スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    朝露

    2013.05.31 未分類 Comment:0
    ちょっと肌寒く薄着で歩いていると鼻水が垂れてくる時がある、今日はそんな朝だった。
    ヤブカンゾウの葉っぱが水玉を付けてキラキラと輝いていた。
    そんなキラキラを見ていると少しばかりシアワセな気分になった。
    水って球体になるんだよね。
    というコトは鼻水も球体になるんだよね。
    フフ、おもしろい。

    P5317837-Edit.jpg

    スポンサーサイト

    梅雨入り

    2013.05.30 未分類 Comment:2
    雨の降るしっとりとした静かな朝。
    いつの間にか梅雨になっていた。
    雨は樹々の緑をとても鮮やかにキラキラと輝やかせ、強烈な生命感をボクに感じさせてくれる。
    そんな時の森は、色彩濃く奥行き深く精細感がとても高い。
    森の中にいるという臨場感は抜群。
    実際に森の中にいるのだから臨場感という表現はおかしいのだけど、雨降りの森は臨場感という表現がぴったりの少し浮いたような非現実的な高精細な情景が広がっている。

    P5307774-Edit.jpg

    モズの季節

    2013.05.29 未分類 Comment:0
    今日はお休みで、しかも田んぼも畑もなんもやらずひたすらのんびり過ごした〜、なまけた〜。
    ありがたや、ありがたや(笑)
    根が怠け者だから、こんな時はトコトンのんびりしてしまう。
    本を読んじゃウトウト、また読んじゃウトウト。
    極楽だ。

    P5297747-Edit.jpg

    ぎゃ〜ぎゃ〜

    2013.05.28 未分類 Comment:0
    なぜかしら、カケスさんとよく出くわす今日この頃。
    少し前、カケスくんが何かを咥えてこちらの方へ飛んできた。
    そのあと小鳥がピィーピィー、とても必死な感じでそのカケスくんを追いかけてきた。
    ウムム、ひょっとしてカケスくん、雛を襲ったのだろうか。
    お前さんは肉も食べるのかねぇ。
    自然の中の自然な流れを見たわけなのだけど、ボクは、あぁなんて可哀想なことを・・・と思っていた。
    生きるっていうことはホント大変なことだ。
    そんなカケスくんもよく猛禽に襲われているしね。
    そして猛禽も猛禽に襲われるし、襲った猛禽も森が無くなって繁殖できなくて子孫を残せないってこともあるみたいだし。
    でもまぁ、みんなそうやって生きていくわけだ。

    P5257690-.jpg

    ワインのある生活

    2013.05.27 未分類 Comment:0
    ワインはいい。
    ワインが家にあるとじつにいい。
    ワインの何がいいかって?
    さて、何がいいのだろう。
    気持ちよく酔っぱらえるからかな。
    たしかに、いつも気持ちよく酔っぱらうぞよ(笑)
    やはり、ワインの背景にあるヨーロッパの重厚な歴史を感じるからかな。
    といっても、ヨーロッパのことなんてほとんど知らないんだから、ただ単にイメージとしてそう思っているだけなのだろうけど。
    しかし、ヨーロッパの文化に対する憧れめいたものはもっているのかもしれないな。
    それにしてもだよ、あのモンテローザのスキー場の麓にある肉屋さんの生ハム、また食べたいなぁ〜。

    P5257625-Edit-2.jpg

    緑眩しく

    2013.05.26 未分類 Comment:0
    今、森の中はほんとうに気持ちがいい。
    葉っぱを通してやってくる太陽の光ってなんであんなに素敵なんだろう。
    あと、その太陽の光を受け止める下草の柔らかい反射。
    あ〜こりゃ、えらいこっちゃ。
    メッチャ、きもちええやん。

    P5267698-Edit.jpg

    小鳥とお蕎麦

    2013.05.25 未分類 Comment:0
    鳥さんの写真を撮るのはなかなか思うようにはいかず、お蕎麦を打つのも思うようにはいかない。
    でも、
    鳥さんの写真を撮るのはとても楽しく、お蕎麦を打つのもメッチャ楽しい。

    P5207293-Edit.jpg

    おっとっと

    2013.05.24 未分類 Comment:0
    緑が眩しく気持ちがいいね〜。
    いい季節だな、こりゃ。
    気持ち良すぎるぜ。

    P5156921-.jpg

    チュルリチュルリ

    2013.05.23 未分類 Comment:0
    頭の上、空のどこかで鳴いているけれど声の主は一体どこにいるんだろう?
    見上げて探してみてもいつもなかなか見つからない。
    春の喜びを感じ伝えようとしているかのような鳴き声。
    ここは、春のきらめきと躍動に満ちているぞ。
    あぁ、いい気持ち。

    あっ、こんな所にいた。

    P5237561-E.jpg

    うららかなる日

    2013.05.22 未分類 Comment:2
    自分ちの田植えをしたのだ。
    ムフフ、今年から4条植えの田植機導入。
    田植機はビール1ケースで譲ってもらったりして・・・。
    最高に調子のいいマシンだった。それなのにビール1ケースで良かったのだろうか。
    ありがたすぎて涙が出そう。感謝してもしきれない。
    そして更に稲の苗20箱もビール1ケースだったのだ。
    この苗、メッチャ立派ないい苗だった。そんな苗20箱ビール1ケースで良かったのだろうか。
    これまた感謝してもしきれない、とってもうれしい。
    ボクはいい人達に囲まれて生活させてもらってる。
    ありがたい、ホントありがたい。

    P5096594-E.jpg

    ぎゅっ、ゲェッ

    2013.05.21 未分類 Comment:0
    今年もいつもの森にやって来た。
    うれしいよ。
    とても小さな鳥さんだけど羽を広げてパタパタやっていると案外大きいのだということに、今年初めて気が付いた。
    ♂と♀は一緒にやってくるんだねぇ、きっと。
    2羽でヒラヒラヒラヒラ飛んどった。
    ホイホイホイと鳴く声を聞いていると、ちょっぴりシアワセな気分になる、フフフ。

    P5217457.jpg

    ほらね

    2013.05.20 未分類 Comment:2
    この鳥さんはやっぱり気持ちのいい所にいるんだよ。
    だからね、
    鳥さんの写真を撮るのはやめられないんだ。
    気持ちのいい場所で、心が透明になるさえずりを聞いて心地いいシャッターの感触を味わう。
    フフフフフ、最高ダニャァ。

    P5207266.jpg

    樹木のあるところ

    2013.05.19 未分類 Comment:2
    樹木のあるところで過ごすというコト。
    気持ちがいいねぇ〜。
    根源的な意味合いにおいて、ボクたちは森の住人であるのだ。
    森のちょっと暗い場所に佇み明るく樹々の葉っぱが輝いている場所を見ていると、ボクは妙に落ち着いた気持ちになるのだ。
    それは別に自然の中じゃなくてもいいんだ。
    建物の中の薄暗い場所から、太陽の光を受けてキラキラ輝く街路樹を見ていてもそういう気持ちになる。
    そういうことなんだよなぁ。

    PA5156907.jpg

    2013.05.18 未分類 Comment:0
    んっ、クロツグミ。
    気持ちのいい日、自然の中を散歩しているとちょくちょく出会う。
    写真をパチリと撮ってムフフと思う。
    コヤツは、なぜかいつも気持ちのいい場所にいるんだよなぁ。

    P5076203-Edit.jpg

    うららか

    2013.05.17 未分類 Comment:0
    今の季節、自然の中にいるのはとてもトッテモ気持ちが良いものなのだ。
    時間なんてアッという間に過ぎていってしまう。
    鳥さん達は縄張り争いがボチボチ終わって、巣作りを始めた感じ。
    お前さんはここじゃない所で営巣するんだよね。
    でもこのあと、クロツグミさんに追われてたな(笑)

    P5146808-Edit.jpg

    かっこいい〜

    2013.05.16 未分類 Comment:6
    とても粋でかっこいい鳥。
    会うとメッチャ嬉しい鳥。
    時に鷹みたいに見える鳥。
    ジュウイチって鳴くんだよね。

    P5157160t.jpg

    葉陰のやすらぎ

    2013.05.15 未分類 Comment:2
    日に日に緑が濃くなってゆき、その緑を見ているとやはり静かに落ち着いた気持ちになるのだけど、心の中はそよ風が湖面を撫で進む時にできる細波のごとくごく僅かな起伏が芽生えたりもしている。
    樹々の緑は、いい意味でボクの心を動揺させる。
    そういえば子供の頃、一番好きな色はなんですか?と聞かれると”みどり”と答えていたなぁ。

    P5146799-Edit.jpg

    季節と共に

    2013.05.14 未分類 Comment:0
    移ろう季節にあわせ鳥達は順番に、それもかなりの正確さをもってやってくる。
    巡り来る季節を鳥達で知るというのはとても素敵なコト。
    やって来たね〜、今年は寒い日が多いけれどだいたい同じ時期に来たんだね。
    それにしてもお主、小鳥に嫌われとるな〜。
    托卵なんかするからだよ(笑)

    P51468772.jpg

    声量

    2013.05.13 未分類 Comment:0
    どこまでも透明で美しい声が森の中に響く。
    あぁ、ウグイスだ。
    どこにいるのかな、って目を凝らして探すけれどなかなかわからない。
    でも何処に居たっていい。
    声を聞いているだけで、春を感じシアワセな気持ちになるのだから。
    いい声で鳴いている。

    P5136675.jpg

    新刊本

    2013.05.12 未分類 Comment:0
    ようやく読み終えたよ、多崎つくるくん。
    拍子抜けするほど、正当で真っ当な小説だった。
    つくるくんの感じる切ない思いにぼくも切なくなっちゃった。
    いいお話だった。

    P5126655-Edit.jpg

    静かな雨の夕暮れ

    2013.05.11 未分類 Comment:0
    あぁ、なんということだろう。
    雨のオオルリ、最高に美しいじゃないか。
    ボクは今まで晴れた日のあの瑠璃色に輝く姿が一番美しいと思っていたけれど、それはどうやら間違いだったようだ。
    静かな雨は、色々なものをしっとり柔らかく、優しいエッジにする。
    心情的にも、落ち着きゆったりしている印象がある。
    そんな情景で、オオルリの瑠璃色の最高に美しい発色をボクに見せてくれた。
    雨の日にまたオオルリさんに会いたいな。

    P5116632.jpg

    森とオオルリ

    2013.05.10 未分類 Comment:0
    森の中でオオルリの青に出会うと、そりゃもう嬉しくなっちゃうのである。
    明るい森、暗い森、その時々で色々な色調で目に映る青。
    その青は、見飽きること無くボクを恍惚とした状態へと導く。

    森で見るオオルリがなんだかとてもいいのだ。

    P5086355-Edit-2.jpg

    不可思議小鳥

    2013.05.09 未分類 Comment:4
    とても心地いいおひさまの光が降りそそぐなか小鳥をのんびりと眺めていると、あれっ、見たことのない小鳥がいるよ。
    眉が白くて喉がレモン色。
    あなたは誰でしょう。
    こんな、チョッピリ変わり種の小鳥さんをみるとなぜだか嬉しくなっちゃう。
    オーストラリア辺りから飛んできた迷鳥じゃないのだとすると、遺伝突然変異的小鳥なのだろう、と勝手に推測してみたりしている。
    たぶん、キビタキさんだろうと思うのだけど。
    か、ヤヤヤ、コサメビタキとキビタキが交配したのかも、フフフ、まさかね〜。
    色々好き勝手に背景を想像するのはとても楽しいものなのだ。

    P5076262-Edit.jpg

    もう少しよく分かる写真、

    続きを読む

    読書

    2013.05.08 未分類 Comment:0
    クロツグミがさえずり始め、
    そのあまりに美しい声を聞きそよ風が揺らす樹々の木漏れ日の下、のんびり読書を楽しむシアワセ。
    なぜかいっこうに読み終えられない村上春樹の本。

    クロツグミ、素敵な鳥だ。

    P5045701-Edit.jpg

    気持ちいい陽射し

    2013.05.07 未分類 Comment:2
    木漏れ日が気持ちいい季節になってきた。
    木陰で何をするでもなく静かに座っていると色々な鳥達がやって来て、耳に心地いいさえずりを聞かせてくれる。
    ゆっくりとした、とても素敵な時間が流れていた。

    P50761773.jpg

    ときに、青い鳥

    2013.05.05 未分類 Comment:0
    青い鳥がバタバタとたくさんやって来て、そして去っていった。
    こりゃぁねぇ、まぁメチャメチャ美しい鳥さんなのだ。
    自然っつうものは凄いんだよなぁ、こんな小鳥が生活してんだから。
    いやはやそれにしても、うつくしい。

    P5045728.jpg

    朝の空気

    2013.05.04 未分類 Comment:0
    朝の空気はキラキラ輝いてる。
    そんな輝いた空気の中に毎朝いるのだから、ボクの心もキラキラ輝いてくればいいのになぁ。
    ピカピカ、キラキラの心ってどんな感じだろう。
    気持ちいいんだろうか。
    きっと、気持ちいいのだろうな。

    P4234430_1-Edit.jpg

    小鳥と朝の光

    2013.05.03 未分類 Comment:0
    小鳥と朝の光、そしてボクの心の中にあるきらめき。
    みんなキラキラ光ってて、生命力に満ちている。
    春に漂うフワフワの空気が魔法をかけているんだよね。
    だって、ホントにみんなキラキラしてるもん。

    P503537t.jpg

    夕暮れ

    2013.05.02 未分類 Comment:0
    今日の鳥見はとてもとても楽しかった。
    こんな時の写真は、乾いた感じじゃなくって潤いのあるしっとりとした味わい深いものになる。
    そんな時に見るオオルリは、なんともいえずいいのである。

    P5025367-Edit.jpg

    朝の輝き

    2013.05.01 未分類 Comment:0
    春の朝の光というものは、とてもいい光り方をしている。
    芽吹いたばかりの新緑がその光の効果を増幅しているのだろう。
    柔らかいようで柔らかくない、眩しいようで眩しくない、エッジがシャープなようでそんなにシャープじゃない、
    そんな感じ(笑)
    春の朝陽に包まれていると、あぁシアワセ。

    P5015180-Edit.jpg

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。