スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    樹形

    2014.02.25 未分類 Comment:0
    カラマツとスギが混在する林。
    長野県にはとても多い。
    それはそれで自然の一形態。
    なかなか趣き深い情景、シルエット。
    雪が輪郭を丸く柔らかくしている。
    うーん、好きなんだなぁ〜この感じ。
    心が和む。

    P2255653.jpg

    スポンサーサイト

    斜光

    2014.02.24 未分類 Comment:0
    朝の、その斜めから差し込む光りを受けて雪がキラキラと輝いている。
    うむむ、美しいキラメキだ。
    この時間はいい、じつにいい。
    気持ちがいいー。

    P2235594.jpg

    これ

    2014.02.23 未分類 Comment:0
    これ、イワガラミやな。
    アジサイ科の植物は枯れても美しい。
    朝、こういうええ光景を見つけたら、ノホホンのんびりとした気分になる。

    忙しく日々を過ごせるのはシアワセなこと。
    こういう光景を見て、
    心が少し温かくなるんだから。
    そして同時に、すこし立ち止まることも教えてくれる。

    P2235617.jpg

    気嵐

    2014.02.22 未分類 Comment:0
    なんとも妖艶な感じがする。
    のはボクだけなのかもしれないけど、
    気嵐立つ青木湖は、とても妖しく輝いている。
    素敵なのだ。

    P2225586.jpg

    脂身

    2014.02.21 Comment:0
    ゲゲゲゲー。
    メッチャ美味しい。
    鹿肉はおいしい。
    ありがたくいただくのだ。
    食べたことのない人は食べた方がいい。

    P2215585.jpg

    あさ

    2014.02.20 未分類 Comment:0
    -7℃の少し寒い朝。
    カケスが、まわり気にせず食事をしていた。
    カケスは普段、とても用心深い。
    でも時々、全く用心深くない時がある。
    そんなおトボケ具合がカケスの個性。
    なかなか愛嬌があり、可愛く感じる。
    可愛いじゃないか、と思ってホノボノ見ているとガァーガァーグェェーととても下品に鳴いたりしてすっかり興醒めしてしまったりする。
    ふふふ、なかなか憎めないヤツだ。

    P2205566.jpg

    ニホンジカのお肉

    2014.02.18 Comment:2
    薫製を頂いた。
    すごく美味しい。
    うれしい。
    だから、以前からずっと気になっていたフクロウラベルのラ・キュベ・ミティークをお伴に。
    あぁ、こりゃシアワセだ。
    うまい、ウマイ。
    お肉もワインも最高だ。

    P2185541-3.jpg

    きらきら

    2014.02.11 未分類 Comment:0
    粉雪がキラキラと大気に浮かんでた。
    きれいだ。
    あぁ、みずみずしい美しさを感じる。

    P2115504.jpg

    さて、

    2014.02.07 未分類 Comment:0
    寝よう。

    P2075439.jpg

    トバリ

    2014.02.05 未分類 Comment:0
    夜の帳が下りる少し前、
    静かなひととき。
    うむむ、今年は雪が少ないね。
    こんなに少ないのはボクがこちらに来てから初めてだ。
    降雪が少ないと、夏、若干水不足になるんだよね。
    と、感覚的に思っているけれど実際はどうなんだろう。
    今年、検証してみよう。

    P2045410.jpg

    湖の色

    2014.02.03 未分類 Comment:0
    写真は色彩、如何に記憶にある色で表現するかだ。
    純粋で持続する記憶力が必要なんだ。
    そして、主観に依存する記憶力だからね、色彩に対するセンスがものをいうんだよな。
    心が、豊かな色を見せてくれる。
    だから、写真は撮る人の心、人生を写すんだよね。

    P2015342.jpg

    *MAIPO*

    2014.02.02 Comment:0
    このワイン、美味しいー。
    あぁ、幸せだ。
    じつにシアワセなのだ。

    P2025404.jpg

    ラベルも最高にいいー!

    2014.02.01 未分類 Comment:0
    峰々の霞がボクの心にもたらす影響。
    「あぁ、ボクはいつの間にか歳をとってしまった。霞の如くボクというものの存在は希薄になりとても不安定になっている。それがいいのか悪いのかはわからないけれど、いいということはないだろうけどそんなに悪いということもないのだろうと思う。それが人生というものさ。」
    淡い風景がボクの心に沁み入る。

    P2015340.jpg

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。