スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    朝寒く

    2013.01.31 未分類 Comment:0
    朝寒く、昼暖かい。
    そしてチビはインフルエンザ。
    えぇ〜、今年もかいな。
    でも昨年を乗り越えたボクたちには、へっちゃらのヘーちゃんなのであった。
    苦境は人を強くするんだね。
    経験こそが、唯一信頼でき心許せる大切な宝物なのだ。

    PAA1301166.jpg

    スポンサーサイト

    朝の月

    2013.01.30 未分類 Comment:0
    朝に見る月は少し神秘的。
    朝の清々しさを、いい意味でぼやけさせるのだ。
    凛とした清々しさじゃない、とろんとした清々しさをボクに感じさせてくれる。
    そんな朝の月に心が照らされて、今日という一日が始まりました。

    P1301171-Edit-2.jpg

    第二の

    2013.01.29 未分類 Comment:0
    ”何年かに一度、第二のレイモンド・チャンドラーだと騒がれる作家が出てくるけれど彼こそ本物だ”
    と帯に書いてあり、さらに、J・エルロイ、M・コナリー大絶賛とあれば読まない訳にはいかないでしょう。
    しかしボクには、読むのにとても時間がかかった本だった。
    でも最後までちゃんと読んだよ(笑)

    P1292428-Edit.jpg

    2013.01.28 未分類 Comment:0
    山の表情とはかくあるべき。
    春夏秋冬同じ山を見ていると、やはりそこには色々な表情が存在しているのだけれど、冬にこそ”山”本来の姿があるような気がしている。
    自然というものは、厳しく寂しいものである。
    そんな自然の姿を、冬は身近に見ることが出来る、と思う。

    P1281165.jpg

    雨飾山

    2013.01.27 未分類 Comment:0
    いい山なのだ。
    白く冠った雪が、夕暮れのやさしい光を受けてやわらかく輝いていた。
    う〜ん、いい山だ。

    P1271159.jpg

    うさぎの足跡

    2013.01.25 未分類 Comment:0
    うさぎってどこにいるんだろう。
    足跡はいっぱいあるけれど、本体を見ることはほとんど無い。
    きつねの足跡が交差していたりするのを見かけることもあるけれど、そこにドラマ性はないのだろうか。
    うさぎのポンちゃんは、とっぷり日が暮れお腹が減ってきたので隠れていた大きなミズナラの根元から飛び出して食べ物を探しにいきました。
    ピョンピョン、ピョンピョン、軽快に雪の上を駆けていきます。
    時々立ち止まって鼻を上に向けてクンクン、危険な香りはしないかと匂いを嗅いでいます。
    遠くのほうで微かにキツネの匂いがしています。
    その匂いのあるじ、キツネのコウちゃんも少し前からポンちゃんの匂いを捉えていました。
    しかしコウちゃんは根っからのハンターだから、すぐには匂いのほうへは行きません。
    ちゃんと匂いが移動する方向を見定めます。
    ポンちゃんは危険な匂いを気にしながらも、まだまだうんと離れているのでピョンピョンのんびりと移動しています。
    気付かれていることを知っているコウちゃんは、足跡を斜めに横切りながら離れたり近づいたりしながらしたたかに後を付けます。
    さて、ポンちゃんとコウちゃんはこのあと、どうなったのでしょう(笑)

    P1241155-Edit.jpg

    息吹

    2013.01.24 未分類 Comment:0
    生命の息吹のようなものを感じた今日の朝の陽の光、を受けたミズナラの冬芽。
    気持ちのいい朝。
    カラ達が飛び回っていたので、雪の上に座って見ていたらお尻が冷たくなっちゃった。
    雪って冷たいんだよね。
    でも温かい時もあるんだよ。
    フフ、不思議。
    温かい雪はボクを優しくしてくれる。

    P1241144-Edit.jpg

    ちょっぴり

    2013.01.23 未分類 Comment:0
    ガスのかかった静かな森、空気は冷たく輝いて樹々は密やかに囁きあっている。
    そんな中、一人静かに滑っているとコゲラさんが目の前を横切ってすぐ近くの樹に止まってコンコンコン。
    ”おっ、コゲラくん”
    ゆっくり”ス〜”って近づいて行くと”ギィィ〜”と言って、忙しなく飛んで行った。
    静かで神秘的な森の中を滑る喜びと、その時にキツツキと出会う喜び。
    ちょっぴりいい時間だった。

    P1230370.jpg

    滑る快楽にどっぷり身を任せていたので、この写真は以前に撮ったイメージだけど、
    まさにこんな空気だった〜。

    青木湖の色

    2013.01.22 未分類 Comment:0
    この前の朝陽の時、青木湖も纁に染まってた。
    青木湖はいろいろな色に染まる、表情豊かな湖。
    あいかわらず素敵すぎる湖だ。

    P1201131.jpg

    明日は何色だろう

    やばい

    2013.01.20 未分類 Comment:2
    今日の朝、ボクは神の存在を身近に感じた。
    そう、辺りは神々しい光で満たされ、そんな光に包まれていると生きているコトの素晴らしさを感じずにはいられず、あぁ神様ありがとうと思ってしまっていたのだ。
    わぉ、最高だぜ(笑)
    それにしても歳と共に風景が心に沁み入り、僕の心を素敵な感情で満たしてくれるコトがとてもとっても多くなった。
    年を取るということは、やはりとてもいいことなのだ。
    素敵なことなのだ。
    そういうことだったのだな。

    P1201137.jpg

    チクタク

    2013.01.19 未分類 Comment:0
    時は過ぎていく。
    風に揺れて振り子のように揺れていた。
    これはいったいなんだろう。
    さんざしらべたけど、ぜんぜんわからへん。
    悔しいけど、わからへん。
    好奇心は猫をも殺す、ということで・・・(笑)
    でも、好奇心を持てなくなったら寂しいよね。
    フフ、諦めきれずクドクド調べてみるけれど、時間が火星探査機級の速さで過ぎていく。
    そして、いろいろなページがボクに催眠術をかける。
    あぁ、オヤスミナサイ。

    P1243590-Edit.jpg

    パンとパウダー

    2013.01.18 未分類 Comment:0
    写真のパンは前に作ったパン・・・。
    あぁ、美味しそう。
    パン、食べたい。
    なんでだろう、今年の冬はのんびりマッタリした感じで時間が過ぎていない。
    ボクはいつでものんびりマッタリと過ごしたいのに。
    パン、作ってないなぁ〜。
    焼きたてのパンって、ありえないほど美味しいのよね。

    今年は何年かぶりで滑るのがメッチャ楽しい。
    これはやめられない。
    一生滑ることができればいいなぁ、最高にシアワセな人生だ。

    最近気づいたんだ、
    そうか、ボクの人生の歩みというのはそういうことなんだ。

    P1271371.jpg

    あぁ〜ん、パン食べたいなぁ〜〜。

    いいお父さん

    2013.01.16 未分類 Comment:2
    いいお父さん、
    それはボクのことです、ウソ(笑)
    休みの日はチビを連れてスキーに行き、
    ホントはあそこの斜面を滑りたいけれど、「次はどこに行くの?」
    なんて聞きながら、
    チビとスキー三昧。
    そのあと買い物に行ってお家に帰ってきて夜ゴハンの準備。
    今日はねぇ、炊きたてご飯、野菜とキノコたっぷりのお味噌汁、大量のコールスローとト・ン・カ・ツ♡
    チビと滑るスキーはかなり楽しく、ご飯を作るのも好きな音楽を聴きおいしいお酒を飲みながら酔い酔いで作ったりして、楽しいコトだらけなので別にあえていいお父さんというほどのこともないのであった。
    それでもねぇ、パウダー用の板買ってもいいよねぇ。
    ねぇ、かぁちゃん(笑)

    P1162420.jpg

    雪降り

    2013.01.14 未分類 Comment:2
    雪が降ると気力が上がる。
    なぜかすこし、浮かれたような気分になる。
    場所は、とても静かでとても落ち着いているんだけど。

    P3294256-Edit.jpg

    帰り道

    2013.01.13 未分類 Comment:0
    連絡コースに雪だるまさんが。
    だれが作ったのかはわからないけれど、心がメッチャ和んだのだ。
    一日の締めくくりに、こんな素敵な雪だるまさんに出会うとは・・・、最高だ。
    ありがとう。
    ええ仕事場なのだ。

    P1132414-Edit.jpg

    結晶

    2013.01.12 未分類 Comment:2
    ボクは雪の結晶がたまらなく好き。
    なんでなのかはよくはわからんけれど、とにかく好きなのだ。
    ほら、きれいでしょ。

    P2160810.jpg

    寒風

    2013.01.11 未分類 Comment:0
    今年は寒い。
    風がひたすらに冷たく感じる。
    なんでこんなに風が冷たいんだろう。
    きっと風が冷たいからだ。
    そうだ風が冷たいからにちがいない。
    そうだそうだ、風が冷たいんだ。
    僕に吹く風はとても冷たい。
    いやいや、僕に吹く風のほうがもっともっと冷たいよ。
    だって凍った風が顔に当たって痛いもの。
    そんな事言ったら僕だって、氷点下の風が鼻毛を凍らせていくよ。

    でもね、そんな冷たい風が運んでくる柔らかく繊細な雪の結晶が、僕の心を暖かくしてくれるんだ。
    あれ、僕もそうだよ。

    IMG_0181-Edit.jpg

    怪しげ

    2013.01.10 未分類 Comment:2
    このところ、縦虹ばかり見る。
    何かの予兆なのか。
    この時は大量の粉雪がキラキラと舞っていたので余計に終末的雰囲気があたりに満ちていた。
    その終末的幻想さ加減がまたじつに終末論的予言めいたものを僕に感じさせる。
    気象に無知だとこのような神秘主義的思想を心に抱き恐れおののくこととなる。
    なんてコトを考えて仕事を始める。
    なんてコトは無い(笑)
    ただただ、きれいな情景だなぁ〜って思うのみである。
    朝の空ってメッチャいいよね!

    P1102404.jpg

    美しい

    2013.01.09 未分類 Comment:0
    早起きは三文の徳。
    ありがたや。
    夜は眠たいけれど(笑)
    雲海は何度見ても心揺さぶられる。

    P1092396-Edit.jpg

    ブイ〜〜ン

    2013.01.08 未分類 Comment:0
    SKI-DOOのスノーモービルって音がいいんだよね。
    この写真のコイツは単発で音も良くないし力もないけれど、なんだかそそられるのさ。
    よく見るとブレーキレバーの所にリザーブタンクがあって、いっちょまえに油圧ブレーキなんだなぁって思っていると。
    そうなんだよ、僕は最近バイクに乗りたいんだよってコトを思い出した。
    思い出したくらいだから、じつはそんなに乗りたくもないのかもしれないけれど、なかなかそれでかなり乗りたいんだ。
    乗るバイクはそりゃぁFZ750さぁ。
    このバイクしか考えられない。
    またがった時に見えるタンクの形状とかがとてもいい感じ。
    北海道で事故らなかったら今もまだ所有していたかもしれない。
    死ぬまでにもう一度必ずこのバイクに乗って北海道に行くのだ。
    また縁があればいいなぁ、と思う。

    P1082387-Edit.jpg

    ダンス・ダンス・ダンス

    2013.01.07 Comment:0
    思索的で文学的だった。
    やはりとても面白かったよ。
    フフン、この人はとりあえず文学の天才だね。

    P1072382.jpg

    メッチャ至福の時間やった〜。

    いっぷく

    2013.01.06 未分類 Comment:0
    一段落ついた、という感じなので・・・、フフフ。
    ワインとチーズと生ハムを買った。
    ラベルに惹き付けられて買ったスペインのワイン。
    開けたときとてもいい香りがして嬉しくなったのだ。
    ウムム、至福のひとときじゃ。
    ここに焼きたてのバケットがあれば良かったんだけど、それはあまりに欲深いというもの。
    ワイン、チーズ、ハムで最高に幸せだ。
    それにしても、残念なのは生ハム。
    どこかで、美味しいあの本物の生ハムを食べること、買うことが出来ないものだろうか。
    ワイン、美味しかった。うれしい、やったぜ、って感じ(笑)
    あぁ、ワインを飲めるシアワセ。

    P1062367-Edit.jpg

    楽しみ

    2013.01.05 未分類 Comment:0
    仕事の終わりかけ、お家にワインがあると思うと嬉しくなる。
    早く帰って飲みたいなぁ〜、って。
    アルコール依存症?
    依存してるかしてないかでいうと、あきらかに依存しているんだろうな。
    でも依存していてもいいや、美味しいんだから。
    他にも僕は、カフェインにも依存している、と思う。
    だってコーヒー、といってもインスタントコーヒーだけど、おそろしくいっぱい飲むし。
    体に良くないのかな、でも体が欲するんだからいいか。
    フフ、あぁ美味しい。

    P3060915.jpg

    ある時間

    2013.01.04 未分類 Comment:2
    仕事の終わりかけ、上に登ると、一日の疲れが(といってもたいして疲れてないんだけど(笑))一瞬で消滅する。
    そうそう、これこれ、この光景。
    景色は気持ちを高揚させ心地いい気分にしてくれるんだなぁ。
    風景像が、まるで毛細管現象のように心の中に侵入し隅々まで隈無く満たす。
    素晴らしい風景は幸せな気持ちへと昇華する。
    ステキな変化。
    そのとき空気の分子も、とても美味しく、とてもいい香りに変化してるんだ。

    P1042362-Edit.jpg

    巳年

    2013.01.03 未分類 Comment:0
    サイケでオリジナリティあふれるヘビを描くじゃないか。
    ひょっとして、天才か?(笑)

    名称未設定-1

    雪のコト

    2013.01.02 未分類 Comment:8
    ひとえに雪といってもじつにいろいろな雪がある。
    だから雪って面白い。
    降り方にもいろいろある。
    寂しい雪や賑やかな雪、明るい雪や暗い雪、かわいい雪や生意気な雪、フフフ。
    それにしても、雪って不思議な存在。

    P1022352-Edit.jpg

    元日

    2013.01.01 未分類 Comment:0
    一年の計は元旦にあり。
    今年も朝考えてみたけれど、計画や準備なんて立てられるわけもなく・・・。
    やはり僕自身と僕の知っている人達みんなが健康で過ごせれば、それがいい。
    楽しくね。

    P1012338.jpg

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。