル

    2011.02.18 Comment:0
    という名のフランスパン用準強力粉。
    独特の匂いのする粉。
    今日この粉で焼いてみました。
    残念ながら相変わらず、クープはボチボチ開いているけどエッジが全然立たないので写真は撮りませんでした、とほほほほ・・・・。
    でも味は、中がもちもちでメッチャ美味しい。
    最近ちょっと気付いたんだけど、2次発酵が過発酵になっているかも。
    今日は2次発酵の時間を短くしようと思っていたのに、オーブンの余熱を忘れていて結局いつもと同じ時間に・・・。
    ストーブガンガンで、部屋が暖かすぎるんだなぁ、きっと。
    それにしても、いつまでたってもちゃんと焼けないって事が、強い持続力になっとるよ。
    ちょっと悔しい。でもそれはそれで楽しいんだよねぇ~。
    ぼちぼち・・・・っと。
    ふふふ、いい趣味だこと(笑)

    P2182524.jpg

    パンを焼く前に行ったお山で、ハギマシコさん初めて見たよ。
    地味なイメージだったけど、ずいぶんきれいな鳥さんだった。
    ずぅ~っと近くをウロウロしてたから1時間くらいのんびり眺めてた。
    あぁ、とても素敵な時間だったなぁ。

    * Healing *

    2011.02.17 音楽 Comment:0
    Amazonを見ていたら・・・・。
    アシュケナージの演奏するショパンのピアノソロの全集が、
    ”2点在庫あり ご注文はお早めに”
    となっとった。
    で、ポチッ(笑)

    まだ、”前奏曲”と”ノクターン”しか聞いてないけれど、
    えぇなぁ~。

    P2172230.jpg

    13枚組だからまだまだ楽しみは続くのである。
    チビが寝てからゆっくりと・・・、ね。

    結晶の森

    2011.02.16 環境 Comment:0
    朝、キラキラキラキラと世界が光ってた。
    フーッと息をかけると、
    そのキラキラが舞い上がり空気もキラキラ輝いた。
    その空気のキラキラは、ほんのちょびっとの時間だけだから、
    息を吹きかけた人しか見れないよ。
    とても魅惑的。

    P2160792.jpg

    この前

    2011.02.15 環境 Comment:0
    カラ達に遭遇した日、エナガさん多数もいっしょに行動しとった。
    その場所はいつも行く自然園の隣りにある溜め池の所。
    雪が降ってからは誰も来てないよ、きっと。
    足跡らしきものは一つもなかったのだ。
    ズボズボと深い雪にハマりながら、晩秋によく見た謎の猛禽でもいないかなぁと密かに期待しながら歩いてみましたけど、メッチャ静かだった。
    横を流れる川を覗いてみると、カワガラスが飛んどった。
    あら、冬もいたんだねぇ。

    今度はちゃんとMSRのスノーシュー持って行こう。

    P2102142.jpg

    エナガさんはやっぱり、鳴き声メッチャ耳に心地いいよねぇ~。

    コピ・ルアク

    2011.02.14 Comment:0
    この世の中には、じつに驚くものがいろいろと存在しとりますなぁ。
    いったいどういう経緯で、ジャコウネコのウンチとして出てきた未消化豆でいれたコーヒーを飲んだりしたんだろう・・・??

    お味?
    ハハハ、ボクにはやっぱりマッタクもってコーヒーの味は分かりませんでした。
    しかも、麝香、ムスクの匂いでも強烈にするのかと思っとりました・・・。
    ひょっとして、入れ方失敗したのか!(笑)

    P2140782.jpg

    でも、
    豆をガリガリひいて、そのひきたてで入れたコーヒーだったから、
    ふふふ、そりゃぁ美味しかったよ。

    あおぞら

    2011.02.13 未分類 Comment:0
    空ってやっぱり広い。
    雲に覆われ雪の降っていた午前、でも午後はいきなり気持ちのいい青空。
    あぁ、広くて高くって、そしてなんてきれい。
    こんな日、
    こんな空を飛んでいる鳥はいったいどんな事を考えていたりしてるんだろう。
    気分はいいんだろうか。

    そして夕方、山がちょっと赤くなった。

    今日も一日とっても素敵な日だったのだ。

    A2130762.jpg

    あめちゃん

    2011.02.12 未分類 Comment:0
    今日、お仕事中にあめちゃんを頂きました。
    ”おお、うれしい。”
    眠気覚ましに、さっそく食べようと思って袋を破ろうとしたら、んん?
    龍馬名言集なんて言葉が書いてあるじゃないか。
    どれどれ。

    ”何でも思いきってやってみることだ。
    どっちに転ぼうと人間、野辺の石ころ同様
    骨となって一生を終えるのだから。”

    なるほど、なるほど。

    P2122208.jpg

    そういえば、司馬遼太郎の”龍馬がゆく”は文庫本3巻目の途中でなぜか挫折中なのである。
    なんと16年ほども前から・・・・。

    お家に帰って

    2011.02.11 Comment:2
    お腹減った~~。
    ワインもパンもあるから、とりあえずバターをのせて。
    シアワセ~。
    日本人だけど、こういうのメッチャ美味しいよ。
    もっとも、ちょっと固めに炊いた炊きたてご飯が一番おいしいけどね、ふふふ。

    P2112182.jpg

    静かな場所

    2011.02.10 環境 Comment:0
    初春の自然は静か。
    それにしても静かすぎる・・・。

    P2102161-2.jpg

    この鳥達が通り過ぎる時だけは、ちょっと賑やか。
    おっ!
    シジュウカラの後頭部のまん中って白いんだ。
    初めて気付いた。
    なんだか、うれしい。

    白ワイン

    2011.02.09 Comment:0
    たまに白ワイン、”SOAVE” 飲みたくなります。
    明日パンを焼くからその時に・・・。
    ついでに元気だったらピッツァも焼こうかな。
    日々生活しているといろいろと心配事や気になる事が出てくるけれど、お酒と美味しい食べ物と気持ちのいい音楽があれば、とりあえずちょっと幸せな気分になりますな。

    P2092139.jpg

    いつも見に行っている高原で、松の木のてっぺんあたりでイスカが松の実を食べてたんだって。
    うそ~、まじ~~。
    明日の朝、見に行ってみよう。
    ちょっと楽しみ、でももうどっか行ってていないんだよ、きっと(笑)
    そして、やっぱりオオマシコもウロウロしてたんだってさ。

    ツララ

    2011.02.08 環境 Comment:0
    朝は、メチャクチャ寒い。
    昼は、ポカポカ暖かい。
    夕方はまたキーンと寒くなる。
    そうすると、樹の枝に積もった雪は溶けて水に変わり、
    それから水滴となって落ちてゆくんだけど、一部は先端から落ちずにそこで凍り始める。
    あらためて考えると、ちょっと不思議な自然現象。
    微妙な温度が存在しているんだよね、きっと。

    P2080742.jpg

    この水滴も凍るのかな?

    風の姿

    2011.02.07 Comment:0
    樹々に降り積もった雪が風に運ばれて遠くへ飛んでゆく時、
    風の姿を見ることができるよね。
    その姿は、
    グルグル渦巻きの時もあるし
    一直線の時もあるあるし
    一直線の中に渦が巻いている時もあるし
    ランダムにふわふわ漂っている時もある。
    風はいろいろな表情を持っていておもしろい。
    少なからず、風に乗って空を自由にプカプカと移動している自分の姿を想像したりする。
    ふふ、楽しい。

    P2072138.jpg

    かぁちゃんとまだいっしょになる前、
    ふふふ、
    絵手紙を書いていた事があったのだ。
    このブログでたま~~に出てくる絵はその時の絵手紙の絵だったりする事もいっぱいあったりして。

    ま、ま、かぁちゃん、いろいろありがとね。
    これからも長く仲良く、ゆっくりゆったりと。

    なんて書いてあるか?、そりゃぁ恥ずかしいから秘密だよ(笑)

    半倍数性システム

    2011.02.06 草、木、花、生物 Comment:0
    越冬中だったであろうキイロスズメバが雪の上に落ちとりました。
    死んでないよ。
    触ると、のっそりと脚を動かします。
    この女王バチの体の中には昨年交尾した時にもらった精子をいっぱい蓄えていて、春暖かくなると冬眠から覚めて働き蜂を生み続けます。
    で、生まれてくるのは雌ばっかりなんだって。
    オスの精子でちゃんと受精した卵からは雌だけが生まれます。
    オスは生まれないの?
    雄はですねぇ、未受精卵から生まれます。
    という事は女王バチが蓄えていた精子使い切ると今度は雄だけが生まれるという事なのかな。
    つまり雄は母親のゲノムの半分だけを持っているという事になります(半数体)
    そして秋、
    女王候補の雌がこの母親だけの遺伝子を持った半数体の雄と交尾します。
    すると母親の遺伝子を1/2の確率で受け継ぎ父親の遺伝子を100%受け継いだ働き蜂達(みんな雌)が次の年に産まれます。
    その働き蜂達は母親との間での血縁度は当然1/2となるけど、姉妹間での血縁度は3/4になるんだってさ。
    という事は・・・、
    遺伝子の共有度から見ると、親子の血縁よりも姉妹での血縁の方が高くなるんだなぁ。
    したがって働き蜂は自分で子供を産むよりも、姉妹の世話をしていた方が、自身の遺伝子をより後世に伝えて行く事が出来るのです。
    だから、セッセ、セッセと女王バチの子供(自分の姉妹)のために働くんだそうだ。
    でもホントかなぁ。

    P2060716.jpg

    このキイロスズメバチはこの後ちゃんと、冬眠をするにはなかなか居心地がいいであろうと思われる場所へと移しておきました。
    でもちょっと心配。
    無事に越冬できて、そのうち大きな巣を作って、そしてぼくが草刈りの時に刺される!
    なんて事に、ひょっとしてならないだろうか?(笑)

    あ”~~、

    2011.02.05 未分類 Comment:0
    えらい丸まっちゃった、えらいこっちゃ。
    わ~~、ごめんなさい。こりゃ、イカん(笑)
    せっかくひげおやじさんのお友達の陸ママさんご一家に頂いたのに~~~。
    わざわざ持って来ていただきまして、ほんとうにホントウにありがとうございました。
    超。うれしい、うれしい。
    しかし、あまりお話しする事が出来ず残念でした。
    今度ゆっくりスキーをしにいらして下さいね。

    でも、イカは・・・・・・・・・・、クルン。
    ちゃんと美味しい食べ方聞いておくんだったなぁ、切れ目入れるんでしたっけ。
    クルンとなったけど、味は絶品。
    スルメイカかな?
    イカ、大好き。
    今日はかぁちゃんとチビが夜留守の日だったから、
    いいかげんビールで酔っぱらった男が一人、「バッハの、主よ、人の望みの喜びよ  カンタータ第147番より」を聞きながら大好きな焼きイカを食べている。
    ときに、最高の時間(笑)
    ワンコが横でめっちゃ欲しそうにおすわりしてたけど、
    ”お前さんはイカは食べられないからね、えらいいい匂いがしてめっちゃ食べたいのは分かるけど、腰抜けるのいやでしょ。」
    って、本当に腰が抜けるんだろうか。
    抜けるのなら、ちょっと見てみたい気もするけれど。
    なんとかわいそうな事を(笑)
    そしてかぁちゃん、1人でイカ食べてごめんね(笑)
    でもいいよね、めっちゃ美味しそうなアジ(かな?)の開きがいっぱいあるから・・・。

    美味しいものを食べて美味しいと感じられるってことは幸せだよねぇ。
    あぁ、最高さー。

    P2052130.jpg

    流れる川のように

    2011.02.04 Comment:0
    日々は過ぎてゆき・・・。
    ほとんどはその流れに乗って進んでいるけれど、逆らっている時も。
    でもあっという間にその流れに引き戻され、
    再びユルユルと一緒に進んで行くのである。
    大きな流れに翻弄され、そして時に助けられたりもしながら
    ゆっくりと進み続ける。
    その流れが悠久の時を刻んでくれる事を願いながら。

    P2042127.jpg

    今ね、一緒に働いている方と2人だけで盛り上がっている話題。
    ”コピ・ルアク”
    ジャコウネコの食べたコーヒー豆が未消化のままウンチとして出て来たそのコーヒー豆のことらしい。
    えらい高価な豆。
    映画、”最高の人生の見つけ方”で、ジャック・ニコルソンが飲んどった。
    なんと、”カモメ食堂”にも出てくるらしい。
    あぁ、まだ”カモメ食堂”見てなかった。
    こりゃ近々、必ず観よう。

    そしてこれまた近々、コピ・ルアク飲めるかも・・・。
    ふふふ、かなり楽しみ。

    ちなみに・・

    2011.02.03 草、木、花、生物 Comment:0
    オオマシコだよ(笑)
    ほらほら、胸の赤い色が・・・。
    ははは、まったく分かんないよねぇ(笑)
    すぐ近くに出て来たのに、ピュ~~ッとあっという間に飛んでいっちゃった。
    バイバイ~。
    きれいな写真が撮れれば、そりゃぁいいけれど、でもまぁ見れればそれでいいのだ、うれしいのだ。
    雪の積もった林の中を歩くだけで気持ちよくって楽しい、今日のようにメッチャ気持ちよく晴れた日は特にね。
    ふふふ、オオマシコさん、今年もちゃんとやって来てたんだねぇ。
    よかったよ。
    森林整備が入って、下草をきれいに刈られて萩がずいぶんと少なくなっていたから心配してたんだ。
    またそこに行ったとき出て来てね。

    P2032116.jpg

    椎名誠さん

    2011.02.02 Comment:2
    椎名誠さんの本をよく読んでいた頃、山岳小説や冒険小説もよく読んでいた。
    ちょうど、”あやしい探検隊”シリーズにはまっていた頃である。
    その素敵な世界観に影響を受けたいと思っていたのだけれど、どうやらそんなに影響を受けなかったようだ。
    と言うよりも、残念ながらどうやらボクには影響を受けるだけの才覚が無かったらしい。
    じつに残念なのだ。
    その独特の文章からは、
    もだえ苦しむほどの楽しさを味わわせてもらいましたけど・・・・。
    その後すっかりとご無沙汰になってしまっているけれど、相変わらず活躍されているんだろうなぁ。
    と、今日ちらり思ったのでした。
    そういえば、隔月刊だった頃の「本の雑誌」、いつも読んでいた。
    その当時の号の一つで”透明人間の告白”というH・F・セイントさんの書いた小説が大絶賛されていて、速攻で本屋さんで買って読んだ事を思い出した。
    この本は確かにメチャメチャ面白かった。
    ニヤニヤ笑いながら活字を読んでいたのだ。
    えっ?そんなの読んだ事無いって??
    なんて幸せな方なんだ。
    これからその本を読んでメッチャ楽しい気持ちになれるんだから。

    P1312110.jpg

    んん、新田次郎。
    いっぱい読んだよ。
    戦国時代ものもいっぱい書いているよねぇ。
    でもやっぱり戦国時代物は、司馬遼太郎と池波正太郎。ふふ、ぼくはね。
    そうだ、隆慶一郎も好きだったりして。
    ああっと、津本陽も読んだなぁ。

    池波正太郎の真田太平記に登場する”滝川三九朗”のように生きたいけど、
    そういう気持ち、最近すっかり忘れてた。

    晴れた~

    2011.02.01 未分類 Comment:0
    めっちゃめちゃ気持ちいいーー。

    青い色の空気は春の匂いがしたよ。

    昨日で厳しい冬は終わった、っていう感じがする。
    うれしいような、でもちょっと寂しいような季節の変わり目。
    冬から春・・・。
    いやいややっぱり、ただただうれしいっ。
    春だぁ~~。

    ほんまかいな・・・、ハハハハハ(笑)

    P2010708.jpg

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。