スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    恋の季節

    2011.03.31 草、木、花、生物 Comment:0
    鳥さんたちはどうやら恋の季節のようで、森はなんだか落ち着きがなくちょっと騒々しい。
    そんな森の中にいると、実際この世界にはフォースが存在しているんだよな、という事を実感したりする。
    だって、気が付くとニヤニヤ笑っていたりするから。
    笑顔を作る力って、それは間違いなくフォースの力の一つだよね。
    自然からたくさんの力をもらって、いろいろなものに少しずつ返していくんだ。
    だから自然は大きくて優しくて厳しくて、時にとても切ない。
    ちょっといい加減で曖昧な時があったりもするけど。

    ボクは自然の中にいる。みんな自然の中にいるんだよね。
    大きな大きなパワーを潜在的にもつ自然の中に。

    P3293231.jpg

    明るい時間が長くなってきたり
    不意に土の匂いがしたり
    あぁ春がいっぱいになってきた。

    うれしいなぁ。

    スポンサーサイト

    静かな場所

    2011.03.30 環境 Comment:2
    とても静かになったこの場所で。

    これは、たぬき寝入り・・・か?(笑)
    このタヌキさんの頭上2.5mほどのところにボクは浮かんでおりましたが、ひたすらに寝て(寝たふり?)おりました。
    それにしても、とてもきれいな毛並みだったのだ。

    急に静かになったこの場所で、ボクはちょっとセンチメンタルな気分になっていたんけど、
    タヌキさんありがとう。出会ったおかげで、
    楽しい気持ちがふわぁ~っと心の中に広がったよ。

    P3303234.jpg

    「グゥゥ、グゥゥ、・・・。」

    ”うそ、寝てないよ。
    目をパッチリ開けてアナタの事を気にしているからね。”

    なんて、心和む事があったりして、
    それでもボクの日常はやはり静々と過ぎてゆきます。

    パンは

    2011.03.29 Comment:0
    電気使っちゃうけどボチボチ焼いておりました。
    チビが、”ととのパンが食べたい”っていつも楽しみにしてる。
    今も横で
    「もう一丁パンください~」って言っとるよ。

    P3293202.jpg

    今日はお休み。
    iTunes Store で ”Songs for Japan" を購入して
    コンピューターの前に座って、いろいろなウェブサイトを見てました。
    そして、医療スタッフとして被災地で仕事をされていた看護士さんのブログを読ませていただきました。
    読んでどう感じたかって事を、うまく表現できる文章力なんて持ち合わせていないので書きたくても書けませんが、読ませていただいて本当に良かったです。

    今のボクに出来るのは
    あの日起こった事、映像として見た時に感じた気持ちが、
    いそがしく過ぎ去る日々とともに風化してどんどん忘れて行くような事が無いように、そして自分の出来る事が目の前にあるのに気付かずに通り過ぎていく事の無いように、
    心の一つ所に持ち続ける事だけ。

    一輪の花

    2011.03.28 草、木、花、生物 Comment:0
    近所で、昨年見つけたこの花の咲く場所。
    まだ早いだろうと思いつつ訪れてみると、一輪だけ咲いていた。
    光じゃなく温度に反応して花を開くらしい福寿草。
    春の温かさを感じる。

    P3283194-2.jpg

    待ち遠しい

    2011.03.27 Comment:0
    何がって、それはやっぱりポカポカした春の訪れとともにやってくる植物のまばゆいばかりの芽吹き。
    でもまだまだ寒い日が続いています。
    おまけに昨日は雪もいっぱい降りました。
    しかし今日の昼間は、仕事中にもかかわらずウトウトしそうになるほどの
    とっても気持ちのいい陽気。いや、”しそうに”じゃなくって完全にウトウトしてたな(笑)
    ふふ、柔らかく素敵な春の微風がゆっくり、ゆっくりと、まぶたの上を通り過ぎてゆきました。
    あぁ、春を感じたのだ。
    そうだ、そして時間もゆっくりと流れてました、よねぇ。
    ねぇ。

    BP3273154.jpg

    自然のこと

    2011.03.26 環境 Comment:0
    自然豊かな所に住んでいると、それが当たり前の事であり自然に対する感覚が鈍化する。
    日本に住んでいる限りは、例え都市部に居ようとも自然の息吹は感じたりしていると思うのである。
    それほどに、日本の自然は豊かだと思う。
    日本の急峻な地形と降雨量の多さが一時的な劣悪な環境をリセットしてくれている、・・・んだよね。
    日本という国はこの豊かな自然の上に成り立っているんだよ、違うかなぁ?
    なんてコトを書いてみたりするけれど、じつの処はよく分からないし、案外どうでもよい。
    とりあえず、自然の力は強い(笑)
    ありがたい事なのだ。

    P3032673.jpg

    素敵な時間は

    2011.03.25 Comment:0
    読書の時間。
    楽しい、活字を読むのはやはりとても気持ちいい。
    「ピュタゴラスの復讐」は、やっぱりかぁの”ダ・ヴィンチ・コード”風ストーリーであった。
    分かっちゃいるけどついつい読んでしまうのだ(笑)
    そんな事より、
    村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」
    これ、めっちゃ面白いねぇ。
    むさぼるように読み続け、どっぷりと本の世界へと浸ってしまった。
    で、でも図書館から一巻目しか借りてきてなかったんだよ~~。
    あぁ、続きが気になる、とっても気になる。
    2巻以降はいったいいつ借りに行けるのだろう・・・。そして貸し出し中じゃなく、ちゃんと借りられる状態であるのだろうか??
    ちょびっと心配。
    それにしても、やっぱり村上春樹は純文学の匂いがプンプンする。
    文章表現やねっとりした言い回しなどがボクを虜にして、作品の中にぐいぐいと引き込まれていってしまう。

    ところで、”ねじまき鳥”ってきっとコゲラの事だよねぇ(笑)

    P3253149.jpg

    徒然に

    2011.03.24 未分類 Comment:2
    おばぁちゃん、七ちゃん、家族の事とか・・・。
    おばぁちゃんがいよいよあぶないかもというので、あわてて実家へ。
    病院へと会いに行くと、さすがにしんどそうに寝てた。
    元気な時は、もうちょっと痩せた方がいいんじゃないかというほど太っていたので、今のようにすっかりと痩せてしまっている姿を見ると、以前のそんな面影を重ね合わせることがなかなか出来ず、全くの別人に会っているそんな気分がしてしまうのだけれども、今なお知性の輝きを持つ目を開けてこちらを見つめるその表情は以前のおばぁちゃんのままで、思わずうれしさが込み上げてきたりしたのでした。
    ボクの事をボクだとちゃんと認識して、
    微笑んで、そう確かに微笑んで、
    「来てくれたんや。」
    ってうれしそうに言ってた。
    もう90歳をはるかに過ぎてるのに思考の鮮明度はきっと、ボクよりも明らかにはっきりしていて澄み渡っているだろう(笑)
    子供を8人産んで、みんなを立派に育て上げ、戦争も体験し、今なお微塵もボケてない。
    スーパーおばぁちゃんだ。
    いろいろとありがとう、おばぁちゃん。
    うちのチビをおばぁちゃんに見せると、うれしそうな顔してた。
    家族の大切さのコトを考えた。
    と、やはり震災のことが頭の中にあり、両親を亡くした子供の事、子供を亡くした親の事を思った、想ったよ。
    今はボクには祈ることの他には何も出来る事が無いけれども、長く心に留めておけばその内にボクにも出来る事が何かあるだろう。
    忘れる事無く、心の中に。

    P3223124.jpg

    写真の人物はおばぁちゃんの7番目の息子、七ちゃん。
    花街の一つ上七軒で鳥料理のお店をやっていて、初めて訪れた。
    この”ひっちゃん”、小さいころの印象では”がさつな人物”的イメージだったんだけど(なんて書くと怒られるな(笑))、とても繊細な料理が出てきてちょっとビックリ。
    美味しい料理をありがとう。お酒、伏見の月の桂もおいしかった。

    木崎湖に

    2011.03.21 未分類 Comment:0
    白鳥が来ていましたが、もう北へと旅立って行ったのでしょうか?
    写真を撮った時は10羽ほどがのんびり浮かんどった。
    枯れた葦に隠れながら静々と近づいてみたけど、やはりゆるゆると離れて行ってしまったのだった。
    近々もう一度見に行ってみよう。

    AP3102919.jpg

    自然の中で

    2011.03.20 未分類 Comment:0
    自然の中にいるコト、写真を撮るコト、笑うコト、そして生きているコト。
    あたりまえだけど実はあたりまえじゃないことっていっぱい。
    ミラクルなバランスの上に。
    静かな自然の中にいる事に感謝し笑える事にホッとして、生きているコトを実感する。
    写真を撮る事?
    見事に欲が無くなった。
    といっても、元々そんなには無かったけれど。
    あの心地いいシャッターの音を聞きながら写真が撮れればいい。
    それにしても一枚の写真が持つ力ってすごいね。
    心の深いところ、普段は真っ暗で10年に一度くらいしか明かりの当たらないような所にドスンと稲妻の如く光の射す時もあるし、心の中の光がみんな消えてしまう時もある。
    写真は、撮る人の心も写るんだよね、きっと。

    P3173031.jpg

    それでも季節は

    2011.03.19 未分類 Comment:0
    淡々と進み、今年もうれしい春の便りが一つ届きました。
    昨年も春の雰囲気の漂う中にいただき、”春はブンタン”とボクの頭の中でこの二つが強く結びついてしまっていました。
    とてもうれしい。
    ちょっとしたシアワセ。
    おぉ、マーマレードが作れるんだね。
    一個はマーマレードにしてみよう。楽しみ。

    P3193071.jpg

    笑顔

    2011.03.18 未分類 Comment:0
    雪を二つ丸めて枯れた枝を探してきて、さぁ顔を作ろう。
    やっぱり、怒った顔は作らないよねぇ。
    穏やかに笑った顔を作りたい。
    出来た雪だるまの笑顔を見ていると、気持ちが和んで楽しくなってくる。
    笑顔の力。
    ボクはどんな時でも笑っていたい。
    きっと無理な時もあるだろうけど・・・、それでも笑っていたい。
    テレビを見ていると、どえらい状況なのに笑っている人がいっぱいいる。
    すごい、ホントにすごい。
    その人の心の中はボクなんかにはそりゃぁ全然分からないけれど、考えると涙が出てくる。

    P3180987-2.jpg

    2011.03.17 未分類 Comment:0
    今日はお休みの日でした。
    朝早くにワンコに起こされ、散歩に行ったあとTVのニュースを見て、ネットで原発関係の事を調べたりしておりました。
    テレビからはとても悲しい出来事が次から次へと流され続けていて、今回の出来事の大きさをあらためて強烈に感じ、
    何か出来ないものかという思いはつのるばかりなのだけど、今は祈ることしかできない自分。
    そんな中にあって、人間の心はとっても強く素晴らしいものだという事も伝わってきました。
    皆様の心に平安が訪れますように。

    コンピューターの前に座ってネットを見ていると、かぁちゃんが買物に行くというので、家にいても電気や燃料を使うだけだからと近所の自然園に乗せて行ってもらいました。
    久しぶりのカメラのシャッターの音はやはりとても心地良く、ホッとした。
    鳥達はのんびり、日々の生活を続けてた。
    帰り道は静かに、雪の降り積もった森の中をいろいろな事を思いながら時間をかけて歩いて・・・。

    PA164169.jpg
    今日撮った写真じゃないけれど

    福島第一原子力発電所は、実際の所どうなっているんだろう。
    ウラン235を核分裂させ臨界状態を保つためには、核分裂で飛び出してきた中性子では速度が速過ぎてウラン235が中性子を取り込めず連鎖的に核分裂を起こす事が出来ないので、減速材を使ってスピードの遅い熱中性子にする必要があるそうです。
    その減速材というのが福島原発のような軽水炉型原子炉では水。
    という事は、水が無くなって炉心がむき出しになっただけでは再臨界に達しないってこと?
    それとも、燃料棒の材料はウラン235が3%であとはウラン238だそうで、そのウラン238は熱中性子には反応しないけど、高速中性子とは反応するらしい。
    再臨界するのはこのウラン238が関わっているんだろうか??
    テレビにはとても立派な肩書きの方達がいっぱい出ているのでもっと詳細に教えてほしい。
    そういえば、3号機ってプルサーマル発電してたんだ。

    命がけで、まさに命をかけて働いている方がおられます。
    どうかご無事に、ご無事にこのお仕事を終えられる事を心よりお祈りいたしております。

         

    2011.03.14 未分類 Comment:0
    何度も文章を書こうと思いましたが、書く事が出来ません。
    ボクが出来る事を精一杯に。

    boston.comの写真を見て言葉がなくなりました。
    ボクに出来る事は何があるのだろう・・・。
    出来る事はとっても小さいかもしれないけれど、そして出来る事を少しずつでもと思うのに
    何も出来ない自分がとても歯がゆくて情けない。
    心からのお祈りを

    http://www.boston.com/bigpicture/2011/03/massive_earthquake_hits_japan.html
    http://www.boston.com/bigpicture/2011/03/japan_earthquake_aftermath.html


    3月、まさかの

    2011.03.10 未分類 Comment:0
    パウダー天国。
    雪はそりゃぁそれなりに重かったけど、板が底に当たる事も無くトップも浮くし
    「うそぉ~~、まじーーっ」
    って感じだった。
    極楽、極楽ゥ~~。

    今日は気合いを入れて朝早く起き、この前にフクロウらしき鳥さんを見た場所へ行ってみました。
    が、姿は見れず、いたのは相変わらず大量のマヒワさん達。
    それはそれで楽しいひと時を過ごしその帰り道、来る時にはいなかったオオマシコさんに期待したけど、こちらも全く見掛けなかった(笑)
    でも今年はなんだかバッタリとフクロウさんに出会いそうな気がしてるんです。
    だからのんびり慌てません。
    で、ボードをした後、前々から気になっていた凍った青木湖の上でマッタリしているマガモさん達の所へと。
    静かにゆっくりと姿勢を低くして近づいて行ったけど、そら気付くわね。
    みんなとコトコト歩き出しちゃいました。
    見ていると、なんだかほのぼのしてきてメッチャかわいかったけど、
    ふふ、ごめんね。

    P3102910.jpg

    そして今、フランスパンが焼けました。
    が、今日もやっぱり、あかん。
    メチャメチャ美味しそうな匂いはしとるけど・・・。
    でも、これもまぁ、ぼちぼちのんびりでいいのだよ、ハハハ。
    さぁ、食べよう。

    そうだそうだ、今日の朝、家の前の用水路にミソッチいたよ。
    あわてて飛んでったと思ったら、すぐ近くの杉の樹に止まってきれいな声でさえずってた。
    春を知らせてくれる声。
    春だよ~~~~~~、家にも春がやって来た(嬉)

    朝一番

    2011.03.09 未分類 Comment:0
    朝、
    冬だけ一緒に仕事をしている女の子が
    「お誕生日、おめでとうございます」
    と言ってくれた。
    あれっ、
    「なんで知ってるの?」
    って思わず聞くと、
    「長い付き合いじゃないですかぁ、ホホホホホ」
    って笑ってた。
    そうかぁ、彼女とはもう10年以上の付き合いだよ。

    仕事に出た後、家のコンピューターに
    とても素敵な方からのお誕生日メールが届いてた。
    ふふふ、お互い一つ歳をとりましたけど、歳を重ねてゆくのっていいものですよね。

    あぁ、うれしい一日。
    静かだけど、とってもいい誕生日。

    P3090956.jpg

    そして、家に帰るとかぁちゃんが、 続きを読む

    うれしい

    2011.03.08 草、木、花、生物 Comment:0
    わぁお。
    お母さん、心からありがとう。
    最高じゃん。
    いつまでもいつまでも、お互い元気でいましょうね。

    P3082863.jpg

    ふふふ、がんばって美味しいもの作るか。
    美味しいものって?
    そりゃぁ、やっぱりピッツァとフランスパンだよ(笑)

    雪の表情

    2011.03.07 環境 Comment:0
    空を落ちている時から結晶が見えそうなほど薄く大きな雪が、
    ふわふわ、フワフワ、春を待つ樹々に降り積もり世界は幽玄な趣を見せ、
    ボクは不意に胸がドキドキした。
    物質のエッジが柔らかく優しくなり、ディテールは曖昧になる。
    輪郭にこだわること無いんだよって教えてもらった。

    P3070951-3.jpg

    おっと

    2011.03.06 草、木、花、生物 Comment:0
    すぐ近くに来ちゃった。
    雪の照り返しで黄色がちょっと鮮やかな感じ。
    この時もマヒワさんに遊んでもらった。
    どこを歩いても、
    ”チョリリ、チュリリ”
    マヒワだらけ。
    マヒワって用心深いんだか不用心なんだかよく分からない。
    すぐ近くに来るのに、あそこにいるなぁと思ってちょっとでも近づくと、すぐに遠くの樹に飛んで行ってしまう。
    そしてジッと待っていると、またすぐ近くに降りてきたりする。
    だから雪の積もっているこの場所で、あっち行ったりこっちに行ったりと、ウロウロ、ウロウロ。
    これが、なんだかメッチャ楽しいんだよなぁ~。
    でも時々キツネのウンチが落ちてたりするから注意しないといけなかったりする(笑)
    気持ちのいい日に自然の中にいると、とっても楽しい。ホント楽しい。
    残念なのは、時間がメッチャ早く過ぎていってしまうことなのだ。
    ひょっとして、歳をとってきたからっていうのもあるのかもしれない・・・(笑)
    四十ウン年分の一日。
    やはり、時間は相対的なものなり。
    P3032740.jpg

    うれしい

    2011.03.05 Comment:0
    もらっちゃいました。
    気になって読みたかったりしてたから、超うれしい。
    楽しみに読もう。

    きちんと暮したいけど、きちんと暮すのって難しいね。
    ハハハ。

    P3052858.jpg

    寒の戻り

    2011.03.04 環境 Comment:0
    風が冷たく、寒い日だった。

    B3032637.jpg

    気持ちよさそ~

    2011.03.03 環境 Comment:0
    少し強めに吹いていたこの場所の風をつかまえて、
    とっても気持ちよさそうに飛んでた。

    雪も随分と少なくなり、スノーシューが無くても楽に歩けるようになったこの場所を、一人のんびりテクテクと。
    今日はメッチャ気持ちのいい日だった。
    ”あぁ、こりゃ楽しいなぁ~”
    と、独り言をしゃべってました。
    そんな時、森の中から声がしたような気がして入っていってみると、目の前をフワワ~~っとちょっと大きめの鳥が飛んで行った。
    見た瞬間、おぉ~フクロウだよって思った。
    でも、ノスリだったかも。いやいや、ありゃフクロウだ。だって顔が平べったく見えたもの。
    飛んで行った先をちょっと探しに行ってみて、戻って来るとまた同じような場所から一羽飛んで行った。
    あれれ、戻ってきてたのかな?
    それともひょっとしてつがいだったのかな?

    それにしてもトビは、ほんと気持ち良さそうに飛ぶなぁ。
    いいよなぁ~。

    P3032747-2.jpg

    今日は久しぶりに鳥さんいっぱい見たよ。
    上から”チョッチョッ(こんな声だったかな?)”って騒々しく聞こえてきたから見上げてみると、
    はるか頭上の高い松の樹の梢に、

    続きを読む

    晩ご飯

    2011.03.02 Comment:0
    今日の楽しい楽しい夕ご飯は、ハンバ~グゥ~~ッ。お腹もグゥ~~。
    やったぁー、ハンバーグ大好き。
    うちのチビが今、”こんなの食べたくな~~い”と言っとる。
    えっ!!うそ、耳を疑う発言!
    子供というものは例外なく、こぞって、百人が百人ともハンバーグが超大好きと相場が決まっとるだろう。
    じゃぁ、みんな食べちゃおう(笑)

    P143022636.jpg

    結局、なんだかんだ言って、美味しそうに食べとった。
    そりゃそうだ、なんて言ったってハンバークだもんね。

    タイムスリップ

    2011.03.01 Comment:0
    朝、車のラジオから浜田省吾の「ラストショー」が流れてきた。
    その瞬間、心は学生時代にタイムスリップ。
    心の底から懐かしく思っちゃった。
    今から思えば全くもってたわいのない事で悩み、毎日気楽に女の子の事ばかりを考えて過ごし、海とバイトにうつつを抜かし学校に全く行かなくても全然平気で、にもかかわらずどんな事も出来るし何にでもなれる輝かしい未来が待っていると思っていたあの頃。
    それにしても、なんておバカだったんだろう(笑)
    でも、無駄な事をしていたんじゃないんだよね。
    海はボクの心を豊かにしてくれたし、バイトは料理を作る喜びを教えてくれたし、女の子はメッチャかわいかった(笑)
    あぁ、懐かしい。
    やっぱ、音楽はいいね~。

    P3012634.jpg

    中学生の時、初めて女の子に電話した時の事も妙に鮮明に思い出しちゃった、ふふふ。
    そりゃぁドキドキしたさー。
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。