スポンサーサイト

    --.--.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    秋の七草その2 クズ、葛

    2008.08.06 京友禅 Trackback:0Comment:0

    葛にもちゃんと花が咲きます。
    草刈りをしていると、草刈機にこの葛のツルが絡まってきて刈るのがたいへんになります。
    今年は葛の勢いがとてもいいです。友禅話の続きです。
    糊糸目の次の行程は置いた糊を生地にしみ込ます(なじませる)、”地入れ”と言う仕事で、ここでは布海苔と大豆をしぼった豆汁(ごじる)で作った地入れ液を生地の裏から均一に塗る作業をします。
    目的は、柄に色を塗る彩色という次の行程の時に、塗った色が糸目から染み出さないようにするためです。塗った色のムラを防ぐという効果もあります。
    ただ地入れ液を塗るだけの地味な仕事という感じなのですが、布海苔液や豆汁の濃さを気温や湿度などによって調整した上に、液を塗った生地の乾く時間も調整しなくてはなりません。経験がとても必要な仕事なのです。
    これで生地が乾けばいよいよ彩色をしてくれる職人さんの所へ持って行って柄に色を付けてもらいます。
    さぁ、まだまだいろいろな職人さんの所へ行きますよ。

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック URL
    http://robakun39.blog114.fc2.com/tb.php/61-78521a6f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。