スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    あっ、

    2012.03.31 草、木、花、生物 Comment:0
    ふいに、目の前を小鳥が横切った。
    なんだったんだろう。
    カメラを取り出して、静かにテレマークスキーの板を進めて探してみると、
    いた、いた。
    おっ、キバシリじゃん。
    うれしい、じゃん。
    遠くからでも、お腹の白さがよくわかる。
    カシャ、カシャ、カシャ、とシャッターを押して、ボクは静かに滑り去ったとさ。

    ふふ、シアワセのひととき。

    P3294269-Edit.jpg

    スポンサーサイト

    なんだかんだいって

    2012.03.30 未分類 Comment:0
    春だねぇ~。
    キベリタテハが冬眠から覚めて雪の上でカラダを温めていた。
    と思う、。
    はたして雪の上でもカラダは温まるのか(笑)
    そして、いつの間にかどこかへと飛んで行っていた。

    フフフ、春だよ。
    ウ~ン、気持ちいいー。

    P3304365.jpg

    過酷な冬を越えたのに羽はとてもきれいだった。

    結氷

    2012.03.29 未分類 Comment:0
    あれれ、今日の朝、湖が凍っとった。

    あぁ、きれい。

    P3294227-Edit.jpg

    天候

    2012.03.28 未分類 Comment:0
    異常と言えば、やっぱり少なからず多少は異常というコトになるのだろうな。
    この時期にこんなに雪が降ってはいかん。
    いやはや、ビックリするくらい降ったよ。
    みるみる積もって、きっと30cm。

    ボクがこっちに住むようになってから3月末にこんなに雪が降るのは初めて。
    きっと、異常気象だ。
    これもそれもみんな化石燃料使用によってCO2排出量が増加することによる地球温暖化が原因なんだ。
    とは、ボクはこれっぽっちも思わないよ(笑)
    そういえば最近、ホント温暖化のことは聞かなくなった。
    ところで、火力発電所はやっぱりCO2をいっぱい出すのだろうな。
    物事にはいろいろな側面がある。
    だからよく考えてもわからないことが数多く存在している。
    それを逆手に取って都合のいいようにみんな利用したりしてる。
    なにが真実でなにが真実じゃないんだろう。
    もっとも、真実なんてものはきっと存在していないんだろうけれど。
    当たり前のことを当たり前にやればいいんだよねぇ。
    ゴミは捨てないとか、食べ物を粗末にしないとか。
    いろいろ考えると、考えることが山のように出てくるので、ボチボチほどほどにして、ボクは人に迷惑をかけないように楽しくやりたいことをやって過ごすのだ。
    だから、フフフ、明日は内緒で少し滑るかも・・・(笑)

    P3284214-Edit.jpg

    ミレニアム2

    2012.03.27 Comment:0
    読み終えた。
    下巻の終わりの方で、超ド級の展開。
    久しぶりに意表を突かれた。
    メッチャ面白いじゃん。
    そして今、第三巻を読んどる。

    ふふ、おもろいよ。

    P3274210-Edit.jpg

    松本

    2012.03.26 未分類 Comment:0
    朝出掛ける時、家の周りは雪降る冬景色。
    松本へ到着すると、少し肌寒いけれど気持ちのいい春の青空が広がっとった。

    こういう日は公園だね。

    チビと一緒にあがたの森公園に行ってみた。
    とても気持ち良かった。
    チビは走り回っていたけれど、ボクはのんびりと散歩。
    スズメやカワラヒワ、ツグミ、ムクドリやヒヨドリが楽しげに鳴いていた。シジュウカラも水浴びをしたあと枝の上で気持ち良さげに羽繕いしていた。

    ホノボノ~、だった。

    P3264161-Edit.jpg

    極楽じゃ

    2012.03.25 未分類 Comment:0
    一緒に仕事をさせていただいている方から朝、米麹と青唐辛子(こしょう)で作った激辛米麹こしょうをいただきました。
    作り方を聞くと、極秘、門外不出とのコト。
    でも、食い下がると教えていただけそうな感じだったので気が変わるのを楽しみに待つ事に(笑)
    アツアツのご飯にのせて食べるのが一番美味しいよ、と教えていただいた。
    そして、そのすぐあと別の方からウイスキーをいただきました。
    そろそろ冬のシーズンが終わるからですって。
    嬉しい、ウレシイ。

    で、メッチャ久しぶりにウイスキーを飲みながらつまみに激辛米麹こしょうを食っとるわけなのです。
    ホホホホ、幸せだ~。
    激辛米麹こしょうはウイスキーにも、とっても合うのであった。
    あぁ、極楽極楽。

    にしても、えらい辛いぞよ。

    P3254154-Edit.jpg

    ヒィー、ヒーーッ(笑)

    時の流れ

    2012.03.24 未分類 Comment:0
    超高速で時間が流れてる。
    何をするでも無いまま時は流れ、気が付けばこんな歳になっていた。
    時々、自分がこの世に生を受けた事の意味を考えたりするけれど、意味なんてものはちっとも思い浮かばない。
    きっとそんなものは無いのだろう。
    というか自分で勝手にその意味を創造し、過ごしてゆくのがよろしいのではないのか。
    そこで、自分なりにその意味なるものを考え続けていたところ、ボクの場合はボクと係わりのある人達とボク自身が楽しいと感じるように付き合っていく事こそがその意味なのではないのかとの思いに最近至ったのであった、ハハハ。
    どういう事かというと、ボクが楽しくお話をしているときっと相手の方も楽しくお話をしてくださっているのではないのかな、と思い、その時は双方共に楽しくシアワセなひとときを過ごしているというコトになるはずでそれこそが人生において何よりも意味のある事なんじゃないかと。
    今、ボクの周りには素敵な方達がいっぱい、それこそ山盛りいてくださる。
    フフフ、いいじゃん。
    ずっといてくださればいいのだけど。

    P2283740-Edit.jpg

    テクノロジーと自然

    2012.03.23 未分類 Comment:0
    フフフ、どっちも素敵。
    この二つは案外、相性がいいのかもしれない。

    P3234139-Edit.jpg

    足跡

    2012.03.22 未分類 Comment:0
    うさぎの足跡がいっぱい。
    いったい、いつ活動しているんだろう。
    明け方かなぁ。
    夜中かなぁ。

    ピョーン、ピョン、ピョーン。

    うさぎは雪の上でも、土の上でも、草の上でも、とっても速く走る。

    ピョ、ピョ、ピョーン、ピョン。

    脱兎の如く。

    「始めは処女の如く、後は脱兎の如し」、は孫子の兵法。
    なるほどねぇ。

    P3204091-Edit.jpg

    春の樹

    2012.03.21 未分類 Comment:0
    いつまでもいつまでも雪が降り、繰り返し繰り返し寒い日がやってくる。
    でも、春の雪は好き。
    朝はビックリするくらい素敵な情景を見せてくれて、昼にはすぐに解けちゃうから。
    儚さの中にしかない非常に繊細な美しさがある、ような気がする。

    P3214130.jpg

    美しい森

    2012.03.20 未分類 Comment:0
    今日の朝のこと。
    森の樹々達は素敵な青空のもと、とても官能的に輝いていた。
    しばしの間、我知らず見入ってしまっていた。
    それにしても、森の表情の豊かさには常々驚かされる。
    それは日本の自然環境の多様性と同義と考えていいのではないのだろうか。
    この日本で生活していている事を心より満足し楽しんでいるゾ、と感じるひととき。
    そして、自然はひたすら強く、人の心はひたすら弱い、とボクに教えてくれる。

    森は美しく、樹々は常に生命力に満ちている。

    P3204121.jpg

    休日

    2012.03.19 未分類 Comment:0
    久しぶりに、チビといっしょに滑りに行きました。
    少し前まではまだまだ幼児であったのに、今はすっかり少年の面持ちを見せており子供の成長の早さには驚かされると同時に嬉しくもあり、でも少し寂しくもあった。
    ボクよりも滑るのがうまくなる日も、案外近いうちにやってくるのだろう。
    今は子供特有の素直さがありとてもかわいいと感じる、と同時にその事がとても腹立たしく感じるコトもあったりする。
    子供はやはり小悪魔なのであろう(笑)

    それにしても男の子はアホだよなぁ~と思う。
    今も裸になって、かぁちゃんに薬を塗ってもらっとるんだけど・・・・、
    アホだ~(笑)

    P3133998-Edit.jpg

    春の雨

    2012.03.18 未分類 Comment:0
    少し物悲しく感じる。
    独特の匂いと雰囲気がある。
    ボクは春の雨はあまり好きではないのだけれど、ネクタイを締めてスーツと着るコトほど嫌いかと言われればそこまでの事はない。
    寂しさの中に温かさがあるからだ。
    そういえば晴れた日の想い出よりも雨の日の想い出の方が多いのはどうしてなんだろう。
    雨の日の学校の教室の匂いもよく憶えてる。

    P3113987-Edit.jpg

    コガラ

    2012.03.17 草、木、花、生物 Comment:2
    この時は、久しぶりにコガラさんを見た。
    相変わらず忙しそうに飛び回ってたよ。
    見ていると、やっぱり空を飛べるっていうのはいいなぁって思ってしまう。
    自由、っていうイメージ。
    でも空を飛べても彼らは彼らなり、生き続けていくのは大変なのだろうな。

    それでも、大空を飛べるのはいい。

    P3093926-Edit.jpg

    にぎやか

    2012.03.16 草、木、花、生物 Comment:0
    朝、小鳥達のさえずりでとても騒がしい。
    春だねぇ~。
    このカワラヒワといっしょにアトリがおった。
    そういえばアトリさん、今シーズン初めて見たねぇ。
    高い樹の梢ではホオジロが美しくそして力強くさえずっとる。

    う~ん、気持ちいいったら。

    P3164071-Edit.jpg

    ジューイ、ジュ~~イ。

    松本平ブラッククイーン

    2012.03.15 未分類 Comment:2
    少し前にいただきました、メッチャうれしい。
    でも、まだ飲んでいません。
    うぅぅ~、気になる、気になる。
    このワインに合いそうなお料理を作った時の飲むのだ。
    ブラッククイーンなんて、フフ、とても素敵な名前。

    日本のワイン、どうなんだろう。
    美味しいのだ。
    山梨のどこのシャトーだったかすっかり忘れてしまったけれど、カベルネ・ソービニョン種のフルボディのワインを飲んだとき、あまりの美味しさにクラクラきた事があった。
    (えらそうに・・・ゴメンナサイ、ワインの味なんてじつはよくわからないよ)

    美味しいワインの印象は、ウ~ン、うまく表現出来ないけれど、口に含んで舌に触れた時の感じが、いい温泉に入った時に肌が感じる何ともいえない丸く柔らかな物質に包まれているんだという感覚にとてもよく似ている。
    トゲトゲしてなくて丸く柔らかく優しく、それでいて重量感めいたどっしりとした存在感があるっていう、ほらほらそんな感じの(笑)

    フフフ、さぁいつ飲もう。
    あぁ、楽しみ。

    P3151423.jpg

    春の便り

    2012.03.14 未分類 Comment:0
    今年も春の便りが届きました。
    ウフフ、うれしい。
    毎年頂くのを楽しみにしている自分がいたりして(笑)
    いただくと、あぁ春だなぁ~って思う。
    いつもこんないいものを届けてくださって、ありがとうございます。
    オイラはホント幸せ者だ。

    でも今日の朝は真冬の寒さだった。
    -12℃・・・。
    真冬の寒さじゃん。

    P3141415.jpg

    大雪

    2012.03.13 未分類 Comment:0
    昨日から今日の朝にかけて真冬並みの積雪があった。
    こちらに住むようになって、3月のこの時期にこんなに積もったのは初めて。
    結構いい雪が降っとったよ。
    山は真っ白。
    無垢な景色が目の前に広がり、心がすっかり洗われ、しばらくボクの精神はとても純粋な状態で落ち着いていた。
    3月の雪はなんとも素敵なのであった。

    P3134024-Edit.jpg

    ジョビ子さん、すぐに逃げていっちゃった。

    ドラゴン・タトゥー

    2012.03.12 Comment:0
    超話題本をようやく読んでみた。
    文章は柔らかくやさしいけれど力強くもあり、とても好きな文体。
    ストーリもなかなか面白かったけれど、けれど、ヴァンゲルさんだらけでしかも時代に幅がありすぎて、このヴァンゲルさんはだれの子供だか孫だかがさっぱり分からなくなることしきりで、このヴァンゲルの多さにはさすがに困った(笑)
    読み終えた今もよく分かっていなかったりして、ハハハ。
    そしてすぐさまミレニアム2を買ってきて、今むさぼり読んどるのであった。
    フフフ、面白いじゃん。

    それにしても、あいかわらず早川の装丁はいけてないねー(笑)
    そして、やっぱりしおりが無いからちょっぴり不便。

    P3121403.jpg

    3月11日

    2012.03.11 未分類 Comment:0
    仕事をしながら山下達郎のサンデーソングブックを聞いてた。
    2時46分に黙祷し、ときどき、ホントときどき考えることを考えていた。
    ボクがもし津波に流されもうダメだろうなと思った時、何を思うのか。
    きっと、チビのことを思う。
    だから、ボクは死んじゃいけないんだと強く思うと同時に、そういう思いを抱きながら亡くなられた方のことを想い胸がメッチャメチャギュゥっとなる。
    3月11日のことを思い出すたび考えるのはそのことばかり。
    かぁちゃんと2人で車に乗っている時も、この瞬間事故で2人とも死んじゃうと・・・、ってコトも考える。
    生きていることの大切さとありがたさを、心より思う。
    だから、毎日楽しく楽しく精一杯、体と頭を動かして生きるのだ。
    まぁ、みんなが元気で楽しく生活できるっていうのは奇跡的なコトだと思ってる。
    永く続くといいな。

    P3113991-Edit.jpg

    キクイタちゃん

    2012.03.10 未分類 Comment:2
    こいつぁ、メッチャすばしっこいで。
    チョコマカチョコマカしとる。
    この時もオイラは、何回いなくなってからシャッターを切ったかわからん。
    でも、それがこの小鳥ちゃんの魅力なんちゃうん、と思う。
    撮るのをあきらめて見ていると、とても魅力ある動きをしとった。
    チョコチョコ、チラッ、ピョ~ン、チラ、パタパタ、チョコ、ピョーン。
    どこ行くねん、もう!(笑)

    P3093970-Edit.jpg

    頭の黄色がかっちょええ。

    チュルルル

    2012.03.09 未分類 Comment:0
    三寒四温。
    寒い日と暖かい日がごちゃまぜのこの頃
    春になりそうでなかなかならない(笑)
    そういう中間的季節は、なんだかチョッピリ魅力的で楽しい時間と素敵な空気が流れてる。
    小鳥達も忙しそうに、でも楽しげに過ごしているように見える。
    フフフ、恋の季節でもあるのかな。
    あぁ、いい季節だなぁー。

    P3093948-Edit-Edit.jpg

    カイの物語ーロクの場合ー

    2012.03.08 カイの物語 Comment:0
    ロクが小学校へあがる時にはもうすでに、家の裏山のことは誰よりも詳しくなっていた。
    ロクが特に好んで足を運んでいた季節は広葉樹が葉っぱを落とした秋から春にかけての時だった。
    その季節は、あたりが暗くなっても家に帰ってこない日がたくさんあった。
    そんな時カイはロクを探しに行き、見つけるとしばらくそこで一緒に過ごした。
    複雑に交差した木々の枝の隙間から見える星を眺めながら、2人はハルのことをよく話した。
    ロクはハルが頻繁にブナの森へ行っていたこと知っていた。
    「かあさんが特に好んでいたのは、今日のように月がほのかに森を照らしそれでいて空にはたくさんの星が見えている時だった。かあさんは葉っぱが月明かりに照らされ幻想的に輝いている季節が好きだったみたいだけど、ぼくは葉っぱを落とした今の季節が好きだった。」
    胎児だったロクが憶えているハルの記憶を聞く事がカイにとっては、この上なくシアワセを感じるひとときになっていた。

    月に照らされた森の中、空を見上げながら父親と息子は、それぞれ尽きることなくハルの事を考えていた。

    P3073910-Edit.jpg

    春だなぁ~

    2012.03.07 未分類 Comment:2
    ホオジロさんが戻ってきて朝きれいな声でさえずっていると、あぁ、春だなぁ~って感じてうれしくなっちゃう。
    いい声で素敵なメロディーを奏でるんだよなぁ。
    早春の風物詩。
    そして朝3時くらいにフクロウが鳴いていたんだって。
    フフフ、賑やかになってきた。

    P3073871-Edit.jpg

    ウリハダカエデ

    2012.03.06 未分類 Comment:0
    昨日は大雪、そして今日、朝は雨、昼からとてもいい天気。
    随分と暖かだった。
    へんな天候。

    そういえば、山は今、お猿達の襲撃にあっとる。
    お猿はヤマグワの樹皮と冬芽が大好きみたい。
    軒並みヤマグワだけが襲われとる。
    このままだと、この山からヤマグワの樹がなくなっちゃうよ。
    ウリハダカエデは全く大丈夫だけどね。
    冬芽、素敵な色をしているねー。

    P1303657-Edit-Edit.jpg

    今日はベートーベンのピアノソナタを第一番から順番に。
    あぁ、ベートーベンはやっぱり天才だ(・・・なんてそんなのボクには分からないけれど)
    いいじゃん、いいじゃん。

    パンの本

    2012.03.05 Comment:0
    パンの本買っちゃった。
    素敵な表紙の本を見るとついつい欲しくなっちゃうんだよねぇ(笑)
    最近パンを全然焼いてないけれど、また楽しくいっぱい焼こう。
    ボクにとってパンを焼ける時っていうのは、自分が幸せでいる時なのだということに最近気が付いた。
    その時は、とてもゆっくりとした時間が流れているんだ。
    ボクは生来怠け者なので日々のんびりと暮せたら、それがなにより最高でシアワセなのだ。
    本読んで、パン焼いて、音楽聞いて、の~んびり(笑)

    P3051386.jpg

    一緒に働いている方が、ヴェートーベンの交響曲第7番がいいと言うのでYouTubeでさがして聞いてみた。
    おっ、第2楽章は有名だよねぇ、良く聞いたことがあるなぁ。
    でもベートーベンはサラッと聞いて、
    今はのんびりしながらヴィヴァルディの四季を聞いておるのだ。
    やっぱりええなぁ~。

    越冬中

    2012.03.04 未分類 Comment:0
    今年も見つけた、クリオオアブラムシの越冬卵。
    遠くから見ると、なんだか得たいの知れない黒い気持ちの悪い塊に見えるけれど近くで見るとピカピカ光っていて案外キレイな物体(笑)
    春になってみんながみんな一斉に卵から孵ると、きっとメッチャ気持ちの悪い光景なのだろうなぁ。
    モゾモゾモゾモゾ(笑)
    フフ、艶があって思いのほかきれい、だよねぇ。

    P2283747-Edit.jpg

    謎のマスクマン

    2012.03.03 未分類 Comment:2
    オイラの必殺技は手刀ドリル。
    相手をフラフラにしてから、胸に向かってこのドリルを繰り出すのさ。
    フフフフ、あとは頭のトンガリで相手の急所を突く。
    これで立っていられる奴はまずいない。
    なんて・・・、悪役を演じているけれどマスクを脱ぐと、じつは、とても気が弱くて人見知りなんだ。
    春にならないとマスクは脱がないけどね。
    それにしても春はいつやってくるんだろう。

    以上、オオカメノキマンの独白なのであった(笑)

    P3013781-Edit.jpg

    今日、ウサギに会った。

    続きを読む

    にぎやか

    2012.03.02 未分類 Comment:2
    朝は小鳥達の声で賑やか。
    カラ達とキツツキとホオジロ。
    森は、やっぱりにぎやかなほうが断然いい。

    P3023786-Edit.jpg

    シジュウカラって美しい鳥さん。
    なんだか、とっても日本的。

    今年の小鳥達はとても用心深い。
    ちょっとでも近づこうものなら、アッという間に遠くへと飛んで行っちゃう。
    フフフ、諦めずについつい追いかけちゃうんだけどね~(笑)

     » »
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。